スキップしてメイン コンテンツに移動

そうゆう次元の,妄想なのだ。

夏の入り口に,アイス・レモングラス・ミントティーを
呑んでしまったのが,業の泉の門を開いたきっかけ。
諧謔のすえに,ロマネスクを求めて,門衛に訊ねたのが,
幾重にもかさなった,何人もの人生をパラレルのように。
ロマネスクの先に,パラレル・ワールドのひろがる。
入り口があれば,出口のある。それは,門衛に道を尋ねなくても,
もう,お家へは帰れる。ドクダミ茶を呑んで,何人もの人生を,
下る河のように訪ねて,無意識の大海へ這入る。
『そうだな,とりあえずは,お家に帰るか。』そう,言って。
『やっぱり,芸術の神は,無意識の構造だなぁ。』そう,言って。
『眠りの国へ,返ってそれは。無意識の構造だなぁ。』そう,言って。
お腹が空くとゆう事は,眠たくなる,とゆう。そうして,それは
無意識に還る事とは,春の気配に恍惚と,浸潤するドクダミ茶の,
頭頂部と,尻尾の生えるあたりが一気につながって,眠りの国へ,
意識を保ちながら,眠りの国へ。そんな,大河の一滴を,夢見ている。


早朝になって,階下に降りて,食材がないので,豆乳リゾットを。
油をひいて,お米をひとにぎり,初めに食塩,コショウ,ダシなど,
振りかけてしまって,一分ほど炒める。水を足して,くつくつ。
途中で,豆乳を足して,くつくつ。さらに隠し味に,お醤油。たぶん,
お塩は多めに入れる位が好い。十五分くらいで食卓に上るから,それは,
もううまくゆけば,”バーベキュー・リゾット”などと,焼き肉の食味を
期待しても良い。と,ゆうことを”とっても美味しいのだな。”と,早朝。
鯛焼きの冷凍庫に一個だけあったのを,それでは寝ず心地のこの憔悴は,
到底満たされないから,と苦肉の策だったけれど。そうゆう,困窮は,
もっと,得てして,優雅さへの入り口で,ジャガイモ料理の礎の上に,
ヨーロピニアリズムは成立したのだ,と日本の豆乳リゾットを想い,
確信に抱く早朝の春。

眠ることではなく寝られないことを人生は選択していたのだな。
”食べ過ぎてはいなかった,けれども,空腹にはなっていない”眠前に,
どうしたって寝られないはずはないのに眠らないことを選択する。
ひたすらに称徳天皇のような弥勒菩薩のような女神ヒステリクスを,
それは芥川や東照宮のような影ではあるにはあるのだけれど,そんな
女神ヒステリクスとゆうような光陰を感じながら,まだしもこんなにも
冗長な女神ヒステリクスの訪れに冗談も言えず,ただ金縛りのように,
高い呻き声を挙げているのだけれど,そうゆう時に限って,僕の中の,
蟻の神さまの裏宇宙地底人を低刺激に刺激する,思わず”トイレ!”と。
起き上がって,一服をして,”もう,4時かぁ。”光陰矢の如し。
絶対知性は,こんな鬱蒼とした身体の中に蓄積されてゆくマイナス電池の
ようなもので,これを今度は蟻さんたちに分与しようと試みる,とにかくも
瞑目しているあいだじゅうも一生懸命なのだ,眠るのに一分も無駄にしたくない。
多分,少しずつお腹は消化しているとゆうメタファーでもあるのだけど,そんな
メタファーより,起き上がって,再度あかりを点けて思うのは,やっぱりその折,
豆乳リゾットを作ってよかった。うすぼらけてくる外気を眺めて,ドクダミ茶。
もうすぐ業の門をアイス・レモングラス・ミントティーより開いてからの,その
情熱の芸術の神への門下にくぐって,ドクダミ茶の冷感を感じて,一時の仮眠。

こちらは如何?

業の泉の上澄取り。

業の泉にさらされたいた。そこより脱け出るのには,多分
上澄みになって,差別意識の区別化まで上澄取りをしてのち
ただ,知性と体的論理の解離を試みて,そうして,普通のごく,
普通の,損得を見別られる主知主義のほうれん草の灰汁のような
そんな人間に戻れるのだ。川を見て思う,あのブイは蓮根のよう,
あるいは,自転車に乗る婦人を眺めて想う,避けて運転する注意。

業の泉にさらされていた。判りすぎるのは,白黒つけているわけでは ないその真逆で,知性より体的論理に移りすぎて,感情の溢れだしていた 例えば,お肉料理のあとの皿洗いは,フライパンなど右回しにスポンジを 回す,珈琲は左回しにしか淹れられないのに,右回しに油汚れを落とす。 その前段階の料理をいただく際にはもう,まずもってお茶の前に,油のあと その濃い食事の直後にはすぐさま珈琲を呑み込んでしまう。そうしたいのだ。 しまいには,油汚れのスポンジはゴミ箱に捨てられてしまう癖なのに,まだ。 そうやって,フライパンを洗うときには僕は,お湯を使おう,そう決めて。 そうすれば,先に油残りは落ちてゆくだろう,それからスポンジを使おう。では, お水でも十分に落ちるのは判っていながら不服だったので,あるとき,こうやって。 お水で流した相変わらずのスポンジ・ベトベトさんを,最後に少しだけスポンジだけ お湯ですすいで洗ってみたのだ。お水で流して,お湯ですすぎ洗う。これ,Best。


上澄取りされた,ほうれん草の亜鉛の灰汁のような,上澄みになりきった知性的な 人間になって,ただ,胃腸が疲れていただけだったのか。そう,気づきながら,やはり 主知主義的人間,冷徹な程の冷酷でもなくうわべだけの感情的風態でもなく,そのうち まずもって,感情には感情で対するように,知性には知性で対応できるような,そんな 涼やかな人間でありたい。そうなれば,もう僕は業の泉の管理人で,文学志向でも, 絵画専攻志望でもない政治的傾向を伴った,プロデュース型業の泉の管理人になるのだ。 それで面白いのかは解らないけれども,感情に知性で当たってゆく丸裸の青年は,やはり 腫れ物にはハレモノちっくになる由縁でもあって,知性に知性で対応しよう,今から, 空調を点けたとする必死に考えて,書物の渉猟文化を,文筆家にではなくって,論理的な 物理学者に訊ねたりする,こんな冷静な知性的文化を,冷製パス…

際限のない証左。

しずしずと曇りゆく梅雨の日の前触れには ヒステリクスも瓦解して,そのヒステリクスは 発酵菌のその逆,悪とは酵素の灰汁のことで,まず, 腐敗とは言わないまでも,嫌気的鉱物性酵素のような。 そんなハイ・ロマネスク。工業化と地下世界には,まだ, 存在しないような野菜ジュースの搾りたて生鮮食品を。その お茶を傍らに置いて,海の遠景に何を想うかと言えば,彼の 牡蠣や,アサリ類のエキスをもとめて,人間の情景を追いかけて,
しずしずと曇りゆく梅雨の日の前触れには ヒステリクスも瓦解して,そのヒステリクスは 発酵菌のその逆,悪とは酵素の灰汁のことで,まず, その灰汁のような身体の切迫する繊維質の,つまみ嗜好品の,ただ。 想い続ける,海の遠景に,潮の香りや熱い浜風よりも,そのような, 食文化にしか価値を追い求めない。人間の情景には,浜風の潮の香りも, すべて包み込む人間性の,情緒=超越性=凡庸的な何かをつなぐ,その辺の
しずしずと曇りゆく梅雨の日の前触れには ヒステリクスも瓦解して,そのヒステリクスは 発酵菌のその逆,悪とは酵素の灰汁のことで,まず, その辺にはまず,酵素質の発酵する順風な換気扇ならず送風ファンの ”時間”の過ぎてゆくその逆戻りのしない”時間”の逆戻りしないその感性。 発酵は,順次巡行のようなものであり,”腐敗=停滞”は灰汁の沈殿質の。
内部で,逆行しない”時間”を求めて,そんなハイ・ロマネスク。 工業化と地下世界には, まだ,存在しないような野菜ジュースの搾りたて生鮮食品を。 ハイ・ロマネスクは,ヒステリクスの瓦解したあとに訪れる,不可思議な 工業世界の生ジュース。紅茶,ウーロン茶,珈琲も淹れたてのいちばん良いから, 解っているから,湧き水の汲んでいる水場へ向かう週に一度の,外遊ならぬ遊行の, なので,酵素質の巡行する,海の遠景には,紺や紅の塗装のしてある,船倉のその みえれば,赤ワインの味わいを楽しめるようなダンディズムにも憶えられる。 ひたすら,だから,ダンディズム=ヒステリクスを結ぶ何かを嗜好していた, がんじがんじ,獅子のような家猫に問いかけながら,夜にはあたりめをかじる。
野菜ジュースをひと口くちにしながら家にいるときに感じる,瓦解するヒステリクス。 赤のトマトを,白のホワイト・ソースと煮込むと,ミンチは豚100%。その,また, そんなハイ・ロマネスク。工業化と地下世界には,まだ, 存…

業の泉作用機序,

古本屋さんで,リチャード・バックの”かもめのジョナサン”をみつけて,帰ってくる。わたしは芥川=ヘロデ,と叫んだ心は冷徹さから外国文学のその背表紙をみて,末路の救いを抜け道ざまに通り抜ける題名。妻は,アナトール・フランス=ヘロディヤと何度も口にして居たってやっぱり業の泉には浸かっていたい。作用機序としては,エニアグラム=9つのタイプ論と酷似して,霊性パスターの捏ね上げられた,土塊にんぎょうのように精神体は形成されて産まれてくるらしい,だから,僕のテンプレートは漱石山人で,芥川やら龍馬やら,沢山の書家文人が,形成されてゆく道程に,背中にびっしり張り付いてくる。そうして,人は2度産まれる。新しいテンプレートは思春期の終わり,朱夏の始まりに当って,次々とヨーロピニアリズムとして,引っ付いて,芽が吹き出て来た。アイザック・ニュートン,僕はそのリンゴの樹をみたことのある,中学生の時より言っていた。ニコラウス・クザーヌス,修道院に非常な興味を持ち,トラピストの地は故郷。(また,R.シュタイナーの”神秘主義と現代の世界観”を,読み解いてみよう。シュタイナーの初期作だから。ラファエロの絵には,ニュートンとそっくりなロマネスクに描かれた男の作品があったな。)と,バートランド・ラッセル,彼は,マンの”魔の山”において,ハンス・カストルプにそっくり。テムズ川や,ロンドン塔の,霧のラスカル,ロジティックスにはLONDON ONEの呼称にも見紛わない,そんな業の泉の温浴を通した思索溢れる。ルイ16世は,断頭台に立った時は,すでにスカラムッシュに成り換わりパリを統べる姿にはふさわしい,サリエリの伝記のようなエスプリ詩情。いまの僕は,彼の王は,のちにマンの文学に,登場するはずのハンス・カストルプ=バートランド・ラッセルの光りをみるのだ。そうして,鮭のソロモン王は,彼が持てば,何でも妖術にみえる。熊のように,鮭を手にすれば,とば燻は,実に美味そうだ。ラッセル=ルイ16世=ニュートン=クザーヌス,彼らのルーツに,鮭のソロモンが居るとすれば,必然的に呪術性は,輪廻の姿なので。もう,手洗いはススムけれど,その先の夜食などは,気がすすまなくなった。実践できない進化とは,静けさの裡には一歩だけれど,実に細胞の曲線を描けば,これも成長して居る『急がば回れ,灯台下暗し=油ロウソクなめる化け猫の翌朝には白い仔猫』…