スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2017の投稿を表示しています

J.S.バッハ=サルトルと,ツルゲーネフ=ヘミングウェイ。

例えば,サルトルと,ヘミングウェイ。 或いは,バッハと,ツルゲーネフの古典。 両者の牧歌的詩情と音楽的な詩性をつなぐ。 その,何らかの平和主義の中には,スペア・リブに 対して,疑念を挟まず感謝に応じる潔さがある, 夏の陽の夕暮れ親く,水面に蟲の散る幽玄を漂わす。
思わずも,そのコレクターとしての買書地獄も,紹介する
誰かに,欲しいその本を紹介する,ただその行為で代用できる,
今までは,何らかの掘り出し物をweb上に見つけることが,
得になるものと思い込んでいたけれど,つとにカロリー計算を,
スマホのアプリなどで入力し続ける,このポイント式の食事などに
代償できる。いずれも,続けることに異和感を感じてのものだった。
コレクションには,もともとポイント式の感性は着いてまわるもの。
帰りに買い食いをして返るのだ,それが美味いのではなく,そうだなぁ。
玄関周りに植木鉢を置くような,そんな心地なのだろうか?もうすぐ,
夏が来る。それだけで良い。季節が廻るとゆうことに共感したいのだから,
お家は宇宙船みたいだ,丘の上も宇宙船の天板に居るみたいだ。だから,
遺跡みたいなところで家を建てると,船上に水回りを造られたものだから,
怒りに触れてしまったりもして,そんなことをもうすぐ虫の音も蝉のそれに
替わってくるだろう夜の気配に敏感に感じ取りながら,ああ,そうだなぁ。

例えば,サルトルと,ヘミングウェイ。 或いは,バッハと,ツルゲーネフの古典。 両者の牧歌的詩情と音楽的な詩性をつなぐ。 その,何らかの平和主義の中には,スペア・リブに 対して,疑念を挟まず感謝に応じる潔さがある, 夏の陽の夕暮れ親く,水面に蟲の散る幽玄を漂わす。

古事記のストーリーには,関心を寄せていたものだったけれど,
根の堅州国とゆうものが,一体どんな大親父様の居るところなのか?
そうして,娘さんを貰って帰るとゆう,その元居た国とゆうのも,
果たして想い出せるものなのか?大親父さんの怒るのも無理はない,
ないのだけれど,そのスサノオの住んでいない元々の国,とゆうのは。
平和なのだろうか,希薄なのだろうか?緩慢なものだから,スサノオさんは
居られないのだろう。三種の神器ならぬ器具を貰って還る,果たして,その
統治するとゆう方法論は,くだんの三種の器具に何が秘められそうさせる。
とにかくも,大地は揺るがせにしない,健全な精神,無念無想。こん…

豆乳は畑のお肉。

右手に,緑色の芥川の笛吹き貝を握るようにして,だんだん
削られて,それらも海に風化してゆく。残るのは波間のさざめき。
陽の光にも同化しなくなった,ロマネスクにも調和しないのは
人の異常心理を見続けて,やはり研究テーマよりも,祈りを,
知性の極致よりも感情の素潜りを選んだがため。ぽつ,ぽつと
祈りは雨粒のような調子をしながら地面まで届いてゆく,さあれ
もうすぐ地上につきそうな,そんな調子で降り切らない,とんだ
厄介者もいる。それは人間の姿で僕の生き写しなので,調子とは
言えば,やはり家の壺に這入ってしまって,身体を持たない,とんだ
はぐれ者の妖精さんを想像しては,やっぱり人間の下部組織とは言え,
胃腸を持つ,消化器官を抱くその四肢五体のどれほどに地上的で,その
Groundingしているものか,身体を持つとは,壺に這入った”壺中天”では
ない辺りの本当に美しく愛おしい。

身体のどよめきだって,それは貨幣制度の終わりにあるTowerの崩れる,
そんなざわつきにもよく似て,貨幣も消化器官と同じくして胃腸組織の
ようなありかたをしてれば,いずれ古くなることはあっても,古の知恵,
そうやって,崩れることはないのだろうに,経済制度?うん,いいや。

右手に,緑色の芥川の笛吹き貝を握るようにして,だんだん
削られて,それらも海に風化してゆく。残るのは波間のさざめき。
陽の光にも同化しなくなった,ロマネスクにも調和しないのは
人の異常心理を見続けて,やはり研究テーマよりも,祈りを,
知性の極致よりも感情の素潜りを選んだがため。

浮かび上がってくるのは,船藻とも呼ばれる,航海を経た知性なのか,
はたまた,生命のホムンクルス,新しき桑実態。誕生する息吹なのか,
それかもしくは,赤いあのなんだとか言ったな,護衛艦の見学の際,
波止場に浮いていたあのアカアシクラゲのような猛毒を帯びたやつ,
あんなたくましくスパイシーな存在なのか,そうあってほしくはない,
けれども,やっぱり大豆粉を練って,白湯と合わし,テンサイシュガーと
加えて呑んだような,非常に最近は,五分がゆから,出汁,豆乳で,
くつくつと煮込んだ豆乳リゾット風などに惹かれて,また味噌を加えれば
それは畑のお肉だ。動物性とゆう表現にどれほどの意味があるのか,訝しく
昨今は可逆的にまた,豆乳の植物性に垣間見る”畑のお肉”調理システムを

根本的に愛でゆこう。

アイデア,アイディール,プラトンのイデア。また, みんな愛を,呼称を,出逢いを表す,アイデア, アイディール,アイデア,プラトンのイデア。そう, ”土偶”さんの現れて,その白金たる燦燦と輝いて,その きらびやかな愛とゆうものを,例え今晩で忘れようとも, 根本的に愛でゆこう。
ジャマイカや,キューバン,ヘミングウェイの愛したのは, パパ・ダイキリだけではないのだろう。根本的に愛でゆこう。 だから,”ガルガンチュア”を描いた,ラブレーなどの皮肉相な 顔つきは,あのミカエルらしさの愛らしさも含んで,だから。 根本的に愛でゆこう。”土偶”さんの現れて,その白金たる燦燦と輝いて, そのきらびやかな愛とゆうものを,例え今晩で忘れようとも, 根本的に愛でゆこう。
プラトンは,ソクラテスの師を抱いて,何をか想ったのか?暖かい, ほのぼのとした,陽に囲われて,それが自分のイデアだったと知る。 自分の,とゆうのは剽窃的だ,そう問われて,亡骸から,一滴をまた, 興じたりもする,”興じる。”そう,”土偶”さんの現れて, その白金たる燦燦と輝いて,そのきらびやかな愛とゆうものを, 例え今晩で忘れようとも,根本的に愛でゆこう。
味噌は,白みそはアイスクリームにも使えるとする。何故かしら, 白いものは,白砂糖と。赤ザクロは,赤身のもの,と。茶柱は, 餡子と相伴に合っていたりもする,だから。”土偶”さんの現れて, その白金たる燦燦と輝いて,そのきらびやかな愛とゆうものを, 例え今晩で忘れようとも,根本的に愛でゆこう。
”土偶”さんの現れて, その白金たる燦燦と輝いて,そのきらびやかな愛とゆうものを, 例え今晩で忘れようとも,根本的に愛でゆこう。

根本的にひとつとは。

『根本的に,ひとつとは,  ロダン=ジョット=ウェルキンゲトリクス=フランソワ・ラブレー,  =スウェーデンボリの,ミカエル・アーサーキング・マーリン時代からの,  5&18のミハイル・マナス。カオスの時代から,いよよと以て,第五惑星の  訪れか。基本的に木星の訪れとはそうゆうものだ。』郵便受けに,こんな 置き描きを読む。ロダンの”地獄の門”は,ダンテの『神曲』からの,着想かぁ。 そんな,勉強をしている。平和の訪れに,第五惑星に訪れに,木星の来訪は, 5&18のミハイル・マナス。
平和は,得るものではなく,与えられるもの。 これが,シモーヌ・ヴェーユの語る,恩寵か。 そんな気がして,筆を折る。筆を折るのは, 格好の好い事と受け取られている節があるけれど, 画を描いてなくっても,筆を折りたい事があるだろう。 ”平和の訪れ”に。
平和の訪れる時には,何だか,恩寵,平和そのものの, ”与えられている”気分になる。”輝き”なのだろうか? その”徳”と言われる事も出来る”恩寵”は,何かの輝きにも 似て,以て非なるもの,それは確かに,温かい,必要とあれば ”眩しい”,そうして,また,恩寵は,密やかに行われる祝祭なのだ。
目の前に,”時間”以上の何か,得も言われぬ温かさの浮かんでいる。 それは,目をはなすと,常に温かさとして心の中に佇んでくれる,また 問いかけてみよう。”あなた自身,あなた自身。”確かに,『影』の論理は, 心理学に見受けられる,そうして,”光の論理”も,またあるのだろうか? それが,『影』を超えた”光”であるならば,『”私”』は,”一体,誰?”と, ”双子太陽”さんのような,”土偶”さんのような,そんな熱源体である。
あるいは,また雨の日に呑む豆乳オーレ。 またあるいは,あられの夜に頂く柚子かき餅。 そうして,ヨモギを蒸しては戴く,草団子の, タンポポの花を摘んで,食用菊をつまむ夜に, その熱源体は産まれてくる。そうやって,”土偶”さん, 早く,世界に希みを持って,出かけてよう。 ”The Hope”の絵のような世界でも,もう世界画家さんは, 筆を折りましたよ。そうやって,食用菊は,むしろ コンニャクのお造りに付けますから,安心してお上んなさい, スクワットをして,大地踏みしめ,階段のぼり, 玄関を出る。
『根本的に,ひとつとは,  ロダン=ジョット=ウェルキンゲ…

何とゆう,夜の不思議さ静謐さ。

アンチ・ソラチンとかゆう日焼け止めみたいなのが,昔は
あったって,誰かの対談集か,エッセイのようなもので見た,
そんな折り,『ソラチックに居るのならば,胃腸を快活に。』
そんな,メッセージを受けて,例えば,谷崎潤一郎,彼の悪魔主義,
自嘲,ソラチックに居るべきだ,そうして,神とは何か,善良では,
いいや決してない。業とゆう者と闘う,それが神なのだ。そんな,
こんなの自嘲自戒を繰り返してはいるけれど,例えば朝の祈りに,
平和の頂を,太陽の光に感じたりもする,あぁGroundingとは言え,
それはもう,情熱をいきることでしかない。そんなこんなを,思ったり。
そうして業と出会う。自らを取り巻く,業と。その群像彫刻のような,
もくもくと,暗雲タレ込む鬱蒼とした森の中を進むように,やっぱり,
Groundingとは,業と闘う。業と暮らす,そうして業と共にある。そう,
鬱蒼とした森の中を進むように,時おり白百合の匂いなんかがどこかから,
業と共にある,これこそが生きることのイわれでもあって,そうして,
だから,情熱=業=ソラチックに,これはやはり三位一体的な”生きる”べしの,
発想と親いものがあるので,ぼくらはまた,青汁を健康飲料として呑むように,

ただ,夏には水風呂に浸かる。浸かるのは電気代の省エネにつながるとは言え,
それが目的ではなかったのだけれど,決して心地よいものの外ではない。だから,
白百合の匂いがしてくる,日も陰タチ込めて,段々とアカネの色から暗くなってくる,
またも双子宇宙の入れ換え時,皆の引っ越し風景の始まる夜更けのやって来る。
業も自然にそれと共に生きていれば,それがいわゆる”省エネ”なのだと気づく,うん,
省エネに目的性があるかと言えば,やっぱりそれはケチ根性とゆうより,”省エネ”の
そのもの。ある時は使い,あるときは離れる。太陽と地上の関連をクマなく見れば,そう,
離れる夜更けにあって,もう人は”業”からも,”情熱”からも”ソラチック”からも,または
”祈り”や”平和”からもさえ離れてる。そうゆう”夜”を何と言ったか?それは,クマなくまた
調べれば,やっぱり”双子宇宙”の別の階層なのだからイタって平然と平和を生きればよい。






最遊次元は, 脳髄まで溢れてる

以前,人形焼=BAKED MASCOTTで個展をさせて頂いた折にも,
何故,~焼,とゆうネーミングは使われているのだろう,思いながら,
不可思議に首をひねって,展示をさせていただいたものだ。さっそく,
弟のイスキリ=弘法大師空海=九郎義経=坂本龍馬=太宰治氏の,せっかく,
私小説らしい『富岳百景』を,好んで読誦する,その妄想を楽しみながら,
ミカエル思考=虚体的妄想と,段々に情緒的発想を楽しみながら,さすらば,
またも,妖僧文観=チンギス汗=伊藤博文=岡潔先生の生れ変わりに親い,
そんな景色を愛でながら,また前者=今川義元の,そして後者=古田織部で,
今川焼とは,だから,京都の重鎮が,奈良への転生を繰り返す,そんな,
大ナムチ(ヤマタノオロチ)⇒大黒さん(サナト・クマラ)への転生を繰り返す,
焼かれていった,それはRED BEANS CAKE,紅豆餅=今川焼の姿なのだ,僕は
家の近くにある稲荷さんに,遠い歴史を挟んで,妖僧文観の墓であるような気のする
かつては後醍醐天皇も,あの大神山を臨んで,薄いお酒でも嗜んでいる,そんな姿を
ひたひた,と映る自らの顔に,ぽつ,と木の芽などが落ちて”あぁ,愉快。”こんな風

今日は,風疹のワクチンを接種受けたもので,何だか妙にハイなので,帰りに,
ウィンナー・デニッシュなどを買い込んで,うちカフェを楽しんでいる。その折,
ルビー・モレノ,アル・パチーノ,エリック・クラプトンのようなイタリアーノ,
ミラノ・コレクションのような発想しか思い当たらない自分をみて,あぁ,そうか。
いくら食べきれても,足りないのだ。もっと京都に戻りたい。なぜだか,ヤマタノオロチ
の彼の神さまはどこまで,どうしたって存在している。どうしたって,とゆうのは多分,
このままお風呂に浸かってしまえば,また一層のそんなインパシー,テンパり多分一層
ロマネスクな気分にもなるのだろう,ヤマタノオロチが自分の中に存在している,それは
誰だ?なんの自己同一性だろう,そうして京都に戻りたい。なんてゆうのは,だから。
いくら食べきれても,足りないのだ。一日中貼っていたガーゼのシールを,剥いでから
お風呂に浸かろう,そして木の芽を食べる新緑のシマリスのような心地で,それはもう,
京都に戻り,泉に浸かり,抗体に脳髄までひたろう。


5&18のミハイル・マナス

岡潔先生と小林秀雄さんの対談を猿股に炬燵姿で読みながら,

『ロダンは,地獄の門。
 ジオットは,イコン画。
 ウェルキンゲトリクスのガリア。
 ラブレーにガルガンチュア。そうして
 スウェーデンボリの霊界日記を読みながら,
 人間の第五要素と,繰り返して第18要素の重なる,あの
 彼らは,ミカエル大天使長なので,さあれ,大庭園に一輪挿しを,
 敢えてするなら,芍薬の長。』

こんな,三島のお家の写真集を眺めながら,第五惑星期にでもなれば,
通用するような話を,秘密の花園に薔薇の咲く,そんな姿の白亜亭。
耳からぷつぷつトーマス・マンの秘密のストーリーが抜けて行くような,
シルクロードの彷徨う黄砂のようなウコン・ストーリーを掲げてあるく,

黄ウコンの調理にやっぱり欠かせないのは,沢庵の大根堀りか。結局は,
そこに落ち着くのである,決して,サフランライスの代用品にでも,カレー・スープに
加えることに落ち着かせようなど勿体ないことにではなく,沢庵の漬方に使うのである。

ウコンは,第五要素のマナス。なますでもよいけれど,柿や,ナマコのそれらにも,
それで柚子はどこかしら?思わず,庭を見廻すのでもよいけれど,マナスは,ロダンら
ミカエル大天使長の遣いなので,天の使いの遣いとはよくわからないけれど,それが,
地球期の先,木星期ならば,まだ通用しそうなものだけれども,世の中は,まだ大蛇退治
彼らは,天の叢雲の三島を発掘しては太毅繁盛,血気盛んに意気揚々燦燦陽光の中を,
歩み寄ってくるのだろう,薔薇の咲く秘密の花園。

5&18のミハイル・マナスとは,いたってそうゆうものである。だからこそ,
大きな赤子岩のぶつかっては,衝突するその瞬間に桑実態になるような,そんな
身を開け放っては,快く,熱い日射線を浴びる,エンパス指向とゆう共感作用は
受け身の受容態であるごとく,非常に強いものである。角質化する皮膚と同様,また
その精神体も非常に強くなってゆく,その受容態であるごとく。そんな,だから

受け容れることの強さを知ろう。それはその時々,それぞれの状態でいただくあの,
黄ウコンのシルクロードである,春の一番に訪れる,陽光の中のスパイシー黄ウコンの,

岡潔先生と小林秀雄さんの対談を猿股に炬燵姿で読みながら,

『ロダンは,地獄の門。
 ジオットは,イコン画。
 ウェルキンゲトリクスのガリ…

三島アルカポネリスム。

トーマス・マンに与することは多いだろうけれど,その
『魔の山』にモチーフ化された富士療養所の闘病紀行文は
日本のロマネスクのモチーフに源泉として響いていた。
三島はフグのテッサのように調理されて世を去って逝ったのだ
木戸孝允はタイのハヌマンのような壮絶な終りのゆきかた
サド侯爵,ああ彼は,まるでロマンチシズムのみなもとで。
マッキャベリズムと修道士のフラアンジェリコを足して2で割り,
そうして出来上がったのは日本の美なのだ。確かに,集合魂的では
ある,日本の食文化からヒューマニズムに換わる何かにさえ,ほんとに
集合的なあり方をしている。だから,それらを変えるとゆうテーマでなしに
包括的に集合するその物事以上に,何かを変える手段は敢えてない。
融け合う,これだけなのだ。自然を神として祀る,これ以上に本来の
マッキャベリズムを超える,あるいは同化している何かはあり得ない。
自分たちの卑下とゆうスタートではないのだけれど,酵素的な人間自立以前に
それらは,やはり水の低い所にながれる。あの,それはもう,融け合う外ない。

固定してしまうとする,例えば年齢に応じて,僕は固定してしまうとする,自らの
反射機能や,その精神自態を。そうして,ロイヤルの獅子の意味を探るのだ。その
中には,ロマネスク以上に,何らかの加持祈祷なる回帰飛翔など含まれている。そう,
だから,回帰飛翔などに相対して,自らの固定された反射機能や,その構造などは
だから,元来飛翔さるべきものとして,獅子の像を形成している”そんな夢”を,または
木の目の照り返った陽光に比された闘病記的ジャパンロマネスクに到着点を定める。
やっぱり何かしらの宇宙飛行して次の宇宙に移るとき,それは全快した決着する酵素の
桑実態と何かで聴いたことはあるけれど,自らの2度産まれ2度なくなる,その間には,
精神構造その実体自態が構造として産まれる,脱皮ではない,細胞分裂の以前に,その
ホムンクルス嗜好の高い,産まれる時に新しい精神の生まれる。そうゆうロイヤリティを
是非とも体験したいのだ。胃腸全快,天地爽快,泰山自若の山河翠明,その滝の停まる,
停まった先には,花鳥風月も停止する。そんな瞬間を心待ちにして2度産まれるのだ。
珈琲は熱いが良しとする。そうゆうことではないときもある。ショコラータにしたい。
そうゆうことだってあるのだ。停滞して,…

双子宇宙でどこまで。

どこまで”自分”が,やれるか?それは,どこまで情熱家の
姿が続いて行くか?あらためまして,トーマス・マンに問いたい。

僕には,トーマス・マン=大ゲーテ=ミケランジェロ
=ウィリアム・シィクスピア=ウィリアム・ギョーム征服王の,
聖ヨゼフとしての髭を生やしたヨークシャテリアのような親父さん,
そんな姿が浮かぶのだけれど,マティーニ,コニャック,ブランデー,
いつもそんな匂いをさせているヨークシャテリアおじさんの,それを
LONDON ONEとでも呼ばせてもらおう,解釈はさまざまであるけれども
LONDON ONEのヨークシャテリア親父さんの姿は瞬く間に存在する。

情熱はどこまで続いて行くのか?わからないけれども,自己解釈として,
キーボードを執ってカチカチ進めてゆくのを待って,情熱=悲愴とは,
月光としてつながるなんて,神であるベートーヴェンの光背後光を眩しく,
敢えてドイツ民族としてのトーマス・マン=大ゲーテの,それは,また,
トルストイ=ベートーヴェンに神としての閃きを瞬く間に存在するその,
月光ソナタのまばゆさをそうだ,どうにかして,緑の深いあの香りの中へ,

情熱はどこまで続いて行くのか?ソクラテスは神のように情熱家であった。
ソクラテスの神のようであったのに,大ゲーテ=ウィリアム・シェイクスピアは
まさにアダムのように人間らしいヒューマニストであった。だからこそ,その
人間らしさを発揮して,頂き物の情熱家ではなく,天来のハードボイルドでは,
まさにもちろん,外部に実践体力型の作為精神ではなく,無作為に凡庸な情熱,
それを,懊悩するのは静謐なその凡庸な情熱家を,見てみたいのだ。トーマス・マン,

トーマスは双子を意味する,クリスチャン・ネームだそうだけれど,双子宇宙を
活きる情熱家,双子宇宙に分裂しそうな,昼夜を活きるしかし夜はあてもなく涼しい,
統合するのは,双子宇宙があるからでもなく,脳幹身体のあるからでもなく,もう,
だからそれは,あなた=私のいるからだ。リレイションシップ,あなた=私は,その
道路を走るときのミカエル思考からすれば,実体のあなたではなく,世界のあなた,その
世界のあなたを橋架けて支えている宇宙の姿。双子宇宙を活きる情熱家は世界=あなた。

僕には,トーマス・マン=大ゲーテ=ミケランジェロ
=ウィリアム・シィクスピア=ウィリアム・ギョーム征服…

芸術ミカエル思考,

エンパス指向とゆうものに関しては,どの道路が好き?
わかります,たぶんどの道路でも国津神vs.天津神やってる。
フレンチブルvs.ゴールデンレトリバーでもいっか。そうして,
焼き菓子か,洋生菓子か本当に,いつも迷ってる。それはもう,
道路を走るだけで,天空の城を追っている,エンパス指向は,
夜になって豆乳オーレを自分で割って頂く,カフェインレスと,
かき氷はまだ我慢だから,とにかくも氷で割ったドクダミ茶を,
一気に頂きたいから,熱くなりましたね,本当に暑くなりました。
だから,道路を走るだけで,天空の城に辿り着くのだ。ほんとうに,
半袖でもう居たいくらいなのに,そうして虫が鳴き始めたのだ。今日,
ほんとうに,虫が鳴き始めたのだ。それは,奇跡としか言いようがない,
それに気付けた自分の,半袖でいいと言っていた自分の,季節と共に,
天空の城に行く景色がもう見える,夏のあの居城,それは桜桃マティーニ。

エンパス指向とゆうものに関して,偽悪とはゆうけれど,ほんとにそれは,
気付かないものである,自分のルーツでは確実に道路が好き指向,それを
ミカエル思考ともゆうようだけれど,それこそ目的で,業の泉に湯浴みする,
その思考のほうが目的で,この熱気におぼれる,そうなのだ,エンパス指向とは
業の泉に湯浴みする,目的自体として,悪に化する,そうしなければエンパス指向,
つまりはミカエル思考,偽悪とはゆうけれど,ほんとにそれは,気付かないものである。
きっちりしているようで,ゆるゆる。情熱家のようで,スマート。冷房は,道路を走る,
もうそれだけで解決してしまうものなのだ。かと言って,もう部屋着は,半袖短パン,
横手に換気扇の形をした送風機を回して,得意になって氷水出しのドクダミ茶を呑む,
甘い,とにかくも,偽悪とはゆうけれど,道路を走っているだけで暑くなってしまう,
そんな季節のきっかけには,偽悪になるとしか言いようのない”平和”嗜好の,必ずにも
付いて回る。換気扇の形をした送風機,頭の回転するドクダミ茶,甘い,その理由に,
もう少し経てば,この地球も回ってくる。
そんな確信を,待っている。120パーを網羅する,とゆうのは無理なんだけれど,
それをする偽悪とはゆうけれど,木の実をかじって一度,顔がドングリになる,それを
ミカエル思考,と古今東西では言っただろう。冷房は,道路を走る,も…

若竹煮と珈琲。 エロイカと無伴奏。

業のカスタード・ケーキを頂いて,そうして,あの
春の夜明けに,グリーン・ティでも,いっぱい啜って,
緑の桶の中に浸かり込みたい。緑は咲いている,また
とろけるような調子で砂埃たちは陽光に散らされている,

LONDON ONE,見事に漬かり切った,あのアラベスクの
尖塔突端の,ぼくはシナモン・ビスケットを,あまりにも
多く食べ過ぎていたみたい。そんな,化学反応でもあるのか,
人生に,麦芽の栄養を必要とし過ぎたみたいだ。ネギ抜きを,
収穫のことをそう呼んでいるけれど,ネギ抜きをしていると,
なぜこんなにも,身体が重いのか,ヨークシャテリアの,
よくKnightの称号に,鐘を鳴らした,Ding-Dong...。
あの,だから,BIG BENに潜むリヴァイアサンのような,
BEN REDとゆう神獣さんのまたどうにかして,その存在は,
別様に,命を奪うようなことはしない,生命ありきの存在だ。

だから,フレーバード・ウォーターのような,植物水を,
例えば,キウイのツル,ネギの葉先,ヘチマ水のようなものへ
求めたとして,いたってそれは,ココナッツ・ウォーター。
麦芽の神さまを痛めるような,別様に,いやなにおいもない。
だから,天津神や国津神,平安と鎌倉,埴輪と土偶の違いのような
そんなヤマト・イズモのバランスを言われても,僕は,困って,
ならば,パーテージの少ない方へいつも偏っていこう,と向かって
反対の方へ,Converseへ向かいAdjustmentに”The Star”の
フォーチュン・カードを引こう。

業のカスタード・ケーキを頂いて,そうして,あの
春の夜明けに,グリーン・ティでも,いっぱい啜って,
緑の桶の中に浸かり込みたい。緑は咲いている,また
とろけるような調子で砂埃たちは陽光に散らされている,

どうしたって,大黒さんの背負っていた重い荷物は,
小槌とセットになったって,重たいまんまだから,そうやって
緑の匂いを嗅げる,新緑の初夏に到るまでの青い季節に,
僕らは,他者依存,外界依存,季節依存の中をもぐっていく。
タケノコは今から,”Ding-Dong”若竹煮にして頂こう。これは,
本当に地産地消だ。緑の酵素。これが,青い季節の憚りなく,もう。
美味しい,珈琲と若竹煮。そうして,ベートーヴェンと,あの,
響くようなバッハ無伴奏があれば良い。もってのほかに,ない。そう…

段々春風,吹く間。

暖かくなって,(今日は25℃まで上がるそう。)
家の天井板の,ピキ,ピキ,音を立てている。
フキノトウが起って,桜は散っている。
川の淀みがエメラルド・グリーンにまで
浮かび上がって,またいつかのように,ウグイの
紅くなったのなどが釣れそうだな。
自然一体化=忘我の告白より以上の,傍若無人な
春になって,段々春風,吹く間。

本を読むくらいなら,考えていたい。
そうやって,平安を願う,そんな存外自然描写を好む,
この性質が改めて認識されて,確かに,閃きによって,
思い浮かぶように,ふ、と。
溜息のように化学反応する表現は,春の息吹のように
のどかで暖かいかもしれない。
存外自然描写にそうゆう閃きを常に求めていたのは,
自分で気づかないくらい,『化学反応』を求めていた。
継続性を,芸術とは,
『練り続け,想起して,打ち続ける。ノミ,彫刻,靴底。』
続ける,とゆうことに,何よりも思考の糧を促すのなら
芸術は,やっぱり段違いに,耐え抜くこと,それと堅いこと,
それから,きしむこと。

暖かくなって,(今日は25℃まで上がるそう。)
家の天井板の,ピキ,ピキ,音を立てている。
フキノトウが起って,桜は散っている。
川の淀みがエメラルド・グリーンにまで
浮かび上がって,またいつかのように,ウグイの
紅くなったのなどが釣れそうだな。
自然一体化=忘我の告白より以上の,傍若無人な
春になって,段々春風,吹く間。

頭の回転=思考角質化。

頭の回転を良くしながらも,思考の角質化を防ぐ,そんな在りかを探そうとして,珈琲を呑む。忘我を,例えば無我の境地で散策するようにして,とある,その冒険のような1日を過ごすとして。淡々,恬淡,飄々を,標榜して,頭の回転を良くしながらも,思考の角質化を,防ぐ。カリオストロの父性を,プルーストの神性に照らす,ウィリアム・ブレイクのディレクションに掲げれば,そのマグダレーナの聖母に還る,またバルタザアルに順ずる。浸潤するその過程で,フィルターが形づくられる,それは,角質化思考の高速回転する頭脳ではなくって,父性から,神性をディレクション概念化の移す。みたまでは脆弱だ。しかしながら,みたまの風の吹かなければ申し訳ない。 基本的に,エンジニアリングのない想定内でコミュニティはつくられていくものだから,いつも写真共有をしながら,周知の事実としての評価確認としての自己評価によって,写真評価のポイント制通貨に交換経済的な発想に,農業者も加わって食材のシェアをすると良い。エンジニアリング,農業,写真通貨の三本立てで農業者も気のはやる美味しい経済のできると良い。菜食主事とは言わないまでも,現在のコミュニティにエンジニアリングの加わらない所を観じるに,健やかな食事,健やかな食事,写真2枚とサツマイモの交換できるような経済の胃腸にさわやかな,それはやっぱり忘我の告白的な発想が良い。それは,珈琲を呑むときの。みたまとゆうのは,思考に栄養を加えるが,とどのつまりはコラーゲン的な,犠牲者像の親い者である。祈りの思惑に,取って付いてくれた恩寵のようではあるけれど,まるでその追悼は慈悲深さを連れてくるそんなみたま。みたまでは脆弱だ。しかしながら,みたまの風の吹かなければ申し訳ない。それは,もう良いじゃないか?そう,呟くのである。もう良いじゃないか?そう,償いとはまた,世界の業の運び手,到着したのだ,荷造りは解いて,水浴ホテルに泊まろう。

1/2=1/4=1×25・4。

『堀辰雄=織田信長と,立原道造=千利休の,
 あの立茶に対しての太宰治=古田織部。
 何故,津和野の乙女峠に織部灯籠なる史跡の
 あるのか,不思議だった。そうして,乙女峠の
 殉教の地に織部灯籠のあることに,何故だか,
 妙にはしゃいでしまった自分の可愛さおもい出す,
 織田信長が根の堅州のスサノオ神のようなImageで
 思われるのは,太宰治の常世へ返る黄泉平坂,いま,
 世の夢より醒めんとして,うたかたならぬみずからの,
 オリジナリティーを織部より信長のほうにみえてしまう
 のを。まだ,夢から醒めぬ気か。醒めれば,”終わり”。
 そうやって,みな本物に返ってゆく,常世の国はまだ
 真実であり続けるから,漱石=LONDON ONEは,やっぱり
 この世の荒神さんとして,信長の台座より入れ換わって,
 文学の道標を灯して示し続けるだろう,太宰=織部の常世に
 みずから滅びるとする,それが道程であり,目標を人生に
 掲げるなら,それは”世の夢より,常世に入れ換わることだろう”。』

 片づけをしている時に,半分までしてゆけば,あとの半分は,
四分の一の労力で済んでしまう,とゆうテーゼはあまりに単純で,
実際は,四分の一が終わってから,もう一度再度同じことが繰り返され,
そうして,その後それは正味25回は繰り返す。そうして,それは全て。

お湯挿しサーバーなる,ティーサーバーなどを挿し湯の使い方で,
珈琲を淹れる習慣は,少なからずも着いてしまって,解凍鯛焼きを
焦がしながら,あぁ豆乳と割るのはいい加減にしなきゃなぁ,それは
ドリップの時の熱の伝わり方はそのまま維持して器に移すのだから,
なんとか豆乳も常温に親い仕方で保持しておかなきゃなぁ。

そうやって基本的には腹下しになる前に,あんこを頂いておくのは,
カロリー計算をしながらも,さすがの小倉餡。そうして,食欲よりも
お腹を満たすのは甘味なのだ,と言って,また。今夜は,デカフェの豆を
要り様に感じながら。スーパーに行って思うのは,きっと産地の野菜を,
いかにグリーンサラダなどとして頂けるか,そうゆう腕を組む2秒前に,
身体のなかで溜め息をつくようなそんな,あぐらを組む2秒前のような,
1日の終わりを迎える,あんこはまた夕食前にかならず食む,おやつの,
あんこはまた,夕食前の仮眠のような。

大谷崎の生命線。

『三島は,ヤコブ=ピラトゥス。桂小五郎は,龍馬に
 LONDON紙幣を渡したことになっている。なので,
 太宰は,三島に勇気を貰った,何だか精悍なのだ。
 そうして,大谷崎の生命線は,受胎告知をした時に
 もう,”ロンギヌスの槍は事実,ヤコブの杖だった。”
 とゆう三島イズムには常に”太宰=龍馬=イスキリ”の
 救済とゆう業を抱いて,受胎告知の行われる,そうした
 ”イザナミ=ガブリエル=谷崎の,美談創出シナリオ。”』
のあっての”三島=木戸孝允=ヤコブ=ピラトゥス”美学。
もちろんのこと,そうしたいのではなく,そうすべき。
『何故なら”美”とは創出の際に何の”音沙汰”もなしに。』
”美学”とはそうした,音のない音楽会であるべきだから,
雪の降る夜に,音のない”Gainのする音楽会のしんしん。”
まるで”細雪のようだ。-冗談を言っちゃあいけない。”のだ,
カロリー計算をしてまるで音のない買い物のような,食事は
決まって,1日の生命を差し引きしているBasic Income制度の
立原道造と堀辰雄の友情は,板垣退助と西郷隆盛の関係のようで,
豊臣秀頼は織田信長にとっては,安徳天皇の平清盛によっての,
また橘逸勢と嵯峨天皇の間の,そうして一遍上人からみたクビライ汗は
どうしたって,Heroのようにまた映った。それは,どうしても,また
ヒロイズムは,決して批判主義ではなく,分け入つても分け入つても
青い山,と謳った種田山頭火の頭上には,常に連綿としたうろこ雲ひとつ,
ふたっつ遊行に身をついやした一遍上人の加護には織田信長位のヒーローの
相応しい。ただそれだけの遊行=立茶の関わりの中に身を置いてみる,そう,
もうすぐいわし雲の季節にもなる頃の,おはぎでも頂くあの先頭に立って,
逗留する『信長の居たころにゃいわし雲』その山寺にはいまも残ってる。『三島は,ヤコブ=ピラトゥス。桂小五郎は,龍馬に
 LONDON紙幣を渡したことになっている。なので,
 太宰は,三島に勇気を貰った,何だか精悍なのだ。
 そうして,大谷崎の生命線は,受胎告知をした時に
 もう,”ロンギヌスの槍は事実,ヤコブの杖だった。”
 とゆう三島イズムには常に”太宰=龍馬=イスキリ”の
 救済とゆう業を抱いて,受胎告知の行われる,そうした
 ”イザナミ=ガブリエル=谷崎の,美談創出シナリオ。”』

たぶんとんでも。

知り合いがいなければ,描けないような拭き心地の窓ガラスに。


アウグストゥスは初代ローマ皇帝,Royal Lionの爽やかな精悍さ。
バルタザアルとは,彼の謂れ。アグリッパ,カエサルなど,聖書の
時代に,よくも同居した立法者。そうして,傷跡は双子宇宙だから,
ツイン・ソウルなどと呼ばれる,彼らの傷は,桃色の恋。それで,
漱石は,Royalだったと感じる,則天去私だから,LONDON ONE。

小林一茶は回転するわだちを残せば,Chariot。とっても激情する。

太閤秀吉には,やはり回転するわだちの以前にカリスマの東洋美。
天狗のような鼻をして,西洋人らしい顔立ちの,直立するカリスマ。

源実朝には,金槐和歌集なる作品があるけれど,飄々と冗談のような,
コミカルなギャグを跳ばしている彼だから,鶴岡八幡宮の境内を,
山犬に乗ってきゃはきゃはと翔けまわっていたような。冗談めいて。

平宗盛には,酔い加減の酩酊状態を,平凡さで呼ばれたけれど,彼の
知性はその霊媒的な体質だろう,霊能者,霊能者,彼の本質とは,酔拳。

後醍醐天皇に至っては,指一本に触れるまで空気がその機微に凍るような,
非常に繊細な優美さを感じる。

それ以前に,道鏡なる僧侶が居たと伝えられるが,彼のそんな天性にしても,
もう逸脱性ほどの個性を当時のカリスマとは怪僧,彼自体が街であった。
空間を動かすとはこうした呪術性に隠匿性,そうして神秘主義的な傾向。

桃色の恋は,だから傷跡のツイン・ソウルの証だから,肉体には双子宇宙。
本質論に至れば,この世の本質とは,まるで因襲。取り憑くのほど因襲の,
本質論に至れば,世界の実質とは,骨身に沁みる因襲。桃色の恋は,伴侶。

知り合いがいなければ,描けないような拭き心地の窓ガラスに。

アウグストゥスは初代ローマ皇帝,Royal Lionの爽やかな精悍さ。
バルタザアルとは,彼の謂れ。アグリッパ,カエサルなど,聖書の
時代に,よくも同居した立法者。そうして,傷跡は双子宇宙だから,
ツイン・ソウルなどと呼ばれる,彼らの傷は,桃色の恋。それで,


因襲があるとすれば,生活に影響を与える,それは明智光秀のような,
謀反に終わる,人生の機微に切なさを,行動に向かう前に,もうすこし,
考える暇のあれば,など切にそう感じる。勢い任せだから,いつも焦ってる。

詩人が土佐勤王党に斎藤道三の墓を訪ねれ…

月と,この星。

雨上がりの春の夜明けには,小鳥たちのさえずりがなつかしく
輝きはかがやいて,ピタピタと,響いてくる。
こんな雫の落ちる最中,地球に溜まった水分の酵素質は,きっと
神秘学にゆう”ルシファー”的な要素で,また隠れはしているけれど,
太陽に潜む熱射線のような熱体質は”アーリマン”なのだと,気付く。
この月と,この星を活きる僕たちには両者を取り入れていきることは,
必須項目のように感じられ,それが,現代のまた,”ソラト水”と”アスラ陽”の
間を行ったり来たりするこの,Groundingとゆう意味のことなのだ,と知る。
自ら”悪”として,Groundingしていきるとゆうことは,ただシンプルな,
この星と光りと水の中に潜む酵素質の中を活きる,とゆうそれだけの事なのだ。
雨水で珈琲を淹れるような,そんなことはまさかしないまでも,雨水で飴を
まさか練りはしないまでも,雨水が,小鳥たちに珈琲を淹れてあげたり,
炊飯などしているイメージは容易にするから,浄血作用や,排毒手順などを
講じる前に,雨上がりの春の夜明けには,小鳥たちのさえずりがなつかしく
輝きはかがやいて,ピタピタと,響いてくる。

パンタグリュエルのラブレー。霊界日記のスウェーデンボリ。ウェルキンゲトリクスは
緑の萌える砦の上で必死に妖精の匂いを嗅いで,ジョットの天文学的絵画要塞,そして
ロダンによる言葉の日本における数々の軌跡のそれはMichael,彼はミカエルの姿。

アレクセイ・ミハイロヴィチはピョートル大帝とエカチェリーナ1世の父君だけれど,
白金に光るその清純な軌跡はまた,貫徹する意志の奇跡の礎。また,カール・マルテルの
籠城しても敬虔に耐え抜く兵士の方たちの純真さには,やはり神の奇跡。そうして,また
その敬虔さは,彼ら”神”を称えたMichaelのウェルキンゲトリクスへと直結する。
深緑からの森の匂い。そこから遣ってくる数々の理性的直感。もうすぐ,遣ってくるだろう,
夏に備えて,衣替えをする自然の姿。

LONDON ONE,漱石=道鏡=太閤秀吉=小林一茶=源実朝=平宗盛=後醍醐天皇の
そのままその姿は”アウグストゥス=バルタザアル賢者”のライオン像。とんでもな話,
それは,そうだけれど今はない高輪のホテルに滞留していたその姿を思うたびに,それが
誰であれ,”アウグストゥス=バルタザアル賢者”だなぁ,と感慨深く,…

発想する八艘。

フランツ・クライン画伯のベートーベンMaskのあるから,
グレン・グールド先生のベートーベン変奏曲があるから,
生きて行ける。ソクラテス=マルティン・ルター=キケロー
=ベートーベン=トルストイ=諸葛亮孔明のそんな系譜を,
聖アンナ母子像のアンナの祖父は”神”であった。などと,
ほくそ笑いして,アンナの父母は,カストロ議長とヘミングウェイ,
聖アンナとその夫,つまりMotherMaryの父と母は岡潔先生と
シュヴァイツァー,マリアとヨゼフは,ヘッセとトーマス・マン。
だから,ソクラテスやトルストイの美談とまで言われる,”悪妻”の
クサンチッペなどは,もう”かみさん”で仕方ないので,”神のかみさん”。
愛していたのだなぁ,愛していたのだ,”神のかみさん”。創作次第には,
フランツ・クライン画伯のベートーベンMaskのあるから,
グレン・グールド先生のベートーベン変奏曲があるから,生きて行ける。
船中八策ならぬ,発想する八艘。”赤壁の賦”を詠む詩聖,蘇東坡の心地に
なって,初夏の匂いを寿ぐ,それは,ベートーベンの情緒,限りない,
バッハ=ヘミングウェイの音楽=詩性をつなぐ何らかの”照葉樹林”。

よくよく考えていた,クールベやコロー,ドービニーなどの,心理風景画しか,
創作の出発点や”終着点”,あくまで戻ってくるべきアートの指標も,風景画。
だから,中学の写生スケッチの思い出などはもう,GOLD。黄金期の創作で
あるし,魂の風景画しか,なにがしかの表現は,僕にとってない。だから,
フランツ・クライン画伯のベートーベンMaskのあるから,
グレン・グールド先生のベートーベン変奏曲があるから,
生きて行ける。
風景画と,メッセージ(この世=業の流れ的発想),あと楽しんでもらうための
環境づくりを試してゆけたら。守破離=正反合=後先中の想いあふれて,まるで
シナモン=桂皮の匂いをシュトーレンにこころみるような,マルティン・ルターの
信仰告白上の賛歌を,『フランツ・クライン画伯のベートーベンMaskのあるから,
グレン・グールド先生のベートーベン変奏曲があるから,
生きて行ける。』と言って,投げ出していけたら,そっくりそのまま,善と悪のあいだに
立って,聖アンナに世を託してゆけたら,このまま清濁併呑,シナモン=桂皮の香りは,
夏の虫下しに,”照葉樹林”を呑むようにして,非常に深…

そうゆう次元の,妄想なのだ。

夏の入り口に,アイス・レモングラス・ミントティーを
呑んでしまったのが,業の泉の門を開いたきっかけ。
諧謔のすえに,ロマネスクを求めて,門衛に訊ねたのが,
幾重にもかさなった,何人もの人生をパラレルのように。
ロマネスクの先に,パラレル・ワールドのひろがる。
入り口があれば,出口のある。それは,門衛に道を尋ねなくても,
もう,お家へは帰れる。ドクダミ茶を呑んで,何人もの人生を,
下る河のように訪ねて,無意識の大海へ這入る。
『そうだな,とりあえずは,お家に帰るか。』そう,言って。
『やっぱり,芸術の神は,無意識の構造だなぁ。』そう,言って。
『眠りの国へ,返ってそれは。無意識の構造だなぁ。』そう,言って。
お腹が空くとゆう事は,眠たくなる,とゆう。そうして,それは
無意識に還る事とは,春の気配に恍惚と,浸潤するドクダミ茶の,
頭頂部と,尻尾の生えるあたりが一気につながって,眠りの国へ,
意識を保ちながら,眠りの国へ。そんな,大河の一滴を,夢見ている。


早朝になって,階下に降りて,食材がないので,豆乳リゾットを。
油をひいて,お米をひとにぎり,初めに食塩,コショウ,ダシなど,
振りかけてしまって,一分ほど炒める。水を足して,くつくつ。
途中で,豆乳を足して,くつくつ。さらに隠し味に,お醤油。たぶん,
お塩は多めに入れる位が好い。十五分くらいで食卓に上るから,それは,
もううまくゆけば,”バーベキュー・リゾット”などと,焼き肉の食味を
期待しても良い。と,ゆうことを”とっても美味しいのだな。”と,早朝。
鯛焼きの冷凍庫に一個だけあったのを,それでは寝ず心地のこの憔悴は,
到底満たされないから,と苦肉の策だったけれど。そうゆう,困窮は,
もっと,得てして,優雅さへの入り口で,ジャガイモ料理の礎の上に,
ヨーロピニアリズムは成立したのだ,と日本の豆乳リゾットを想い,
確信に抱く早朝の春。

眠ることではなく寝られないことを人生は選択していたのだな。
”食べ過ぎてはいなかった,けれども,空腹にはなっていない”眠前に,
どうしたって寝られないはずはないのに眠らないことを選択する。
ひたすらに称徳天皇のような弥勒菩薩のような女神ヒステリクスを,
それは芥川や東照宮のような影ではあるにはあるのだけれど,そんな
女神ヒステリクスとゆうような光陰を感じながら,まだしもこんなにも
冗長な…

芥川と安吾と太宰。

家康=頼朝=芥川の知性の影の,龍馬=九郎義経=太宰の
その連環を想うのに,差すような知性はどうも,知性的。
あいだに立って,夕立どしゃ降りの安吾先生の朗読する。
塵灰立って,春の初雨の通り洗い流してゆくのに,優美な
甘い酩酊の心地をするように,甘酒を口にして,瞑目する。
三四郎とゆう家の猫は遠く上の方にある天井近くの網戸に
居を構えて,ひたすら小一時間はジッとして外を眺めている。
たまにサッシと棚のあいだになど落ちてしまって,なかなか
登られないでいるのを助けてあげる折などには,もうすぐ,
もうすぐ雷か,霧のでそうな風情をして一目散に上の網戸へ
掛け上がる。飛び跳ねるように昇ってゆくのだけれど,一時期
危ないからと障子まで閉めてとじてしまっていたのを,春の
驟雨や暖かい陽ののぼる気配などに誘われて,飼い主自身が,
網戸を開けてしまった。

緑雨とでもゆうのでしょうか?葉っぱの上を落ちるしずくは,
植物のなかまで這入ってゆくことはない,通るのは真実だけ。
ヨモギ餅を餡コロにして,滲みるのは真実だけ。身体の中を
とおして,エンパス指向には殻の中を通って,真実だけ。また,
真実だけ身体の中を通る,春の気配に,恍惚と浸潤。

家康=頼朝=芥川の知性の影の,龍馬=九郎義経=太宰の
その連環を想うのに,差すような知性はどうも,知性的。
あいだに立って,夕立どしゃ降りの安吾先生の朗読する。
塵灰立って,春の初雨の通り洗い流してゆくのに,優美な
甘い酩酊の心地をするように,甘酒を口にして,瞑目する。
三四郎とゆう家の猫は遠く上の方にある天井近くの網戸に
居を構えて,ひたすら小一時間はジッとして外を眺めている。
たまにサッシと棚のあいだになど落ちてしまって,なかなか
登られないでいるのを助けてあげる折などには,もうすぐ,
もうすぐ雷か,霧のでそうな風情をして一目散に上の網戸へ
掛け上がる。飛び跳ねるように昇ってゆくのだけれど,一時期
危ないからと障子まで閉めてとじてしまっていたのを,春の
驟雨や暖かい陽ののぼる気配などに誘われて,飼い主自身が,
網戸を開けてしまった。







芥川のコンパス,三島のドラ。

芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。
『近江屋事件のあった当夜,龍馬の脳髄には,
 桂小五郎の訪れを見た瞬間凍り付いた記憶が。
 桂の姿を見た時,龍馬の心中お察し申し上げる。』
こんな,その夜,龍馬の供にした食事の中に,塩ブリ
のあったことを,そうして,その裏に睡眠薬の貼ってあった
ことなどを察して,僕は,ひたすら彼がLONDONまでの
道程を,船底にムシロに横になって朧ながら波の打つ音。
『芥川=ヘロデ王は,頼朝の時世,武家政権を建てた時分に
 もう,人の役に立つことを決めた。龍馬=九郎義経を以降,
 討つ気配はないのだから,ヘロデ王の自作自演のイスキリの
 パノラマのような。三島は三島で,太宰を訪ねた時には,もう
 殺意はなかった。そもそもなかった。三島=桂氏は,
 太宰=龍馬の盟友。』で,
芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。
そもそも,太宰=龍馬=九郎義経=空海の,それは復活劇として,
はたまた,岡潔=伊藤博文=チンギス汗=妖僧文観との対応に。
以上なコダワリを見せては,やはりイスキリ(イエス・キリスト)の
復活劇を連想させる彼は結局何人もの役を妖僧としてもとめたのだ。
イスキリとは例えば諏訪湖に眠るとゆう菱形の信玄墓のように。
大国魂とゆう言い方は変だなあと思っていた。伝説としてある意味,
ああゆう信玄墓のようなシェルターを通してしか大国魂にはなれない。
伝説を言説として説話としてみるにつけ,神話らしい神話には,あまり
常識らしい常識は通用しない。オーガニックでも,信仰でも,眠りでも,
余裕をもって生きる事でもない,伝説を活きるとは,黄金伝説のように。
堅牢に頑強で集中して『一変感謝。』本当に,ありがとう!とそう言って,
辞世を奏でるような。GOLDとはかくゆう求められる象徴のように出来て,
何が本当だろう?敢えて訊きたい。業=芸術?嗜好=暮らし?そうして,また
換気=清浄のような自然?なので,ほんとうに芥川のコンパス,とはゆうけれど
伝教大師=最澄上人による,朝=題目の,夜=念仏に,昼=炊飯がよいのだけど,
芸術から暮らしより自然に到るこんな朝昼夜の季節変遷を辿る,芥川のコンパス。
だから,ヨーロピニアリズムに,フラ・アンジェリコの天使画や,マッキャベリの
生き方。そうしてサド侯爵に至るまでのありとある,赤レンガの丸屋根天井の姿。

経理的な情感。

誰だって,経理的な情感を一隅に湛えているだろう。
『お米は炊き立てのしっとりしたのが好い。』とか,
『癖になるのは,わかっているけどヨモギ餡コロ
 また食べたい。』など,『珈琲は,左回しから,
 右回りにまた戻ったな。』
とりあえずは経理的に物を考えるはずである,もしくは
人間として直立するのに知性と功利的であるごとく。
しかしながら,呻き声のように寝息の数々を掻くごとく,
宇宙的であることは功利心からワープして,PC化するその,
”根の堅州”の国へ実に功利心からワープして「自我の終焉」に。
作為的であることが功利的であることと同義でありながら,
またもや作為的であることは忘我することとも意義を同じくする。
宇宙的であるとは言ったものの,作為的であることから功利の道を。
そうして宇宙的であるとは言ったものの,功利の道から忘我の意思へ。

植物が例えば葉の一滴を垂らすのと似ている,
その朝は功利的であるゆえにあかるいのであって,
そこより水の結露するその姿はまるで宇宙的で。
忘我する,その告白にまずは作為的であることを
まずは功利の道を歩んだとはいえ作為的であることを,
忘我の国へ入るには『作為的であることを捨てよ。』
物理的に水を作り出すのは至難の技ではあるがゆえの
朝のあかるさである。珈琲を淹れるのは人為的に,むしろ
無作為に淹れる甘露の一滴。だから,たとえ功利的では
あるにせよ,その甘露の一滴を洩らさずペーソスへと,
1日のスタートの哀愁へと移すのだ。もうすぐ忘我の国の
門は開かれたと言われる。功利の道を辿って。むしろ,
その功利は作為的なクラフトの輝きから産まれてきて,また
資本の功利を通って。もうすぐAIの忘我の国へゆく。

誰だって,経理的な情感を一隅に湛えているだろう。
『お米は炊き立てのしっとりしたのが好い。』とか,
『癖になるのは,わかっているけどヨモギ餡コロ
 また食べたい。』など,『珈琲は,左回しから,
 右回りにまた戻ったな。』
とりあえずは経理的に物を考えるはずである,もしくは
人間として直立するのに知性と功利的であるごとく。
しかしながら,呻き声のように寝息の数々を掻くごとく,
宇宙的であることは功利心からワープして,PC化するその,
”根の堅州”の国へ実に功利心からワープして「自我の終焉」に。
作為的であることが功利的であることと同義であり…

吹き荒ぶ風の中に。

キリシタン大名にとっての”九郎義経”は中心で,
”太宰=イスキリ=龍馬”vs.”漱石=バルタザアル=太閤秀吉”の
あのキリシタンの龍馬とゆう幻想には大分苦しめられていた。
今は”トーマス・マン=聖ヨゼフ=ゲーテ”の文豪を神にして,
本当に,キリシタンの闘いとは,かくも激しいものだった。
闘いとは,内面のそれで間違いはないのだけれど,早朝には
”珈琲と,鯛焼き”の,深夜には「ヨモギ餅を餡コロにして。」の
今は”トーマス・マン=聖ヨゼフ=ゲーテ”の文豪を神にして,
だいぶ居場所を見つけられたような気のする,桜のつぼみ。
水回り,とはゆうけれど。水回りには”業の泉”に浸かって。
それを回避するよりも停まって楽しんでみる方が少なからずも。
だから,浄化を叫ぶより,「愛は,”業の泉”に湯浴みする。」と,
水回り,とはゆうけれど。水回りには”業の泉”に浸かって。

何かをテーマにするような必要もない気はするけれども,ことさら。
テーマ以上に悲劇は”テーマ”になるのだから,それは,ほんとうに。
実吉捷郎(さねよし・はやお)さんとゆう,独文学者の居られて,
いつかずっと夢枕に立っていた思いがあって,名訳を,ほんとうに
沢山のこされた。ほんとうにマンの『トニオ・クレエゲル』や,また
『ヴェニスに死す』などは白眉である,だから夢枕に立ったときに,
僕は,とっても嬉しい気のした。
”太宰=龍馬”と”漱石=秀吉”の,この系譜は,ほんとうに思いもよらず。
悲劇中の悲劇のなかにはもうすでにロマンチックさの逆行が見られるので
モンゴリアンの系譜が獅子の姿をして飛び交うさなかに,禅定に居るあの,
右大臣実朝の姿は,後醍醐天皇の掛軸と,ふと,重なり合う。甲冑の
むしろ落武者の姿は岩石のように堅い漱石のこころを,治めては弛ます。
だから捕食する蛇と微動だにしない蛙の恋の極地のようなもの。かれは,
蛇の心臓を持つ蛙の脳髄。さては蛙の臓器を抱く大蛇の知性。
もう,そんな感じだから,水の穴を穿つ受け身の頑強な巌のような,文豪の
日本史は,こうやって,巌より水への変遷をたどるもう,キリシタンはその,
難民としての歴史より,祈りの対象としての”水ようかん”のような甘味として。
トーマス・マンは餡子好きだろうなぁ。なんたって,ロマネスクは,堅実さより
それより彷彿として現われるデカダンスのような。

キリシタン大名…

冷極と植物と業の流れ

熱湯を注いだドクダミ茶葉を氷〆にする。
植物は冷極に当たると,本来の生命現象の
あの双子反対宇宙にある生長力を取り戻す。

桃色から緑色へ,あの双子反対宇宙より。
だから,緑色の冷極にある業の流れの発端,
冷極にある緑色の反対宇宙から,一週間の
タイム・スケジュールを感情的に淹れられ。
そうゆう『双子反対宇宙』とゆうのは
”冷極と植物と業の流れ”。変化をもたらすのは,

そこまでに泉の湛える「明鏡止水」を眺める。
眺める泉の面にはそんなに求めるべくもない。
だから,”水”との付き合いと同じくして,業と
付き合っていこう。

熱湯を注いだドクダミ茶葉を氷〆にする。
植物は冷極に当たると,本来の生命現象の
あの双子反対宇宙にある生長力を取り戻す。

業に憑りつかれるとゆう,夜の反対宇宙と。
実は眠りの国の双子宇宙には『自由』なこんな
清澄なしずけさしかあたえられていない。
業の泉,植物発端とはだからやはり憑りつきでは
なくて『自由』なので,どれだけ目覚めの国には
『自由』は”冷極と植物と業の流れ”,こんな厄介者
に感じられるのかは敢えて言うまでもない。
だから”冷極と植物と業の流れ”,こんな『自由』。

本当の「目覚め」とは,物事をリアルにみるような
感情にとらわれない視点である,そう思うからこそ。
”眠りと冷極としずけさ”の”昼と陰影と太陽”の取次ぎを,
敢えてしてくれるのなら”業の泉”を眺める,水には何も,
要求しないし,髪を洗うし,涼しさをもらえるから,そんな
痛みや,鬱蒼とした想いや,失意の欠片を抱えているなら,
もうすぐ植物のように生長力は甦るだろう。

熱湯を注いだドクダミ茶葉を氷〆にする。
植物は冷極に当たると,本来の生命現象の
あの双子反対宇宙にある生長力を取り戻す。