スキップしてメイン コンテンツに移動

芸術の領域,

他方のエゴイズムではない,
芸術の領域。健康のエゴイズム,
他方の高いとしか言いようのない,
芸術の領域。小鳥が巣箱に戻る。
私は修道士だ,と言っても,まだ
僧服を身に着けてなければ,そうは
みえないもの,そうして,小鳥が還って
芸術的な高い領域の黄金の領域。

昔は,と言って,昔は,好奇心も,その
芸術の領域も,いつの間にか着ていない,
僧服も,身の回りにはみえていたのだ,
そうしてそのまま,なりふり構わず,北風に,
いや,さらに日の光りに,やけになって,
水浴をして,あぁ。
って,池の鯉に,目をやりつつ,僧服を
搾るのだ。長い旅に,とっても長い旅に,
小鳥たちは立っていた,還ってきて,私は
もう祈る好奇心や,はまるようなヤケの気持ちさえ
日の光りにも,寒い北風にも,感じはしない,その
瞑想詩集に感化される,感じやすい感受性は,
細胞分裂,異化作用の角質異常の完成された,
熟年の身体には,通用しない,それは,領域は
芸術の領域は,もう小鳥の中には,帰る巣箱より
高い樹が実った知恵の実に照らされて,うっそうと
そびえている。彼は,棲むものかつての住人が還って
初めて,好奇心のより巣箱以上の,高い芸術性を
自身が届く範囲で適えてしまっていることに気づく。
タイマーが鳴って,鍋の調理が終わっている,と
気づく。そこには,あとは調理されたものを頂く。その,
喜びしか残っていない。自分の果実を帰った小鳥の
お迎えに,供するより以上に,自分たちも感得する。
燃え尽きないためには,芸術の領域より飛び立った,
小鳥を迎えること,自ら届いていた枝ぶりを,果実の
成果によって,満たすこと。

刈り取らなければならないか,
収穫を楽しめるのか,それから
苦しみを,収穫へ駆り立てたその苦しみを,
成果まで楽しめるのか,反骨心まで呼べる,
苦しみよりの浄化を,それを,成果として,
収穫までゆけるのか,燃え尽きないためには,
刈り取らなけば。収穫祭は,田畑にとっては
復活祭である,小鳥が還ってくるのも,むしろ
その収穫に呼ばれてのこと。放蕩している,
みな放蕩している,身体は放蕩している,そんな
健康のエゴイズムの,他方,高い領域の芸術。

身体の成長に促されて,めきめきと育った,
果実にいたる収穫までのあれやこれや,
香油を浴びるより,それもさながら,香油は
収穫によってもたらされた,燃え尽きないための
復活祭。

だから思う存分浴びればいい。
それは,樹も果実をまた着け始める。

こちらは如何?

キュウリとズッキーニ。

携帯の着信音が鳴っているのかと思いきや,先ほどの おやすみ伝えて寝て行った奥さんのいびきだったことに, 驚いた。相当に安心もして,疲れていたんだろう。なんて, 夕食に,ズッキーニのソテーと,キュウリの漬け物を一緒に 食卓に並べてもらって,何だか,火を通してはズッキーニ, 生食ではキュウリとゆう,夏野菜のトップ・レートにはいる, この代表格のMr&Mrs瑞々しさなんてゆう共通項に,追憶し 驚いた。暑さの中に比類なく怜悧な追究心のある涼しさに, だんだんと涼しさを増してゆく涼しさに,探求し追及する,この 怜悧な追究心のある涼しさに,だんだんと涼しさを感じながら。
比類なき涼しさ,それは腸活や,冷泉浴に似ている。比類ない, こうゆう志向を身体に持ってくると,やっぱり食の秋の訪れまで 少し休んで,背中のおできを治すようなイメージで比類ない涼しさ, キュウリとズッキーニを食べて,ただ身体に正直に冷えていたい,が 冷えているとゆう実感を持てるのも,また暑熱の抱く有限さ。貴重な この融通の効く,遥かな地球の水平線。入道雲の湧き上がる,湧き上がる あの,盆踊りの雷鳴ならすよ,お母ちゃん。イザナミの夢を見ることがある, いっつも自然の味方,次いで彼女の味方をすることのできるのは,スサノオ。 だから,自らを漱石山人のスサノオ神話に駆り立ててゆく。彼女のイザナミ。 イナダとスサノオ,アマテラスとオオクニヌシ。果てはイザナミとイザナギ。 オロチ退治だって,『オロチのようなのが女神だ』って,なりふり構わず言う。 だって,それはただしいことだから,オロチのような女神は愛すべき彼女。 オロチ退治に駆り出される酒造りのアーティスト達は,本当は求めている。 私達には無い,うぶすなの祠を。と,まあこんな嗜好を連れづれに考える,また いびきは続いている。本当に,感謝だ。そうして,僕は,冷泉浴励行。
オーガニックとゆう指向は,ルーツを求め,根をもとめ,シモーヌ・ヴェーユの また,ジョン・レノンの,そうして,マクルーハンのようなデジタル指向を産む。 そこに行っては,ゆけない。ブレイクもまたデジタルに叫び,ヴラマンクもそれで 描けなくなった。アーティストの産みだす,オーガニックとはフェミニズムを叫ぶ, スピリチュアリティ=植物性=男性主事の,アーティスト酒造りに違いないから, より叫ぶのだ。『解体してゆく文学には,絵画とWebを一体化させよ。もちろんの 事,文学にしか…

アイス・ブラックと,豆乳ラテ。

すこし酸化したコーヒーは,あまり美味しくはないけれど,
あまりは美味しくないけれど,けれど健康に,胃腸に良い。
ってゆう,持論を前から持っている。科学の進歩史観より,
眺めてみるなら,その俯瞰図には,インスタント・コーヒーの
最前線をあらわしているのだから,なので,酸化チックは良好。
けだし,あまり美味くない。ここがポイントで,酸化作用は,
上手く進んでいれば,完熟にもなるようなのだから,酸化還元,
この,微妙なスパイラルを上手く利用して,胃腸の健康回復。
リズミカルに夜には意識を失うように出来ている身体は神秘的で,
しかも一層のこと便利である。そのリズムに浸透された身体を持てば,
それはガーディアンのスピリチュアルな加護であって,その発端には,
”業の泉”冷泉浴の,あまりに恣意的で固執した自分ながらの思索ありきたり。
インスタント・コーヒーもまた然り。

美味さを求めるのか,こんな追及態度には,やはり今もって,平和観想の, 精神体安定しているなら,基本的には,世界安泰だ,とゆう視点より,やはり。 美味さより,勢いである。熱くても,熱くなくっても,勢いである。とゆう視点。 一度全部グルメに帰す,これは精神体の問題に,”精神体グルメー”ならぬ取込み。 取込みダウンロード=インストール理論の心に出来上がるのならば,あとは”業の泉”。 グルメーを楽しんで,それから,闘いの場においては,心理戦線,一所懸命の,勢いに 任せて,自らのオリジナリティ=karmaと闘うのだ。他者グルメーとkarma自己の, このアイス・ブラックと,豆乳ラテ。渋味,酸味のインスタント・コーヒーを頂けば, 必然に,ハニー・ソイ・ラテは待っている。暇なときは,もちろん,背骨を緩ませて, あ~あ,一言ぼやいては,真剣に珈琲を淹れてみよう。淹れた珈琲はどんな味わい?この,
切磋琢磨は目覚めの昼と,意識茫然の夜中の揺らぎにあって,間のあわいを漂うのは,
こうゆうblog投稿,あるいは,テレビの閲覧,ストーリー・テリングに天啓は必要?
曖昧さから求められるのは,結果的に勢いであって,生理現象の文学とは,まずもって,
色々な展開を考慮した上で,喜捨選択しながら,まずすすむ,進む,この川下りのような
川床料理には,アユの佃煮?なぜ,フェミニズムは,ムーミン・ママのように,季節の
キイチゴ・ジュースなど創られるのだろ…

熱する=時間扇。

熱するとゆうのは,果物が完熟に向かう,ボイルする 沸騰する湯沸かしに,時間は十倍速に進む。そうして, アンチエイジングとは,抗酸化とゆうの解る気のする。 だから,夏は,時間の進むのが全時間的に環境的に, ずっと早く廻っているのだ。何故?なぜ全時間的に, 環境は時計の針を早く進める,必然の速度増す。この, 夏の時間の速さに,もうどうしても驚愕を隠せない。その 時間全体の,地球全体の酸化=老化している。この感慨,
もう早くも,朝ごはんに白菜の漬物と白米。昼ごはんに, 茄子の塩漬けと白米ごはん。繰り返しては,あいだに夢想の アイス・オーレを氷カラ・カラ。たまには動物性蛋白も。 なんて感じながら,オーレに優柔不断のミルクを加えて。 せっせ,せっせ。どうしても,働きたい余裕のある時に。
その余裕のある感情は,あと一息。自分のクリーニングの 佳境なのだ。佳境。良い言葉は,時間の速度を早めるから, もうすぐ,15時のおやつの時には変わらずアイス・オーレと 氷カラ・カラ。鳴らしている自分を想っては,筆を速める。 スラスラ・スーラ。点描画は,スラスラ・スーラ。なんて,
この夏の時間速度に焦点を当てて。果ては,自らの胃腸は, 腸活の極致にあって,7年に一度の細胞入れ替えはこの速度の 中で、始まる。終わる,空調の管理は必須で,その下でも, 容易に氷は解ける,溶ける。熔けてゆく氷の見て実感。 やっぱり,氷みずならぬ,冷泉浴のうちに停まって,体も
熔けてゆく。暑さはごちそう。時間の進みはごちそう。そんな この夏の時間速度に焦点を当てて。スラスラ・スーラ。点描画は, スラスラ・スーラ。『地球会議』なるものに出掛けて,すぐに, 門前払いされるのは時間の進みは早いけれど,創作には遅い,
体の熔けない,アイス・オーレを氷カラ・カラ。繰り返しては, あいだに夢想の,繰り返してる自分のクリーニングの佳境。この 僕自身は身体を冷やして,冷泉浴でも,この夏の過ごし方でも 酸化や,熱する=時間扇にあらがって,まだ果実は堅いのですよ,
そうして,抗酸化を謳っては,
”ボイルする世の中を”
逆廻り時間扇の,左回し珈琲を淹れて,あらがっているのですよ。
茜色の空には もうすぐ,もうすこしのひとさじお砂糖を許して差し上げます。