スキップしてメイン コンテンツに移動

芸術の領域,

他方のエゴイズムではない,
芸術の領域。健康のエゴイズム,
他方の高いとしか言いようのない,
芸術の領域。小鳥が巣箱に戻る。
私は修道士だ,と言っても,まだ
僧服を身に着けてなければ,そうは
みえないもの,そうして,小鳥が還って
芸術的な高い領域の黄金の領域。

昔は,と言って,昔は,好奇心も,その
芸術の領域も,いつの間にか着ていない,
僧服も,身の回りにはみえていたのだ,
そうしてそのまま,なりふり構わず,北風に,
いや,さらに日の光りに,やけになって,
水浴をして,あぁ。
って,池の鯉に,目をやりつつ,僧服を
搾るのだ。長い旅に,とっても長い旅に,
小鳥たちは立っていた,還ってきて,私は
もう祈る好奇心や,はまるようなヤケの気持ちさえ
日の光りにも,寒い北風にも,感じはしない,その
瞑想詩集に感化される,感じやすい感受性は,
細胞分裂,異化作用の角質異常の完成された,
熟年の身体には,通用しない,それは,領域は
芸術の領域は,もう小鳥の中には,帰る巣箱より
高い樹が実った知恵の実に照らされて,うっそうと
そびえている。彼は,棲むものかつての住人が還って
初めて,好奇心のより巣箱以上の,高い芸術性を
自身が届く範囲で適えてしまっていることに気づく。
タイマーが鳴って,鍋の調理が終わっている,と
気づく。そこには,あとは調理されたものを頂く。その,
喜びしか残っていない。自分の果実を帰った小鳥の
お迎えに,供するより以上に,自分たちも感得する。
燃え尽きないためには,芸術の領域より飛び立った,
小鳥を迎えること,自ら届いていた枝ぶりを,果実の
成果によって,満たすこと。

刈り取らなければならないか,
収穫を楽しめるのか,それから
苦しみを,収穫へ駆り立てたその苦しみを,
成果まで楽しめるのか,反骨心まで呼べる,
苦しみよりの浄化を,それを,成果として,
収穫までゆけるのか,燃え尽きないためには,
刈り取らなけば。収穫祭は,田畑にとっては
復活祭である,小鳥が還ってくるのも,むしろ
その収穫に呼ばれてのこと。放蕩している,
みな放蕩している,身体は放蕩している,そんな
健康のエゴイズムの,他方,高い領域の芸術。

身体の成長に促されて,めきめきと育った,
果実にいたる収穫までのあれやこれや,
香油を浴びるより,それもさながら,香油は
収穫によってもたらされた,燃え尽きないための
復活祭。

だから思う存分浴びればいい。
それは,樹も果実をまた着け始める。

こちらは如何?

SEED is Here.

キーボードが光っているから幸いに。いまも, 月はCloud機能たくましく,お茶ボトルを直射月光に。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 葉っぱを愛でてもめでなくっても,お茶にタタられるとゆうことは あんまり聴かない。神さまは地中をあるいはInAir通過して届く, 通奏低念ならぬ,通過するそれはグリーン・テンダネス。業の泉。 通過するグリーン・テンダネスの拡がって,業の泉=世の中。また, 決して,オリジナリティを見つけたわけではないしても,柑橘の花。 オリジナリティは,シュタイナーにしてみれば甘酸っぱいものだけど, 僕らにしてみれば,ほろ苦い。きっと,柑橘の茶葉も啜れば,苦い。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 世界は,終わらない。とゆうよりも神さまの緑にしてみれば。それは, 終るどころか,母体は彼女(彼)に,あるのだから彼女(彼)にして, かくゆう,自然一体化を促すSEEDを求める。 月が綺麗な夜でした,SEED is Here.
きっと,菩提樹とゆうけれど。神秘の門前には,門衛のいつも。いつも,
見詰めるその先には。門衛のいつも見詰めるその先には。葉っぱを愛でても
めでなくっても,お茶にタタられるとゆうことはあんまり聴かない。
神さまは地中をあるいはInAir通過して届く,通奏低念ならぬ,通過する
それはグリーン・テンダネス。業の泉。だから,菩提樹はいつも着いてくる。
緑の香り,ベートーヴェンのソナタの緑の香り。あれは守護神で,いっつも,
庭木のどれかから,着いてくる。だから,引っ越しても定住すれば,いっつも,
菩提樹はいつも着いてくる。緑の香り,ベートーヴェンのソナタの緑の香り。
棲めば都のいつも緑の香りは故郷のそれなのは。神さまは緑で,いっつも,
地中をあるいはInAir通過して届くグリーン・テンダネスの拡がって,なので。
お茶っぱを噛んで歯痛を治すのはよく聴いたことはあるけれど,バナナのジュレを
口にして,病をなおすのも。今度,調べてから,柑橘の葉っぱを噛んでみよう。
通奏低念ならぬ,通過するそれはグリーン・テンダネス。


キーボードが光っているから幸いに。いまも, 月はCloud機能たくましく,お茶ボトルを直射月光に。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 葉っぱを愛でてもめでなくっても,お茶にタタられるとゆ…

リアルな画,

リアルな画を撮るべきか,あるいは。 画をリアルに描くべきか。そんなら 存在論は,ベーコンと卵は要らないから, それより。不思議と煮込みと燻製チップのそれより 刃物の澄まされた春の光に宴を与しよう。 うつろに開かれた眼からは存在の香りは してはこない。してはこないが,存在論の目的を, 狙いすまされた,存在論の終幕のにおいはしてくる。
ぞんざいな,燻製チップの樹の叫びさえ, 宴に供された食物の冥想さえ,もう届かない。 日本の美は,ところどころに僕を追ってきて,その 世間とは何か,あの問いを,そのままジッとみつめる, 答えとしてトゲトゲした観葉植物の祈りで応えてくれる。
有終の美を飾るのなら,澄まされた春の光でいけとは。 こころならず,存在論の幕開けは燻製チップの煙では 始まったのだけれどもそうゆう。 あぐらをかいては,ドクダミ茶すする。そんな, もったいつけて,ゴボウチップス誘う夕べの漬物は きゅうりの奈良漬。
リアルな画を撮るべきか,あるいは。 画をリアルに描くべきか。そんなら 存在論は,ベーコンと卵は要らないから, それより。不思議と煮込みと燻製チップのそれより 刃物の澄まされた春の光に宴を与しよう。 うつろに開かれた眼からは存在の香りは してはこない。してはこないが,存在論の目的を, 狙いすまされた,存在論の終幕のにおいはしてくる。
リアルな画,ゴボウチップス。





構築座標,

構築座標はコントロールできない,
モノレールの運行のようなもの。まるで,
”思考は,観察できない。”とゆう,
きりきりの所で,待っている。
構築座標はコントロールできない,
天体の上を歩く,まるで,星の王子様,
そうして,自然は『自由』とあいまって,
紅い花と,白い花。混ぜて咲くの,
薔薇とカスミソウを束ねて。

神さまは,『自然一体化はシンプルなもの, 山紫水明と言って,豊かな自然をみる。』とは ゆうものの出来れば自然に目を向けていたい, こんな夏の碧を眺める,遊興な心持には,そうして。 そんな頃合いには不思議と,お餅をたべる。詩の, 偶数を捜す,詩の雑煮を頬張る。もとは, ああゆう,グリーンな出処に,赤い薔薇の蕾があって, そんな,遊興な心持には,そうして。たぶんもって, 『自然一体化はシンプルなもの, 山紫水明と言って,豊かな自然をみる。』とは ”自我”とゆうものあるなれば,それは水晶のごとき, そんな宝石を,マグマに還してしまう。
構築座標はコントロールできない,
モノレールの運行のようなもの。まるで,
”思考は,観察できない。”とゆう,
きりきりの所で,待っている。
構築座標はコントロールできない,
天体の上を歩く,まるで,星の王子様,
そうして,自然は『自由』とあいまって,
紅い花と,白い花。混ぜて咲くの,
薔薇とカスミソウを束ねて。

根の堅州国より還る,とゆうのは, 脱出にも似て,『帰還する』,ある意味, モノレールの運行を終えては辿りつく終着駅。 運行する,そのままの運行をジッとみる。それは, まるでその運行には換えがたい絶対的客観性のあるとゆう それは,評価の構築座標で,”思考は観察できない。”って。 けだし,コントロールしたいときはどうしたいのだろう? もちろん,トゲトゲの薔薇の樹をみて,嗅ぎたいのだ。 だから,触るときには注意して,評価軸は換えない,それは 天体座標をみるときのように,客観的で,そうしてそれは, 構築座標はコントロールできない, モノレールの運行のようなもの。まるで, ”思考は,観察できない。”とゆう, きりきりの所で,待っている。 構築座標はコントロールできない, 天体の上を歩く,まるで,星の王子様, そうして,自然は『自由』とあいまって, 紅い花と,白い花。混ぜて咲くの, 薔薇とカスミソウを束ねて。