スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

170723.7:36am

何かの誕生であるのと同時に,心は言葉にならぬ叫びを, つまりは,地球の酵素的生活を繰り返す感性には,響く。 地球粒子のすべてを吸い込んで愉しんでいたい,と余裕の ある時などは,ただ冷静に温和な表情をもて答えている。 この季節を超えたら,どんな落葉広葉樹の姿は待っている? 170723.7:36。十年も近く以前,まどろみの中で,あの時は 確実に脳障害を罹ってわずらってはいたであろうあの時の, まどろみの中のメッセージを,170723.7:36。この時になって, ようやく気付く,『境域の守護者』やらの,ドニー・ダーコの 兎の神のようなシアターで,”あなたは,この時,逝く”ような。
あの,メッセージを僕はドニー・ダーコの兎の神のようなシアターで, 『いや,いや。生き返ればいいんでしょう。』とっても明るく返した。 そうして,170723.7:36am。岸田繁氏のシンフォニー第一番初演を NotePCで聴きながら,この源動的生命力は,いつも取り得で,これだけの 楽観性は,”ピザを食べて,にーッ”と嗤う僕の遊興性,愉しみに歌う。 灌漑=感慨に似て,ダムの放水現象のような,あの自然に虹もほほえむ。 何かが終わって何かの始まる。よく聴くこの言説,僕にもようやく降って来た。 よかった,ちょっと午睡でもして,一度からっぽに放心したい。飴=雨は, また降ってくるだろう。
こんな映画評論の世界を移したような語り口調には何とも得体の知れぬ変な 感じを受け取られるかもしれない。 けれども,ドニー・ダーコは,飛行機のジェットの墜落した自家のシーンから 始まり,最後の時のさかのぼりまで。僕は,さかのぼって,逝くより,返った。 この,黄泉返りのダブル・ミーニングに掛け合えては,放心しよう,からっぽに なるまで。夕立の時までには,心の様子も落ち着いているだろう。 何とゆうデジャ・ビュ既視感=夢の語り癖,戻っては遣って来て,落ち着いては また戻ってゆく,フロランタンを,ピーナツ・クリームとラテで頂くような。 170723.7:36。まだまだ,何だか落ち着かない。かと言って理由もわからない。 既視感より言えるとして,それは逝ってしまうより,生き返った黄泉がえり。
最近の投稿

”常識=定式”とは。

地球全体を認識するのには,人間の脳髄身体ひとっつでは, あまりに,重すぎる。だから,酵素的生活で”世界を分解して,” のちのちのデジタル定式に向けて,準備しているのだ,その重み。
その重み自体に,対応できる,”常識=定式”の,また”不定=一定” の,結びつく所に向けては,駆けて行く,定式とは脳の軽さ。
空調の中でこそ,熱中症の危険を感じることはある,電磁線の極み 際立って,熱さを感じる空調の中でこそ,そうゆう風にして,脳の 地球の,全酵素的世界の中で,重さを体感する一致するのは不一致。
熱源の元?何だろう,そんな危険思想を以て,対峙する,軒下の雨の 詰まり出口を必要としている,お風呂がまに溜った水風呂の後の, あの灌漑を必要とする,水風呂の感慨深き浄化作用のクリーニング後。
彼は,暑さを回避して軽くなった,軽くなった後の”酵素的生活”は, そんなにも,回避して居なくなった者に対しては,想像も付かない, 何らかの否定形を,否定形でありながら,存在の呵責を物ともしない,
あの回避して居なくなった者には,想像も付かない,骨壺の重み。あの 壺中天,とゆう僕は今,骨壺の中で,すでに既存のデジタル・ドリームを, 夢みているのだ。彼は,風葬に如かず,カーテン・コールの舞台裏で, このすでに既存のデジタル・ドリームを,夢みているのだ。夢から醒める?
そんな可能性は持っていない。世界の原理?そんなものには興味はない。 埋まっている壺の中には僕がいる,ただそれだけの,この清浄さにも。 あるいは,恬淡と不可思議さにも身を委ねられない。こんな不屈な作用,
幸不幸の定義でもない,あれは多分,身を失ってゆくデジタルイズムの,だから 幸せは,不幸の裏より遣って来る,もうすこし,身を翻して,やってごらん? この一本綱渡りはチーズケーキを食べながら遣ってゆくもの,壺の裡より,
自分を眺める,この僕は”離見の見”?大正琴?あの音色の発信元の,尋ねる, 夢のうちより遣って来た,世界は変わるのならば,そんな世界=僕の在り方は, きっと,軽くなる宇宙の軽くなる,そんな姿の溶融点の相似点。有り様に,
イチョウの葉の黄色を,樹の倒れる音になぞらえて,もうすぐ,勝手の気ままに 僕の心柱の倒れるのだ。

意識の透徹した人。

意識の透徹した人のいるとすれば,芥川氏だ。また, アマテラスさんのそうゆう,瑞穂の稲の香りにも似て, もみ殻は三島文学,玄米にしたって太宰の犠牲。また, 胚芽の発芽すれば芥川氏のようで,精白すれば漱石山人,
未来志向に,清酒に傾ければ『ロダンの言葉』読む,その ”パンタグリュエルとガルガンチュア”のF・ラブレー。また, R.シュタイナーの読者としては, ロダン,ジヨット,ラブレー, スウェーデンボリ,ウェルキンゲトリクスのアーサーキングは, 月の精に寄りかかって,泉に腰を掛けている天使ミカエルのようで, 文学者の五段階を通り抜けて自分の書物の渉猟文化はどこに辿り着くか,
芥川氏の, EDUCATIONAL ASSIST(教育支援)=CLOUD PRINTING(画像通貨)の ALL GROUNDING RECORDING(全時代的洞察)に加えれば,個性を, その教育支援に対して,個性を発達させたいものとして,第四,第五の 三島文学や,パンタグリュエルのF・ラブレーに至る道程みちすがらの, 熱いブラック・コーヒーを淹れて呑んでいればそれで良いのかと,それは, フェア・トレードの謂れを考慮した全時代的洞察のあの視点を忘れずに。 全時代的とは全酵素的生活とも言えるのだ。そんな余裕のある時つぶやく。 ひたすら,写真を撮ってupしていれば,画像通貨は産まれるのかとは。いえ, やはり,楽しんでいるのが浮世絵通貨の刷る処の所以,よりどころとなる。 アストラル・トラベル。言われて,昨今。夢の嬉しさの一つ所,犠牲よりも 羽ばたけば,一様に意識の透徹した人。
ただし,執拗に,書物の渉猟を続ける,このしたすら感,会話の中に産まれ, さあ,話しを吹っかけてみよう,み続けるところから,聴きはじめる心。まだ 杉の樹の葉は落ちない,季節はいつごろかと問われればわからない,けれども, まだ落ちない,ミカエル大天使の言っていた,言っていたのかは定かでない, ”あの未来志向の,オーガニクス・ナチュラリティは,ヒステリーと人間性の一致。” 『情念を,花に換えては如何だろう,そうすれば,床の間も玄関先も綺麗になる,』 漱石山人の遺志を継いでは,芥川氏。
結局のところ,水風呂に浸る今の河童は僕。 どどーん,とひらめいた時,書物の渉猟文化は終わるのだ。だから,その轟きを待って いつも,本棚をさぐっている。むろん,心の視点を連ねる書棚の探訪。
もうすこし,
情念のあった方がい…

情と熱と天性栽培。

HystericsとHumanityは同一のもので, TemperatureとHumidityが,水で一致しているように, ヒステリーは,人間性と,”命の源動力”とゆうもので, 一致している。人間には,大地(水)のうちにあって, 熱=気温+湿度の境界線は厳密に引くことは出来ないのだから 「大地の”器”に漱石山人を貰い,三島文学の油粕を肥しにして,  芥川氏の水分を頂いて,太宰の種を淹れる。  この,世界エーテルの育て方に,秘密の鍵を世界エーテル。  一度しか水やりをせず,一度きりの肥しに添えて,一粒の種。  幸せの大地に”天性栽培”の,芽は噴いた。なので,どうしても  遊興に,町屋意識よりの創造を目指して,定式=常識。天女の  また,天馬のたてがみ,揺らしては世界エーテルを振り廻し。」 もうすぐ,夜明けだな。町屋意識まで辿り着けば,あとは”記憶”を 紐解くだけの挨拶回り。
”天性栽培”の叶って芽の噴いたのならば,それはイコールの,以て 世界エーテルとゆう境域をほどいて超えてしまえば,”記憶”の紐解き, 一膳に,自己クリーニングとゆう世界の紐解きに他ならない作業の, 宇宙大に拡がったマクロより,”記憶”像の挨拶回りとゆうミクロ性へ, 移転しては,移行して,移染される,身体の記憶。腺組織とはそうして, 熱中症などと深い関わりのある作用を持っているが,そうしてまた。あの, 腺組織の解除を成功して,試みにそんな事を言っている市井のESSAYは, あのお,腺組織の解除とは?と言われて,いやあ冷房の効いた部屋を, 氷枕をして,水のお風呂に入って,もう万全とゆう奴ですね。など, 口を揃えて,あれは冷やす目的の,ひやかしにすぎない。 なんて,そう言って。帰ってゆくのだ,月の国。そうですね。あのお, の次は必ず,疑問符だとおもっていたのだけれどもそれはそうとしても。 世界エーテルの解除,って言ってもよいのだった。それは,腺組織の, とゆう世界エーテルの解除。空調の自分の部屋に戻って,”記憶”の挨拶回り。 もう,口々に”よろしく。”と言って,回るので,良い加減に,世界の紐解き。
「遊興に,町屋意識よりの創造を目指して,定式=常識。天女の  また,天馬のたてがみ,揺らしては世界エーテルを振り廻し。」
俗っぽく言うつもりはないのだけれど,”記憶”の紐解きは,そんなに関心を 惹くなどと,…

熱する=時間扇。

熱するとゆうのは,果物が完熟に向かう,ボイルする 沸騰する湯沸かしに,時間は十倍速に進む。そうして, アンチエイジングとは,抗酸化とゆうの解る気のする。 だから,夏は,時間の進むのが全時間的に環境的に, ずっと早く廻っているのだ。何故?なぜ全時間的に, 環境は時計の針を早く進める,必然の速度増す。この, 夏の時間の速さに,もうどうしても驚愕を隠せない。その 時間全体の,地球全体の酸化=老化している。この感慨,
もう早くも,朝ごはんに白菜の漬物と白米。昼ごはんに, 茄子の塩漬けと白米ごはん。繰り返しては,あいだに夢想の アイス・オーレを氷カラ・カラ。たまには動物性蛋白も。 なんて感じながら,オーレに優柔不断のミルクを加えて。 せっせ,せっせ。どうしても,働きたい余裕のある時に。
その余裕のある感情は,あと一息。自分のクリーニングの 佳境なのだ。佳境。良い言葉は,時間の速度を早めるから, もうすぐ,15時のおやつの時には変わらずアイス・オーレと 氷カラ・カラ。鳴らしている自分を想っては,筆を速める。 スラスラ・スーラ。点描画は,スラスラ・スーラ。なんて,
この夏の時間速度に焦点を当てて。果ては,自らの胃腸は, 腸活の極致にあって,7年に一度の細胞入れ替えはこの速度の 中で、始まる。終わる,空調の管理は必須で,その下でも, 容易に氷は解ける,溶ける。熔けてゆく氷の見て実感。 やっぱり,氷みずならぬ,冷泉浴のうちに停まって,体も
熔けてゆく。暑さはごちそう。時間の進みはごちそう。そんな この夏の時間速度に焦点を当てて。スラスラ・スーラ。点描画は, スラスラ・スーラ。『地球会議』なるものに出掛けて,すぐに, 門前払いされるのは時間の進みは早いけれど,創作には遅い,
体の熔けない,アイス・オーレを氷カラ・カラ。繰り返しては, あいだに夢想の,繰り返してる自分のクリーニングの佳境。この 僕自身は身体を冷やして,冷泉浴でも,この夏の過ごし方でも 酸化や,熱する=時間扇にあらがって,まだ果実は堅いのですよ,
そうして,抗酸化を謳っては,
”ボイルする世の中を”
逆廻り時間扇の,左回し珈琲を淹れて,あらがっているのですよ。
茜色の空には もうすぐ,もうすこしのひとさじお砂糖を許して差し上げます。