スキップしてメイン コンテンツに移動

概念嗜好のメンタルティ。

『月灼けに,踊りが意外とスサノオだった。稲荷ずし,
 頬張っては,女神とDance,それ以外にハーモニクスを
 大事にして欲しい,そうやって,地球は産れてきたのだから』
概念思考でモノを考える方が楽で,それはメンタルティとも言える。
ハイデガーの嗜好をさぐっては,夜更かしをして,聖バルトロマイの
彼の殉教にまで想いを馳せると,自分自身が月そのものになったかの,
憑きモノのような感じに浮かれてきて,ふと,朝のご飯だきなどに臨んで
我に還る。夜は蚊の這入ってくるから嫌なのだ。窓を明けずに意外と涼しい。
まだ5月だもの。やっぱり受容体としての人間性は健全にあるのだから。
我に還る,それはファンタジーの一瞬の効果。明るさは一瞬の効果で十全に
耀くのだから,いつも我に還る必要はまったくない,だからこそ,業の泉。
書物の渉猟には,私の前世はこれだ,と思えるほどの憑きモノに変化してみる,
あの没我的なひと時は必要なように,『我に還る』,この瞬間には,とどのつまって,
少し窓を明ける,その一呼吸の安らぎで十全なように。食事も相まって,そんな
それはファンタジーの一瞬の効果なのだ。

スパイラル構造を下に降りて行く必要が実は朝から昼にかけては有るのかも。もう,
夜更けにその上昇線にだんだん火がついて,身体は起きているのに眠っているような,
夜は未だにまだあけていないのだから,昼光灯の夜半もずっと燈いているそんな夜更け,
オリジナルに還られる『夜=私=外気涼風』の,そんな明るさには,まずもっての,昨晩
頂いたラーメンの味なんかを思い出しながら,スープ派か麺派なのか改めまして問たい。
もうずんずん,ずんずん降下して業の泉の最下層,一番の楽しみは芸術的領域のあの,
極彩色に拡がる熱帯夜の最中にある,ハイデガーが浮かんでくるのも,彼が最下層,つまり
我に還るより,『月灼けに,踊りが意外とスサノオだった。稲荷ずし,
 頬張っては,女神とDance,それ以外にハーモニクスを
 大事にして欲しい,そうやって,地球は産れてきたのだから』の,芸術的領域。
決して卑下憐憫の情とは乖離した,健全なGroundingしたモノとしての芸術的領域。
そのアイデンティティ=”本当の自分”は降下しきった,”最下層としての健全な自我の”
中に居る。これは,確かだ。もっと楽しまないと存在論は豊かに出来てこない。そう,
だから,業の泉に漬かって,半分は取っておいたら,もう残りの半分は食べてしまって。
当たり前のことなのだけれど,我に還りたいがためのファンタジー体験のために,その
一瞬でいいはずの尺の長さに『永遠』を拘泥し続け,それを”最上層”とみる向きは所詮,
あの朝のご飯だきに一瞬我に還る拘泥し続けた恥ずかしさの結末末路の向き,恥ずかしさの
狂人めいた日本酒を加えて炊いてしまう向きには敵わない。だから,僕は,ずっとその
”最上層”とゆう潔癖な美しさを体験したくて,人参の尾をつかんだりして嘆き叫んだ後
ようやく明るさを体験できる業の泉主幹であるので,結局は下に降りて行くのも,浮力の
潔癖症はなければ適わない。

訳のわからないので,もうすぐ炊けそうな朝ご飯を目前に,階下に降りてみる。
(乱文,失礼いたしました。)

こちらは如何?

てんさい糖の蜜を頂く,手挽き・ドリップ・豆乳のあとに

懐手に,差し込んでみたいとは思いつつ,及ぶことなしに
それでもついて行きたいと感じる,そんな精神体のあることで,
本当は,打ち上げ花火を揚げたいので,そんな想いを感じているのか?
精神体を追いかけて,廃墟をくぐり抜けて,そんなサナカに,ふっと
打ち上げ花火を連想して,なんだ,お祭りがしたいだけだったのか。
我に返って,こんなことを思うのだ。風邪を引いているので,手挽きの
珈琲豆は扱えなかった。このきついのを毎晩のんでいたための,アレルギー
だったのか,と疑いもしつつ,それは生産者的な想いでの意味ではなく,
掃除を,ただして終わった後の脱力自味た心理を,そうそう庇いもせず,
ろくに珈琲も呑ませなかった,自分への八つ当たりを,今もしている。
そうやって,凝りなども溜まっていくのだろう。
自分のなかには,お祭り好きの,欲求のあふれていることに気づいた瞬間に,
何事も自分のうちからは無くなってしまった。
無くなった,いいや,空っぽに,現つ筒抜け,解りがたい難問をクリアした後で,
風邪を引き,いつになったら,珈琲を頂けるのやら?体調と,質問を繰り返しては,
こうやって,てんさい糖の蜜を頂く,手挽き・ドリップ・豆乳のあとに
などのことなど,思い浮かべ夢みるのである。

恋心,などのことを,描いているうち,それは心の奥で,やっぱり業の在処である,
そうやって,太田治子氏の『明るい方へ』なども,もういちど紐解いてみよう。彼は,
太宰は,とは言って,歴史上”太宰”と呼ばれる,津島さんは,その,作家名の独り歩きする
現代を,どう見ているのだろうか?

虚構だな,そして上滑りしていく夢のうえにも砂上の楼閣のようだ。
だから,恋心は,それはあなた,罪悪感の名残ですよ,と言われた時には
そうゆうことも,そうゆうヴァージョンの恋心もあるだろう,
とは思いつつ,それもそう。

お祭り好きの感性を発見してよりのちの人間性は,罪悪感で惚れるとゆうことの意味が,
まるで解らなくなって。

ブンガクに惚れるのでしょう,詩情に魅惑されるのでしょう。
この方が,魅惑される分のポエジーや,どんどん惚れてゆく芸術的な文言に対して,
少々のヤッカミや,眩惑を感じたにせよ,やはり転じてそれは,魅力に映るのだから。

アイスクリームを二個も食べてニコニコしてしまう風邪ひき習慣。
習慣にしてはみっともなく,けれどももう永続性まで感じてきてし…

混沌的・根本的に。ロマネスクより転向。

ロマンスから,純粋な混沌だ。悪態・媚態的にそうゆう気分に,
なることもある。ロマネスクは芥川の知性によっては与えられ
理性の旗手たる永遠の漱石山人には,鉄の思考を教わるのだが,
しかしながら。混沌的・根本的に。ロマネスクより転向。なので,
ロマンスから,純粋な混沌だ。悪態・媚態的にそうゆう気分に,
なることもある。と言ったぐあい,よくあることなのだろうけど。
太宰のような『ロマンスより混沌に』生きる。このぐあい,では,
坂道をくだって,また違う急坂をものともせず上がればよい。この,
そんな感じで,太宰先生について行きますよ。

運筆,とゆう言葉をよく聴くのだけれど,それは先生の著作を読んで
一層のことよく感じることなのですけれども,果たして,筆を運ぶ,
先生は,いたってガムシャラに書いていたそう,だと,モノの本では
伝え聞いたので,太宰先生の,この運筆傾向については,一票・賛成。
ガムシャラに書くその感じ,気だるさを与えながら,筆は速いことを
理想におもってらしったのか,他の文学者のモノを読んでも,思わない
この,筆の速さ,完成までのとゆうより理想的速度の,いたってこの感じ,
よくでている気のする。例えば,資本主義制なるものが,いかに反感を
喰らうようになっても実に,速度優先で動く感じ,この感じは,利便性を
確保するために(実際問題,利便性の必要性はどこまで?)いつまでも,
すすんでいかなくてはならない,この感じ。僕自身は,安定のロマネスク,
芥川氏の薫陶より安定したその工芸の世界より脱け出す気は,さらさら,と
なかったようなので,それが,興味本位に外の世界へ出たくって,知性より
いっぽ外の速度型の優先順位をみるにつけて,なんと,

混沌的・根本的に。ロマネスクより転向。なので,
ロマンスから,純粋な混沌だ。悪態・媚態的にそうゆう気分に,
なることもある。と言ったぐあい,よくあることなのだろうけど。
太宰のような『ロマンスより混沌に』生きる。このぐあい,では,
坂道をくだって,また違う急坂をものともせず上がればよい。この,
そんな感じで,太宰先生について行きますよ。

こんなぐあいに,速度型の,カオスのように,ものおじしないその感じ。
いっぽうに地平線あれば他方には水平線のひろがる彼方,はてはさては
僕は,地平線の方へ,なぜかしら,知性のある側面のカオスをまた感じて
飛び込んでゆきたい…

栗の実に文章構成はありますか?と,問われ着る夕べにはチャンチャンコの

風邪を引いて,熱や頭痛を超えて,喉の腫れに到った時,それの
発破してしまわないように気を付けながら,ある意味,この正解。
イオン式加湿器を持って来て,寝室に置いて,まわしてみると,これ
呼吸も気にならずに出来るし,あまりにすがすがしく心地よかったので
眠れたはずのタイミングも目を開いて,黙想してしまったのだった。
風邪を引くと,迷惑をかけるモノだなあ。とか,身体が重たくなるのは
これは本当に,動けなくて辛いものだ。など,普段から怠け者で重病みたく
ロマンを追ってばかりいる事のそれとは比較にならない,やっぱり風邪って
痛いほど辛さの身に滲みるものだ。なので,加湿器を持ってきた途端に,
すっかり心地よくなって,いろいろと考えていた。今となっては,耳鳴りの
諸症状なのかもしれず,解らないなりにだけれど,小学生の後半あたりから
妙にヒステリックに右の側頭部に違和感を感じ,癇癪も酷くなってきた想い
のあって,暴力性の否定とか,スピリチュアルに哲学してゆく格好良く言えば
そうゆう思春期を過ごしてきて,暴力の否定。とゆうものに,焦点を向けてきた。

狐にはわるいのだけれど,狐憑きのようなモノ?とは,言っても自分の側頭部,
そうそう客観的にもなれなかった。そうして,昨晩は,そんな想いは,たぶん,
この辺りは,遺跡地帯,弥生のイザナミ文化に対して,ぼくは縄文ヒーリング。
男性性でゆきたいためか,縄文的にゆこう,そう決意した時だった。するする,と
耳の穴の開いて,何か出たと思ったら,それは,分泌液か何かだと推測するけれども
そんな縄文ヒーリング露知らず,ロマンも逃げて,一気に先ほどの事なのだけれど,
耳鳴りの諸症状とあとで枠づけては,そうゆうヒステリーは一応の解除を申し渡された
ところなのだった。

そうして,栗の実に文章構成はありますか?いまにもチャンチャンコを着ておもてに
でそうな感じのするこのフレーズに。今となっては,文章構成なんて,まっぴらゴメン!
ロマンも,『錠門=縄文の鍵を開く唯一の,堀辰雄ロマネスク』などと謳っていた,あの
イザナミもヒステリクスも飛び去ってしまって,お見舞いのチョコ・ミントアイスを頂き
ながら,あんまり甘いものを食べすぎたけど,あとで返ってきそうなこの糖分には,でも,
そんなアイスクリームの美味しい風邪ひき珍道中だった。今更ながら,心地よく耳も抜け
眠らず…