スキップしてメイン コンテンツに移動

業の泉縁起,

    原人間(アダム・カドモン)などと, カバラの神話学では言うらしい。 それは,誰しも経験する業の泉縁起の 神話学。 もうすぐ,夜が明ける。 鳥たちは翼ばたばた, 寒い,けど飛び立とう。
    ニュースなどを見て, カルチャーショックを受け, 自立する間も無く欠陥を胸に抱く子は 多い。みなそうだ, とも。胸に空いた風穴を, ピュアな感情は塞ぐこともない, 出来ない。それはそれでカオスはそこに 住むのだから,この時点より人の加速する 業の泉は産まれ湧き出る。
    そうして, 自我ともイーゴとも呼ばれる芯のある 白米のような独立独尊の わたしなる何らかの知性が身につくと, ユーモア・ペーソスの類, またグルメの嗜好。沢山の興味趣味が 生まれる。
    僕自身は,趣味を持てなかった。 本当の意味で,文学と趣味は違う。 嗜好趣味と思考文学は別れるから。 皆に自我やイーゴと言われる神は宿るにしても, 嗜好と思考に別れる。
    別れたにせよ, 嗜好山岳地帯と,思考業の泉とは, 交互に分け隔てなく, 満遍に存在する思春期よりの姿なのだから, もちろん趣味だけには生きられないし, 生活には文学は生きる術として必要だろう。 業の泉は,自動車のよう。 業の泉縁起,つまり車の運転のこと。
    さみしさは永続しないし, セロトニン過多の筆者は眠ることもできない, 文学青年で。
    業の泉縁起とはいえ,その目的は, つまり車の運転の目的由縁。 運転の好きなのは文学好きと共通して, 生活嗜好は文学思考と結ばれる。 移動?ドライブ? この一致点には常にさまざまな要点がある。
    車好きには, 人間の秘密をさぐる文学の, 工業と産業とグルメを裏付ける見事な着眼点があってこそ, Nothing,Truth.無限恬淡。のブルース。 温泉に浸かるなどして,また考えよう, つまるところは,平常日常。所帯じみた所に真実。 でも,タロットカード。ゾンビ映画。仮面の告白。
    いたる所に文学性を見付けては, 顔を覗かす,JESUS'WALKED INTO LONDON ONE'S ”BEN RED”. とゆうようなエクリチュール, この業の泉縁起,

こちらは如何?

リアルな画,

リアルな画を撮るべきか,あるいは。 画をリアルに描くべきか。そんなら 存在論は,ベーコンと卵は要らないから, それより。不思議と煮込みと燻製チップのそれより 刃物の澄まされた春の光に宴を与しよう。 うつろに開かれた眼からは存在の香りは してはこない。してはこないが,存在論の目的を, 狙いすまされた,存在論の終幕のにおいはしてくる。
ぞんざいな,燻製チップの樹の叫びさえ, 宴に供された食物の冥想さえ,もう届かない。 日本の美は,ところどころに僕を追ってきて,その 世間とは何か,あの問いを,そのままジッとみつめる, 答えとしてトゲトゲした観葉植物の祈りで応えてくれる。
有終の美を飾るのなら,澄まされた春の光でいけとは。 こころならず,存在論の幕開けは燻製チップの煙では 始まったのだけれどもそうゆう。 あぐらをかいては,ドクダミ茶すする。そんな, もったいつけて,ゴボウチップス誘う夕べの漬物は きゅうりの奈良漬。
リアルな画を撮るべきか,あるいは。 画をリアルに描くべきか。そんなら 存在論は,ベーコンと卵は要らないから, それより。不思議と煮込みと燻製チップのそれより 刃物の澄まされた春の光に宴を与しよう。 うつろに開かれた眼からは存在の香りは してはこない。してはこないが,存在論の目的を, 狙いすまされた,存在論の終幕のにおいはしてくる。
リアルな画,ゴボウチップス。





SEED is Here.

キーボードが光っているから幸いに。いまも, 月はCloud機能たくましく,お茶ボトルを直射月光に。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 葉っぱを愛でてもめでなくっても,お茶にタタられるとゆうことは あんまり聴かない。神さまは地中をあるいはInAir通過して届く, 通奏低念ならぬ,通過するそれはグリーン・テンダネス。業の泉。 通過するグリーン・テンダネスの拡がって,業の泉=世の中。また, 決して,オリジナリティを見つけたわけではないしても,柑橘の花。 オリジナリティは,シュタイナーにしてみれば甘酸っぱいものだけど, 僕らにしてみれば,ほろ苦い。きっと,柑橘の茶葉も啜れば,苦い。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 世界は,終わらない。とゆうよりも神さまの緑にしてみれば。それは, 終るどころか,母体は彼女(彼)に,あるのだから彼女(彼)にして, かくゆう,自然一体化を促すSEEDを求める。 月が綺麗な夜でした,SEED is Here.
きっと,菩提樹とゆうけれど。神秘の門前には,門衛のいつも。いつも,
見詰めるその先には。門衛のいつも見詰めるその先には。葉っぱを愛でても
めでなくっても,お茶にタタられるとゆうことはあんまり聴かない。
神さまは地中をあるいはInAir通過して届く,通奏低念ならぬ,通過する
それはグリーン・テンダネス。業の泉。だから,菩提樹はいつも着いてくる。
緑の香り,ベートーヴェンのソナタの緑の香り。あれは守護神で,いっつも,
庭木のどれかから,着いてくる。だから,引っ越しても定住すれば,いっつも,
菩提樹はいつも着いてくる。緑の香り,ベートーヴェンのソナタの緑の香り。
棲めば都のいつも緑の香りは故郷のそれなのは。神さまは緑で,いっつも,
地中をあるいはInAir通過して届くグリーン・テンダネスの拡がって,なので。
お茶っぱを噛んで歯痛を治すのはよく聴いたことはあるけれど,バナナのジュレを
口にして,病をなおすのも。今度,調べてから,柑橘の葉っぱを噛んでみよう。
通奏低念ならぬ,通過するそれはグリーン・テンダネス。


キーボードが光っているから幸いに。いまも, 月はCloud機能たくましく,お茶ボトルを直射月光に。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 葉っぱを愛でてもめでなくっても,お茶にタタられるとゆ…

構築座標,

構築座標はコントロールできない,
モノレールの運行のようなもの。まるで,
”思考は,観察できない。”とゆう,
きりきりの所で,待っている。
構築座標はコントロールできない,
天体の上を歩く,まるで,星の王子様,
そうして,自然は『自由』とあいまって,
紅い花と,白い花。混ぜて咲くの,
薔薇とカスミソウを束ねて。

神さまは,『自然一体化はシンプルなもの, 山紫水明と言って,豊かな自然をみる。』とは ゆうものの出来れば自然に目を向けていたい, こんな夏の碧を眺める,遊興な心持には,そうして。 そんな頃合いには不思議と,お餅をたべる。詩の, 偶数を捜す,詩の雑煮を頬張る。もとは, ああゆう,グリーンな出処に,赤い薔薇の蕾があって, そんな,遊興な心持には,そうして。たぶんもって, 『自然一体化はシンプルなもの, 山紫水明と言って,豊かな自然をみる。』とは ”自我”とゆうものあるなれば,それは水晶のごとき, そんな宝石を,マグマに還してしまう。
構築座標はコントロールできない,
モノレールの運行のようなもの。まるで,
”思考は,観察できない。”とゆう,
きりきりの所で,待っている。
構築座標はコントロールできない,
天体の上を歩く,まるで,星の王子様,
そうして,自然は『自由』とあいまって,
紅い花と,白い花。混ぜて咲くの,
薔薇とカスミソウを束ねて。

根の堅州国より還る,とゆうのは, 脱出にも似て,『帰還する』,ある意味, モノレールの運行を終えては辿りつく終着駅。 運行する,そのままの運行をジッとみる。それは, まるでその運行には換えがたい絶対的客観性のあるとゆう それは,評価の構築座標で,”思考は観察できない。”って。 けだし,コントロールしたいときはどうしたいのだろう? もちろん,トゲトゲの薔薇の樹をみて,嗅ぎたいのだ。 だから,触るときには注意して,評価軸は換えない,それは 天体座標をみるときのように,客観的で,そうしてそれは, 構築座標はコントロールできない, モノレールの運行のようなもの。まるで, ”思考は,観察できない。”とゆう, きりきりの所で,待っている。 構築座標はコントロールできない, 天体の上を歩く,まるで,星の王子様, そうして,自然は『自由』とあいまって, 紅い花と,白い花。混ぜて咲くの, 薔薇とカスミソウを束ねて。