スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

それでも美しさでゆく。

事実=歴史物語=現実は,岩の塊だから,
塊のままゆけば未来は生きられるのでは?
なんて,
『それでも美しさでゆく。
 理想=意外性とゆう美しさ。』で,
理想主義や,混じり気ない純度の
『予言するより,諦めて予知を。
 ただ,純粋な果てしなさを
 求めて。』

ただ,ところどころ岩の塊である,事実=歴史物語=現実は,
例え,椎の実の根元に転がる,あの大地は,うっそうと湿った
土埃の匂いをさせて,中心のない,生命を諦めた,むしろ本当の
生命を,香らせている。だから,美しさはここで,椎の根元にある,
ドングリ・ソフトクリームの原料になる実の上で,理想vs.現実の”土”は
一緒に同化してゆくので,お蕎麦をすする,薬膳の世界には,美味い具合に
未来を生きさせてくれる何かのある。

創作点,とゆうのはサプリのように何かを摂らないと続かない。って,
シンプルに考えたりする。薬膳の嗜好を繰り返しながら,サプリのように
何かを摂らないと続かない。って,考えながら,ドングリの実を擦潰して
手の平からその酵素を頂いたりする。そんな,夢を見る。ただし以て,皆が
薬膳の嗜好を必要としている訳でない。はっ,と気付いて,僕は妖精?など,
酵素質が必要なひとの体質に対して,想像をめぐらす,と。妖精は美化までも,
酵素を摂る必要のある人間,この姿を”岩の塊”とゆう,事実=歴史物語=現実に
擦りよせて近づけ,何でも美化する必要のあるのは,自ら”岩の塊”だったのだ。
隣の芝は,また隣の椎の木は。美しく,木になりたい,ドングリ・ソフトクリームを
食べたい。隣の芝は良く見える。

事実=歴史物語=現実は,岩の塊だから,
塊のままゆけば未来は生きられるのでは?
なんて,
『それでも美しさでゆく。
 理想=意外性とゆう美しさ。』で,
理想主義や,混じり気ない純度の
『予言するより,諦めて予知を。
 ただ,純粋な果てしなさを
 求めて。』

それは『理想=意外性とゆう美しさ。』

最近の投稿

思い位しかしながら。

想いのあるたけあるのが良い。重い位しかしながら。
流動的でフラペチーノのようで,さらさらと吹かれ,
考え深さはいずれ,風に吹かれて世間に同化し
想いのあるたけあるのが良い。重い位しかしながら。
砂の鳴き浜とゆうのはあるけれど,あのぐりぐりずるずる,
砂の鳴く時の動き始めた,風に吹かれて世間に同化し
考え深さはいずれ,想いの重さに,その優しさに気付くから
システムは思考すると,胸腺の世間ヒステリクスを破滅してから
脳内の原始脳へ参入し,いずれ,風に吹かれて世間に同化し
流動的でフラペチーノのようで,さらさらと吹かれ,
想いのあるたけあるのが良い。重い位しかしながら。

平和は,とどのつまるところ,思考も消滅して,それから,
感情も控えめがちになり,業の泉に浸かってすべて。あんな
消化して,世間に昇華してゆくものらしい,多分昇華するまで,
時間がかかることが楽しい,とゆう芸術的領域。そうして,
時間の裡にかんがえていたすべての恐怖やコダワリのすべての,
死や,眠りの内の安息の安寧感の,これを失うことの不安などの,
考え深さはいずれ,想いの重さに,その優しさに気付くから
システムは思考すると,胸腺の世間ヒステリクスを破滅してから
脳内の原始脳へ参入し,いずれ,風に吹かれて世間に同化し
平和は,とどのつまるところ,思考も消滅して,それから,
感情も控えめがちになり,業の泉に浸かってすべて。あんな
熱いお茶を持ち運ぶときなど本当に,マグカップだと把手の
あって本当に良い。ましてや,風のよく吹く夜などに,カーテンの
隙間をかいくぐってはスープなどを運ぶときは殊更マグカップだと
把手のあって本当に良い。”便利さ”=”伝統”=”文化的思考”の上で,
歴史は本当に標準時を据えて廻ってゆくけれど。そのなかで,内時間,
その芸術的領域。脳内の”世界”は順風とゆうよりスパイラルの中を,
逆行して進むただ達成感のためだけゲームする本当に”遊び好き”な
モノずきとも言える享楽スピリットだったりするから。グロッキー。
そのヘトヘトのモウロウトシテくらくらと迷惑をかける瞬間に正に。
その時に”歴史的時間”=”グロッキー”=”瞬発力ユーモラスな何か”の
発動する,内時間=外部時間=ほどける懐中時計=歴史=世界の動く,
その瞬間に”物質”は砂の鳴き浜とゆうのはあるけれど,あのぐりぐりずるずる,
砂の鳴…

酔醒めのアカシックス

以前,友達のお家を訪ねて教えていただいた,カーっと熱く,
一時間で消化する爽快なお酒は何年も経って,ようやく自宅に
届けられる,そんな運びとなって,長い道のりだった。って,
それは,お酒好きが高じてとゆうよりは,マイ・オリジナル。
なぜ,三島文学にサナトリウムの影があり,坂口安吾の耀きは
真逆に放心された狂気を匂わすのだろう?そんなことの,一瞬。
腑に落ちた彼方には,堀辰雄の,マイ・オリジナル。あんな,
軽バン一台で,新婚旅行と銘打って,ミッションの僕しか運転の
できないことを承知して,夜10時から翌15時までの行程を,
遂には信州のビジネス・ホテルに到着し,豪睡仮眠してから,その
北杜夫さんの展示がしているなあなどと,横目にとおりすぎてから,
教会のキャンドル・ナイトに出掛けて,遥か自宅に奥さん互いに,
記念の感謝手紙を送り合う。僕は,もう聖パウロ・カトリック教会。
そのキャンドルの灯してある著名な場所よりも古いかしこの教会に,
翌朝自転車でたどり着いてちょっとして,不思議な違和感を。彼の
「木の十字架」の祈祷の緊迫した祭祀の場所は,何か違うんじゃ,
1度も訪ねないけれど,あれはユニオン・チャーチの方を指して,きっと
私小説とゆうのは,そうゆう造りかたをして,デフォルメ加工などしてる。
ビジネス・ホテルには,一室だけ残り予約の開いていて,不幸中のさいわい。
不幸とゆう,その旅行にしては場違いの言葉を二人で話して,ニコニコ。
ナビには,取って付けた良いものを使い,とは言え,いくら探しても,そう,
探してもらってもたどり着けず,ホテルのあるべき指示点を通った折り,
歴史好きなためか,孝明天皇と睦仁親王よりの「よろしく頼む。」とゆう。
なかば唐突な幕末の夢をみたりした,そんな, そんなことの,一瞬。
腑に落ちた彼方には,堀辰雄の,マイ・オリジナル。
以前,友達のお家を訪ねて教えていただいた,カーっと熱く,
一時間で消化する爽快なお酒は何年も経って,ようやく自宅に
届けられる,そんな運びとなって,長い道のりだった。って,
それは,お酒好きが高じてとゆうよりは,マイ・オリジナル。
なぜ,三島文学にサナトリウムの影があり,坂口安吾の耀きは
真逆に放心された狂気を匂わすのだろう?そんなことの,一瞬。
芥川氏=えびす顔の東照宮家康公のアイ・マスクに浮かび,あの
キリギリスのような面持…

エンパス指向あれこれ。

エンパスとは,きっと世界に繋がるための平和活動。 きっと,平和のためには”変化”すること。”変化”は, 楽しむもの,”遊び”とゆうもの,世界を変えること。 イザナミ,とゆう神がある。女神だけれどエンパス神。 谷崎=羊飼い=聖ガブリエルの,”遊び”とゆう,雪達磨。 エンパス=共感作用の強いヒステリクスのくびき。そんな とにかくも”変化”を楽しむこの共感作用の強い,そんな ヒステリクスのくびき。大画面のテレビは,紫外線も少ない そうして,不幸にしてもユーモラスに居られるかどうかは 素質でもある,素養のあるなしもあるはあって,しかし。 畑道を車で通り過ぎながら思う,街には街の,町には町の, 僕は邑(むら)意識で,すでに周囲に堀を穿って,精神の 縄張領域を造ってしまって。
エンパスとは,きっと世界に繋がるための平和活動。
きっと,平和のためには”変化”すること。”変化”は,
楽しむもの,”遊び”とゆうもの,世界を変えること。
はちみつミント飴や,大根生姜飴をなめて,少しずつ,人間の
業とゆうものを楽しむような,その破天荒な情感のことを,
拡張意識は,方向性としては正当だけれども,法則みたいな,
やはり,拡張意識=エンパス指向の故にも,機序順序のような

『ドライブをすることは世間を吸うこと。例えば,胸腺を抱いた。
 そんな世界胸腺世間を感じる前に,心の中に留める何か。それは
 ”楽しむ”とゆう,むしろ”遊び”よりも世界を変えるよりも,その
 先にある,”季節”は感じられるとは言え,怒りでは”ない”,その
 偶数の”16”ではない奇数の”15”。+1ではなくって,0.1。の,
 その先にある,自己の崩壊する前に,自らイザナミ・マスコットの
 キグルミを着てみるのは”神”に還る,”変わる”のよりも”還る”。
 エンパスの女神は,国生みのイザナミなのだから。』

イザナミ=谷崎文学の,面白きことを捜す,高杉晋作の奇兵隊。その
アケビの実を擦り下して,また紫の果皮に戻すそんな,アケビ酒の
製作においては,一分の危険性も感じなかった,エンパス指向。あの
徳川吉宗公の影に女神の映る不可思議な夜には,もちろん,経済的な,
そうして根源的な,不幸にしてもユーモラスに居られるかどうかは
素質でもある,素養のあるなしもあるはあって,しかし根源的には,そう
世間的胸腺のヒステリクスの拡張意識=エンパスに至る道程に常の日頃。


エンパスとは,き…

ミカエル=三島文学,その由縁。

『水浴びをして,攻撃性は冷泉に発露して耀く。もう,  ミカエル=三島文学,その由縁。ラディカルなのは,  決して,ブレているのではなく,過ぎた情熱を,出口に  追い放つと,すでにそれは熱源を持った,サディズム。  水浴びをして,攻撃性は冷泉に発露して耀く。もう,  すでにそれは熱源を持った,サディズム。なのは由縁。』
ミカエル,この,オーギュスト・ロダン,スウェーデンボリ,
フランソワ・ラブレー,ジョット,ウェルキンゲトリクス。
三島文学には,木戸孝允,サド侯爵,マッキャベリ,フラ・
アンジェリコの曳き波。獅子像を担って,現れたのは,あの
ミカエル=三島文学,その由縁。ラディカルなのは,
決して,ブレているのではなく,過ぎた情熱を,出口に
追い放つと,すでにそれは熱源を持った,サディズム。その
情熱は,熱源先行より,まさに出口を探して,覆水盆のような
強烈なドラゴン像だから,ミカエルの獅子,三島ドラゴンの
龍虎相槌つ,だからそれは,本来タオイズムのような顕れ。その
気分,気分的に守護する獅子像の中に,あってこその龍神台風の,
気分的に,水浴びをして,攻撃性は冷泉に発露して耀く。もう,
すでにそれは熱源を持った,サディズム。なのは由縁。その裡には
多分嵐も過ぎさるだろう。呑気に浸かる,もうすぐ清冽怜悧な気分。
もうすぐ出口は開かれて,サディズムは風鈴の風に揺れる。

『水浴びをして,攻撃性は冷泉に発露して耀く。もう,  ミカエル=三島文学,その由縁。ラディカルなのは,  決して,ブレているのではなく,過ぎた情熱を,出口に  追い放つと,すでにそれは熱源を持った,サディズム。  水浴びをして,攻撃性は冷泉に発露して耀く。もう,  すでにそれは熱源を持った,サディズム。なのは由縁。』
とにかくも身体の中のドラゴンは疼くようにして張切り揺れる。
揺れるのは,情熱よりの熱源ではなく心臓の入り口にもすでに,
ブルブルと振動数の強烈に高い何らかの巨人は待機している。
それは,ミカエル大天使の彼らは,とっても怒りに揺れた者とは
対置して遠く離れた,遊離性は活かして有るのだけれど,しかし
とてつもなく鋭利はそんな攻撃性を,これはスピリチュアルに高貴。
龍虎相槌って何処までゆくのかは露知れず,嵐は嵐を呼び,夏雲。
なので熱源は夏本来の季節感に任せておいて,本当に文学的な気分の
”あなたの顔をみるとお腹が緩むわ。”こんなにキャラクタ…