スキップしてメイン コンテンツに移動

吹き荒ぶ風の中に。

キリシタン大名にとっての”九郎義経”は中心で,
”太宰=イスキリ=龍馬”vs.”漱石=バルタザアル=太閤秀吉”の
あのキリシタンの龍馬とゆう幻想には大分苦しめられていた。
今は”トーマス・マン=聖ヨゼフ=ゲーテ”の文豪を神にして,
本当に,キリシタンの闘いとは,かくも激しいものだった。
闘いとは,内面のそれで間違いはないのだけれど,早朝には
”珈琲と,鯛焼き”の,深夜には「ヨモギ餅を餡コロにして。」の
今は”トーマス・マン=聖ヨゼフ=ゲーテ”の文豪を神にして,
だいぶ居場所を見つけられたような気のする,桜のつぼみ。
水回り,とはゆうけれど。水回りには”業の泉”に浸かって。
それを回避するよりも停まって楽しんでみる方が少なからずも。
だから,浄化を叫ぶより,「愛は,”業の泉”に湯浴みする。」と,
水回り,とはゆうけれど。水回りには”業の泉”に浸かって。

何かをテーマにするような必要もない気はするけれども,ことさら。
テーマ以上に悲劇は”テーマ”になるのだから,それは,ほんとうに。
実吉捷郎(さねよし・はやお)さんとゆう,独文学者の居られて,
いつかずっと夢枕に立っていた思いがあって,名訳を,ほんとうに
沢山のこされた。ほんとうにマンの『トニオ・クレエゲル』や,また
『ヴェニスに死す』などは白眉である,だから夢枕に立ったときに,
僕は,とっても嬉しい気のした。
”太宰=龍馬”と”漱石=秀吉”の,この系譜は,ほんとうに思いもよらず。
悲劇中の悲劇のなかにはもうすでにロマンチックさの逆行が見られるので
モンゴリアンの系譜が獅子の姿をして飛び交うさなかに,禅定に居るあの,
右大臣実朝の姿は,後醍醐天皇の掛軸と,ふと,重なり合う。甲冑の
むしろ落武者の姿は岩石のように堅い漱石のこころを,治めては弛ます。
だから捕食する蛇と微動だにしない蛙の恋の極地のようなもの。かれは,
蛇の心臓を持つ蛙の脳髄。さては蛙の臓器を抱く大蛇の知性。
もう,そんな感じだから,水の穴を穿つ受け身の頑強な巌のような,文豪の
日本史は,こうやって,巌より水への変遷をたどるもう,キリシタンはその,
難民としての歴史より,祈りの対象としての”水ようかん”のような甘味として。
トーマス・マンは餡子好きだろうなぁ。なんたって,ロマネスクは,堅実さより
それより彷彿として現われるデカダンスのような。

キリシタン大名にとっての”九郎義経”は中心で,
”太宰=イスキリ=龍馬”vs.”漱石=バルタザアル=太閤秀吉”の
あのキリシタンの龍馬とゆう幻想には大分苦しめられていた。
今は”トーマス・マン=聖ヨゼフ=ゲーテ”の文豪を神にして,
本当に,キリシタンの闘いとは,かくも激しいものだった。
闘いとは,内面のそれで間違いはないのだけれど,早朝には
”珈琲と,鯛焼き”の,深夜には「ヨモギ餅を餡コロにして。」の
今は”トーマス・マン=聖ヨゼフ=ゲーテ”の文豪を神にして,
だいぶ居場所を見つけられたような気のする,桜のつぼみ。
水回り,とはゆうけれど。水回りには”業の泉”に浸かって。
それを回避するよりも停まって楽しんでみる方が少なからずも。
だから,浄化を叫ぶより,「愛は,”業の泉”に湯浴みする。」と,
水回り,とはゆうけれど。水回りには”業の泉”に浸かって。

こちらは如何?

三島文学におけるニニギとジングウの関わりにつき。

三島文学におけるニニギとジングウの関わりについて,その 両者の,ニニギとジングウの異性同士の神々の天孫と八幡神の つながる所に,甘酒より酵母を採ることと,お米を炊いて頂くことの その両面性のつながるような気のして,抑圧の残酷に響く時も, それの獅子と舞うような心地。また,女神のスピリチュアリティと, 咳込む男神の綿帽子に,無論,秋の木陰にもう舞い散ってしまう紅葉の ダンスさえも,そのように,むろんの事。それは残酷な抑圧ではなし, トビナガスネヒコ=大黒=タケミナカタ,ニニギ=神功=タケミカヅチの, そういった,縄文と弥生の入れ替わりのあったとしても,果たしての 自分のジャーマンポテトとバゲット・サンドの対比を好き嫌いしてみたって, 濃いブラック・コーヒーはフランスパンには合うものだし,ビターなチョコも リンゴのシードルなどの酸味も欲しくなるところ。まだ,酸味の必要な時期に でも,いくらそれだって,にゅうめんにはカツオ出汁だしビネガーは入れない。 決して,そうめんにも,暑いからと言って,オイスター・ソースのつゆは,あまり ススまないので,和食を冬に,中華を夏に食べるにあたって,季節自体は入れ替わる ことは,ないのだから。時代性として,ポスト・天孫降臨などは起こりそうもない。
キッチンの照明を換えてもらった節,知り合いの電器屋さんから,父と同い年と伺って 驚いた折には『私も,入換え時で,車も,この間あと先あまり要らないのに替えました』
と聴いて,ああ,そうか。IH調理器も見てもらって,ガスに替える話をしていた矢先 前回のその話題を踏んで,よもやま話をして下さったのだなあ,紅葉の季節に実に風情の あって,落ち葉も,そのように電器を換えて行くさまにも似て,季節と入れ替わり移る。 家の奥さんの,朝の出勤時に,目の前で接触事故をした折などは,正直ぼくの方の動揺は あまりに動転して激しく,それで,奥さんは冷静だったらしい。昼にもなって,ようやく 電器屋さんに渡し余った珈琲缶などを啜って一息つく心地。その車で先週よりの,旅行を 予定していたあげく,天孫降臨の名所旧跡めぐり観光を考えていたものの中止になって, なぜかぼくの方は,ホッとしている。不可思議なくらいホッとしている。それはたぶんの 小難に切り替わったように,無意識は安堵しているのだろう。ガスに替えるようにして, 祖父母か…

エーテル体質は,お炬燵の昼間意識

経済的な観念の上に,聴覚を用いるのか,さて,視覚は, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識によって,幻視の ように進む,エーテル的経済体質の,それは秋の日の 田園風景。かくのごとく,瞑想式にモノを考えるのならば 幻視を支える頭の各種感性は,まず水分補給をし,深呼吸, それよりの座敷に座ってモノを描く,そんな執筆習慣より。 視覚によって,経済を支えず。聴覚によっても,まだ頼らず。 手先指先に慣性を集中して,集中力によって慣性的に支える, それが,エーテル体質は,お炬燵の昼間意識の幻視経済体質。 大地の親和を図るのと同時に,何によって浪費するのかさえ, 気力=生命力=エーテル式にモノを把えて,消費を試みる, それが,エーテル式経済体質。瞑想的でもあるけれど,ようやく そういった,安心できる,精神的な自給自足の循環性に至った。
何か,糖代謝とか,セロトニンのような,そういった自給式の 安定した生活を可能にする,消化一般耐性の,農耕定住化なので, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識による,この例えば糖質制限など 肉食や,生食菜食との関連は,一般の三食常識による栄養補給に よっても解決される,ハイキングと,ふくらはぎマッサージと, 咳風邪の過程に,何とか自力で治した,トンカツや,アイスクリームを 臆さない,常識的な栄養補給の何と功を奏したことなのか,多分は。 そうして,一般常識としての経済は,消費者としての住民は一律とゆう 真逆に把えれば『生産者としての人間性は多種多様で掴めない。』って, 言っていることの常識性は,つねに循環していなかったのだけれど, 何故か,昨今台風の通り過ぎたあとでは,そんな国土親和性とゆう磁気的 変化とともに,再編成する転換変貌する,消費社会の姿を,垣間見る,その 訪れは,夢見るイマジネーションの世界を連想させて,それはほぼ瞑想的な 幻視経済体質の到来,いわんや生産者の対置されない経済の薄明僥倖なのだ。 くらげのように生きる必要が,災害時の自然一体化には,必要であるから。
なにがそんなに,エーテルとか,大地との親和性を感じ考えさせるのだろう?
そうして,経済性や精神性の一貫した循環を垣間見させてくれる,この幻視は
一体どうして,瞑想的に安定して一体訪れるのだろう?ひとつは,そんなに,
ふくらはぎのマッサージの効果のあったのだろうか?とゆうことと,そうゆう