スキップしてメイン コンテンツに移動

業の泉作用機序,

古本屋さんで,リチャード・バックの”かもめのジョナサン”をみつけて,帰ってくる。わたしは芥川=ヘロデ,と叫んだ心は冷徹さから外国文学のその背表紙をみて,末路の救いを抜け道ざまに通り抜ける題名。妻は,アナトール・フランス=ヘロディヤと何度も口にして居たってやっぱり業の泉には浸かっていたい。

作用機序としては,エニアグラム=9つのタイプ論と酷似して,霊性パスターの捏ね上げられた,土塊にんぎょうのように精神体は形成されて産まれてくるらしい,だから,僕のテンプレートは漱石山人で,芥川やら龍馬やら,沢山の書家文人が,形成されてゆく道程に,背中にびっしり張り付いてくる。

そうして,人は2度産まれる。新しいテンプレートは思春期の終わり,朱夏の始まりに当って,次々とヨーロピニアリズムとして,引っ付いて,芽が吹き出て来た。

アイザック・ニュートン,僕はそのリンゴの樹をみたことのある,中学生の時より言っていた。ニコラウス・クザーヌス,修道院に非常な興味を持ち,トラピストの地は故郷。

(また,R.シュタイナーの”神秘主義と現代の世界観”を,読み解いてみよう。シュタイナーの初期作だから。ラファエロの絵には,ニュートンとそっくりなロマネスクに描かれた男の作品があったな。)

と,バートランド・ラッセル,彼は,マンの”魔の山”において,ハンス・カストルプにそっくり。テムズ川や,ロンドン塔の,霧のラスカル,ロジティックスにはLONDON ONEの呼称にも見紛わない,そんな業の泉の温浴を通した思索溢れる。

ルイ16世は,断頭台に立った時は,すでにスカラムッシュに成り換わりパリを統べる姿にはふさわしい,サリエリの伝記のようなエスプリ詩情。

いまの僕は,彼の王は,のちにマンの文学に,登場するはずのハンス・カストルプ=バートランド・ラッセルの光りをみるのだ。

そうして,鮭のソロモン王は,彼が持てば,何でも妖術にみえる。熊のように,鮭を手にすれば,とば燻は,実に美味そうだ。ラッセル=ルイ16世=ニュートン=クザーヌス,彼らのルーツに,鮭のソロモンが居るとすれば,必然的に呪術性は,輪廻の姿なので。

もう,手洗いはススムけれど,その先の夜食などは,気がすすまなくなった。実践できない進化とは,静けさの裡には一歩だけれど,実に細胞の曲線を描けば,これも成長して居る『急がば回れ,灯台下暗し=油ロウソクなめる化け猫の翌朝には白い仔猫』の比喩にもストレートにメタファーする,業の泉作用機序,それはテンプレートはより進歩するための感情世界。そして,青と黒の色占いには”残酷性”と解説される,月灯りの群青の夜空には自然と引っ掛る『正体みたり枯れ尾花=醒めた夢には正常な清浄』のシミリ。


こちらは如何?

次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。

聖書物語と照らし合わせれば,ヘッセの聖母マリアの居て,
そこに,聖アンナは母として,シュヴァイツァーだったりする。 そうして,トーマス・マンの聖ヨゼフの中には,遠くアンナの母君と しての,ヘミングウェイ=St.Clausの姿の浮かんだりしたのだった。
ここで,ヘミングウェイには,白い狼のツルゲーネフや,遠くシュメールの
神であるとゆうアヌンナキ=ノストラダムスなどの影が追いかけられては,
その形姿に僕は,すでにゾッコンなのだった。さあ,ヘミングウェイ?と。
さあ,パイント瓶の形をしたペットボトルにバチルス菌と,きな粉烏龍珈琲を
淹れて呑む心地は,まるで,線虫などが国土を走る様子を,神は龍と呼ぶ?
その,次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。まるで,
アイスバーンになって,つるつるの路面を,舞う雪煙に,ああ,うつくしい。
なんて,とろんとした眼つきで,その穏やかな車内と,荒野のような雪原を
眺めて,あれは,ようやく私の不安症の龍神さんの抜けることで,ただの人に,
戻れることの夕餉。今日は,昨夜の味噌鍋で,チゲもつ煮込みをしたら良いものか?


あるいは,ポン酢を温めて酒を抜いておいたので,この間は酔っぱらってしまったけれど
この,お出汁とみりん酒お醤油を,コトコトしたモノに,米酢とレモン果汁を加えて造る
手造りポン酢によって,豚バラ肉と白菜のミルフィーユ鍋には,ウィンナーや白滝を載せて
いつものように,暖かく食べる。食べながら,またたく頂いてしまうその様子には,合掌。
大根おろしなども付けられたら良いのだけれど,それは,ほんとうにあったら良い時なので。
次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。国産もつの,あった時などは
思わず目を見張ってしまう癖には,やっぱり,お酒は呑まなくっても,みんなおつまみの
ような,酒の肴メニューは好きなんだな。と,やっぱり,今日は味噌煮込みで,白ゴマの
ペーストなど足して,玉ねぎとキャベツで組み合わせてしまおう,早く料理することの,
『楽しみだ,』こんな。次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。
食事をする時間を,まずは楽しみにして,パイント瓶の調子などを伺っている,そんな夕べ。


結局のところ,国産の小腸とゆうのが見つかって,2店舗目で,3パックセットの
そういった購入を適えて,さては,1回の…

ヨモギ蒸しをして想う『地球』は大きなよどみの海あるからこその

善悪の区別はないのだった。むしろ,悪=灰汁=よどみとしての
あの大海に泳ぎ出て行かなければ,地球体験は叶わない,と。
ヨモギ蒸しをして想う『地球』は大きなよどみの海あるからこその,なので
女性性は大海の中を鷹揚に泰平として,泳ぎ切るイルカの群れのように,
右半身を携えれば,論理の左脳をフル活用してこその,直観だろうから。
何よりの,地球体験とは,この人間体質は惑星を失うことさえも,海の
支えによる,悪の縁の下の支えによりそうゆうよどみといったモノの本意を,
こそ,善悪の区別なしに体験する,その地球体験を,大海に宿す道徳知悉論。
ステンレスフィルターなどでドリップするときの集中してなければ,落ちぬ
その感じを想い出しながら,また,ふ,と。おもうのだった。それは,意識。
ヒステリーは、ヒューマニズムと哀切によって、結び付くと、そうは 思っていたのだけれど、食のパラダイム・シフトなる、珈琲豆乳の、あの 豆腐もできる、青くさい有機豆乳に換えて以来、やっぱりまた 甘い匂いの豆乳に戻すのはわかってはいるのだけれど、しかし、もって。 ガスの火調理はあり得るとは言え、ガス釜のように炊ける、グリル焼き容器に 何でもかでも、アクアパッツァや、グリル野菜や、サザエの壷焼き、 あの鉄製のようなトレイに、豚肉のスペアリブなども包み込んで、蓋して グリルに焼く調理器具には、火の力が宿っているので、コンロに鍋とは また違って、ガスオーブンに親いその煮炊きの仕方や、また締めのリゾットも そうやって、グリルのあとにしてしまう、例えば反射式灯油ストーブに、 暖房器具をシフトする感じと、とても近くて、あの感じ、あの女性性とゆう 感情の裏表を知っている、文学にはGo Humanの欠かせないのだった。
画像通貨など、勝手に呼んでいる、Web上に拡がる絵のすべては、 もう、それら自体、本来のエネルギー画幣として、蔓延する発光体で、 交換経済以前に、人間性を交歓しあっているのだから、僕は 世界中の酵素を、私の地球と画家の呼んだように、この自宅周辺域で デジタル写真に撮って、画幣化して、Web中に落とし込むのだった。 地球を、Saucer of Sky Dish=S.S.Dとして、Web中に落とし込む、のは 画像の姿態で、落とし込まれる、宇宙船地球号の酵素地球は、それらの 変換を、転換期に望んでいると想われるのだった。そうして、その 変換された記憶として…

おおまかに、甘い珈琲豆乳の方が、春の穏やかさに似合ってる

グルメや戦争経済よりも、暮らしや人間性の方が、ウェイトが大きい。
これは、確実に、幸せの結実を予見し知っているのだからだ。 昨夜の豚肉と水菜のニンニクおろし鍋とゆうのに、豆腐を崩して お正月のお餅を最後に使い切り、なんだかわからない夜食をして、 そうして、外は轟々と吹雪いている。同時進行で、ウーロン茶を 温めて、ヨーロピアンブレンドとゆうので、ドリップをしてから、 無調整豆乳と半々に、割っては、元の通り、こんな嵐の日には 音のしない、音のない反射ストーブの余韻にひたって、あの 雪の日には、なぜか暖かい日和の感じられる不思議な平和を心に 抱いている、この不可思議な夜の珈琲を沸かすウーロン茶には、 水を汲んできて、ミネラルウォーターで造ったのが、本当に良かった など、喉ごしと、平和を誘引する切なさ解除の真っすぐさは、同一の モノである。真っすぐに、あの平和を見詰めたい。それは、 解除の途中で分解されかけた感情を取り戻す修復の最中に、 こんな肉団子みたいな男の子のやってきたものだから、白兎さん、 驚いて、まるで何も知らない男の子のような、シンプルさには 何か別様の解決策を以って、平和を実現する、とろみのような 凝結作用を垣間見られたものだから、そうだな、よし。この、 肉団子は、しっかりサラダと合わせてしまおう、など思い立って 音のない雪降る夜。この静けさの中には、もう戻らないことはないのだ、 心配ないのだ。感情は、ひっしと親くに置いてある。心配ない、 なので、血のにじむような辛苦作業は辞めて、まずは、瞑目し、 あの、炬燵に潜り込んではパワーストーンのブレスレットなどを 嵌めて、帽子を被って眠ってしまおう。あんな夜は二度とない、 そんな、大事なパッション=発想を持って、眠ってしまおう。
首の詰まりを解消したくて、首もとに灸を据えて、2、3日。 リンパの流れを良くするものか、あるいは珈琲なども、自我の滞りを 一瞬に取り去ってしまって、下降する着陸気分のハスキーな感じか、 あるいは、自我の抜けた、浮遊する思想の、一度ならぬ極楽気分の 情緒を持つものか、よくある健康診断の前などは、珈琲を一杯。 傾けては、談義した方が好いかも知れない。いつもは、こういう風じゃ ないんだがなあ。けれど、綺麗にしている私のワタシ感覚は、 これは、いわゆる恋の気分とゆうモノで、恋の綺麗さは、 浮ついた…