スキップしてメイン コンテンツに移動

芥川のコンパス,三島のドラ。

芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。
『近江屋事件のあった当夜,龍馬の脳髄には,
 桂小五郎の訪れを見た瞬間凍り付いた記憶が。
 桂の姿を見た時,龍馬の心中お察し申し上げる。』
こんな,その夜,龍馬の供にした食事の中に,塩ブリ
のあったことを,そうして,その裏に睡眠薬の貼ってあった
ことなどを察して,僕は,ひたすら彼がLONDONまでの
道程を,船底にムシロに横になって朧ながら波の打つ音。
『芥川=ヘロデ王は,頼朝の時世,武家政権を建てた時分に
 もう,人の役に立つことを決めた。龍馬=九郎義経を以降,
 討つ気配はないのだから,ヘロデ王の自作自演のイスキリの
 パノラマのような。三島は三島で,太宰を訪ねた時には,もう
 殺意はなかった。そもそもなかった。三島=桂氏は,
 太宰=龍馬の盟友。』で,
芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。
そもそも,太宰=龍馬=九郎義経=空海の,それは復活劇として,
はたまた,岡潔=伊藤博文=チンギス汗=妖僧文観との対応に。
以上なコダワリを見せては,やはりイスキリ(イエス・キリスト)の
復活劇を連想させる彼は結局何人もの役を妖僧としてもとめたのだ。
イスキリとは例えば諏訪湖に眠るとゆう菱形の信玄墓のように。
大国魂とゆう言い方は変だなあと思っていた。伝説としてある意味,
ああゆう信玄墓のようなシェルターを通してしか大国魂にはなれない。
伝説を言説として説話としてみるにつけ,神話らしい神話には,あまり
常識らしい常識は通用しない。オーガニックでも,信仰でも,眠りでも,
余裕をもって生きる事でもない,伝説を活きるとは,黄金伝説のように。
堅牢に頑強で集中して『一変感謝。』本当に,ありがとう!とそう言って,
辞世を奏でるような。GOLDとはかくゆう求められる象徴のように出来て,
何が本当だろう?敢えて訊きたい。業=芸術?嗜好=暮らし?そうして,また
換気=清浄のような自然?なので,ほんとうに芥川のコンパス,とはゆうけれど
伝教大師=最澄上人による,朝=題目の,夜=念仏に,昼=炊飯がよいのだけど,
芸術から暮らしより自然に到るこんな朝昼夜の季節変遷を辿る,芥川のコンパス。
だから,ヨーロピニアリズムに,フラ・アンジェリコの天使画や,マッキャベリの
生き方。そうしてサド侯爵に至るまでのありとある,赤レンガの丸屋根天井の姿。
この,木戸孝允のヨーロピニアリズムに,伝統美の三島文学を足してこその,
『芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。Europeanist&Buddhist』
漱石先生と太宰の影に,龍馬のキリシタンvs.太閤秀吉の姿をみた時なども,
アロエを火傷に効くからと言って,大黒さんの傷はアロエ・ヨーグルト。など,
呟いてみるのも,三島文学の裏の記憶にはヤコブ・ピラトゥスのような,あの
赤く灼けた岩の記憶。赤子岩とも呼ばれる彼の焼けた記憶の中に戦禍をくぐる,
ハンス・カストルプの幻影を常に意識していたからではないのだろうか?マンは,
ヨゼフ的な父性の記憶を宿しているけれど。灼けることと水で冷やすことと,また
動物=野性と,植物=裏宇宙の対比のような,もっとマクロな視点でみれば,
人間の右脳と左脳の換わり方の端を発して,昼と夜の宇宙的観照に移り,つまりは
表と裏。宇宙は表側と裏側を有しているとの視点。朝から昼,夜に移り換わり,その
芸術から暮らしより自然に到る。自然のレンズ状になったお椀を,暮らしの水が湛える
芸術の神とは朝に訪れるLONDONの汽笛の遠鳴り。煙ではないよ。煙ではない。白い,
あれは蒸気なのだ。水蒸気。こうやって,若き漱石と話しながら歓談し珈琲を呑む。
こんな彼が来たときは同じ想いをしたものだ。則天去私は喜びの放棄ではなきにしも,
情熱のLONDONを観たあとでは,もう暮らしの羅針盤は要りませぬ。そうして,自然へ
還る。こんな灼け岩に水は無駄だから,眠りに夜を慰めに。もう,いつかそうやって,
話したことは,『芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。Europeanist&Buddhist』,
多分英仏海峡を渡って何時も贈ってる。


こちらは如何?

執筆作道今昔,

”前世ゲーム=書物の渉猟文化”を常日頃大事にしているのだけれど それは嗜好するロマネスク思考とでもゆうべき何かの抒情的な何か であって,少し醒めた感はあるにせよ,実際きょうの読書がなにに なるにせよ,その択ばれた心の読み物にとっては執筆作道今昔。なべて, ひたすらひとところにそれらは,浪漫抒情的な何か,となる。梅肉を, ひたすらに酵素造りをしてのこった梅肉をかじっては捨て,かじっては すこしホロ酔いしていたようだ。少し落ち着いては来たものの,その件の ”前世ゲーム=書物の渉猟文化”を,朝市に出掛けて,休日をたのしもう。
などと,言葉にして浮かべてみては,そんなに身体も動くものでもない, 都市的な生き方は,考え方でもって,本当に町屋意識で精緻なものの見方。 ”認識の限界まで励み挑もう。”そんな”ロマネスク”より少し離れた,その中を 追及しては探究して追い求めたさきに,やっぱり”普通の頑強な判断”だ。 夢のあるから,ロマネスクだ。ロマネスクの夢の先には,頑強な判断力なので
健全さは,残るだろう。都市的な生き方は,考え方でもって,
本当に町屋意識で精緻なものの見方。だから,いっそのこと定式で常識の,
その判断力の強さに浸ってしまおう。ホロ酔いしてから,そう想うのは,
ひたすらな冷泉浴にも怠けてしまったあの感性に,一言置いて”よかったね。”
呟いて投げかけてみては,”夢から醒めたのだ。”そう気づいて,やっぱり,

太宰は聖武天皇的な何かで,サルトルは聖ベネディクトだったりもして,だから そうして,そんな夢より醒めて一言,”つまらなくはないけれど,判断力。”って, あなごめしと,うな重の比較を頭に浮かべながら,批判はもうしない,しないけど 好き嫌いは必ずするだろう,そんな気概を感じては執筆作道今昔,意のままに 想いを連ねる,そんな不可解さのこもった狙いを狙い付けて,さあ遣って来いって 何を獲物にしようか迷っている。優柔不断な物書ハンター。あるいは,また。
”前世ゲーム=書物の渉猟文化”を常日頃大事にしているのだけれど それは嗜好するロマネスク思考とでもゆうべき何かの抒情的な何か であって,少し醒めた感はあるにせよ,実際きょうの読書がなにに なるにせよ,その択ばれた心の読み物にとっては執筆作道今昔。なべて, ひたすらひとところにそれらは,浪漫抒情的な何か,となる。梅肉を, ひたすらに酵素造りをしてのこった梅肉をかじっては捨て,かじって…

知覚の攻撃性=色彩の安らぎ。その眼差し

AGGRESSIVE=CONSOLATIONを結ぶ何かの,そうして, 知覚するとは,アストラル・レヴェルにまで制限せよ。と, 色彩は,色欲とつなげるのではなくて,鎮静作用に用いる。 落着き払って,民芸の器などを眺めやる,没香のにおいとは 夏風は,夕立のおこす涼しさを持って来ては,落ち着き払って 民芸の器などを眺めやる,没香のにおいとは,バジルの香り。 ひとの裏を掻いては,冷や汗をかく。そんな危機管理作用を いつも裡に抱いては,飛び込む滝つぼの納涼遊び。こんな, アウトドアなレジャーは,サヴァイバルな何かではなく,やっぱり 暑さを寒さによって取り除く納涼の何かであるのであって,そこは ただ,アイス珈琲をのむだけでも良い。だから,裏を掻くのでは 持たないから,覗き込むのは滝つぼではなくって,器の底にしよ。
心得としては,喉仏に何か詰まっている位の良いとして,なので 視界を死海として,濃度の濃い浮世として,うつろな目でも視る。 座った眼をした,そんな清濁併呑ならぬ,清濁両視するあたりの いちばん良い。座った眼をした,視界にこだわらず,眼を意識せず。 直視するように言うけれど,知覚の世界から,或いは知性の領域より 戻って来て,まず視るそのリアリティは,繊細さよりもっと,極彩色。 そのビビットな世界に持っていかれないように準備してきたのだから, 腰に碇を据えて,落ち着く,陸の上。思った以上に,感情や意思は, ”色彩の”アストラル・レヴェルではドラマティックに創造的だ。また, 視界を直視すると,あえて”直視”すると,観念的に,喉仏の座って来る。 平凡だ,そうして朝日の匂いだ。クジラ雲は,蒼穹の四海を漂い渡って, 筋雲の潮騒を遺して,旅立ってゆく。ざぶーんと着陸する,喉仏の船。
知覚の攻撃性=色彩の安らぎ,それはヒステリックな大海より戻って, 陶器のざらざらした湯呑に注がれた煎茶をくゆらせながら,茶柱の数を 指折り見詰める,何とサンチャゴの落着き払った姿だろう,その眼差し。 ドラスティック,こんなフレーズの浮かんできて,ヘミングウェイの, 或いは上品な詩聖のツルゲーネフとの対比を想っては,ロマネスクの ハードボイルド寄りの変遷,彼らは繋がってゆく。連綿と,歴史の渦中, 白い狼は,そのまま白いクジラ雲へ,一本の茶柱を見詰めるサンチャゴの この白老の湯治や木工を思わせる何らかのド…

熱する=時間扇。

熱するとゆうのは,果物が完熟に向かう,ボイルする 沸騰する湯沸かしに,時間は十倍速に進む。そうして, アンチエイジングとは,抗酸化とゆうの解る気のする。 だから,夏は,時間の進むのが全時間的に環境的に, ずっと早く廻っているのだ。何故?なぜ全時間的に, 環境は時計の針を早く進める,必然の速度増す。この, 夏の時間の速さに,もうどうしても驚愕を隠せない。その 時間全体の,地球全体の酸化=老化している。この感慨,
もう早くも,朝ごはんに白菜の漬物と白米。昼ごはんに, 茄子の塩漬けと白米ごはん。繰り返しては,あいだに夢想の アイス・オーレを氷カラ・カラ。たまには動物性蛋白も。 なんて感じながら,オーレに優柔不断のミルクを加えて。 せっせ,せっせ。どうしても,働きたい余裕のある時に。
その余裕のある感情は,あと一息。自分のクリーニングの 佳境なのだ。佳境。良い言葉は,時間の速度を早めるから, もうすぐ,15時のおやつの時には変わらずアイス・オーレと 氷カラ・カラ。鳴らしている自分を想っては,筆を速める。 スラスラ・スーラ。点描画は,スラスラ・スーラ。なんて,
この夏の時間速度に焦点を当てて。果ては,自らの胃腸は, 腸活の極致にあって,7年に一度の細胞入れ替えはこの速度の 中で、始まる。終わる,空調の管理は必須で,その下でも, 容易に氷は解ける,溶ける。熔けてゆく氷の見て実感。 やっぱり,氷みずならぬ,冷泉浴のうちに停まって,体も
熔けてゆく。暑さはごちそう。時間の進みはごちそう。そんな この夏の時間速度に焦点を当てて。スラスラ・スーラ。点描画は, スラスラ・スーラ。『地球会議』なるものに出掛けて,すぐに, 門前払いされるのは時間の進みは早いけれど,創作には遅い,
体の熔けない,アイス・オーレを氷カラ・カラ。繰り返しては, あいだに夢想の,繰り返してる自分のクリーニングの佳境。この 僕自身は身体を冷やして,冷泉浴でも,この夏の過ごし方でも 酸化や,熱する=時間扇にあらがって,まだ果実は堅いのですよ,
そうして,抗酸化を謳っては,
”ボイルする世の中を”
逆廻り時間扇の,左回し珈琲を淹れて,あらがっているのですよ。
茜色の空には もうすぐ,もうすこしのひとさじお砂糖を許して差し上げます。