スキップしてメイン コンテンツに移動

キュウリとズッキーニ。

携帯の着信音が鳴っているのかと思いきや,先ほどの
おやすみ伝えて寝て行った奥さんのいびきだったことに,
驚いた。相当に安心もして,疲れていたんだろう。なんて,
夕食に,ズッキーニのソテーと,キュウリの漬け物を一緒に
食卓に並べてもらって,何だか,火を通してはズッキーニ,
生食ではキュウリとゆう,夏野菜のトップ・レートにはいる,
この代表格のMr&Mrs瑞々しさなんてゆう共通項に,追憶し
驚いた。暑さの中に比類なく怜悧な追究心のある涼しさに,
だんだんと涼しさを増してゆく涼しさに,探求し追及する,この
怜悧な追究心のある涼しさに,だんだんと涼しさを感じながら。

比類なき涼しさ,それは腸活や,冷泉浴に似ている。比類ない,
こうゆう志向を身体に持ってくると,やっぱり食の秋の訪れまで
少し休んで,背中のおできを治すようなイメージで比類ない涼しさ,
キュウリとズッキーニを食べて,ただ身体に正直に冷えていたい,が
冷えているとゆう実感を持てるのも,また暑熱の抱く有限さ。貴重な
この融通の効く,遥かな地球の水平線。入道雲の湧き上がる,湧き上がる
あの,盆踊りの雷鳴ならすよ,お母ちゃん。イザナミの夢を見ることがある,
いっつも自然の味方,次いで彼女の味方をすることのできるのは,スサノオ。
だから,自らを漱石山人のスサノオ神話に駆り立ててゆく。彼女のイザナミ。
イナダとスサノオ,アマテラスとオオクニヌシ。果てはイザナミとイザナギ。
オロチ退治だって,『オロチのようなのが女神だ』って,なりふり構わず言う。
だって,それはただしいことだから,オロチのような女神は愛すべき彼女。
オロチ退治に駆り出される酒造りのアーティスト達は,本当は求めている。
私達には無い,うぶすなの祠を。と,まあこんな嗜好を連れづれに考える,また
いびきは続いている。本当に,感謝だ。そうして,僕は,冷泉浴励行。

オーガニックとゆう指向は,ルーツを求め,根をもとめ,シモーヌ・ヴェーユの
また,ジョン・レノンの,そうして,マクルーハンのようなデジタル指向を産む。
そこに行っては,ゆけない。ブレイクもまたデジタルに叫び,ヴラマンクもそれで
描けなくなった。アーティストの産みだす,オーガニックとはフェミニズムを叫ぶ,
スピリチュアリティ=植物性=男性主事の,アーティスト酒造りに違いないから,
より叫ぶのだ。『解体してゆく文学には,絵画とWebを一体化させよ。もちろんの
事,文学にしか還ってゆく所はないのだから,現代の文学とはOnlineGallery,その
オーガニック・アート・ギャラリー。還ってゆく,画像通貨を追い求めよう!』との
由。暑くて,下の下まで融けて行くオーガニクスも溶解してゆくそんな心地には。
絶えてユキノシタ頬張る,そんな旬彩超えて行く,だから夏の訪れ,過ぎて行く。
もう,存在の呵責とはそんなものではない。暑さ,寒さ。靴下,氷枕の,檸檬とお茶。
きっと,頬張るユキノシタの下には,クマザサなど敷いてある。
敷いてあるのは,また
座布団も同じく。
もう一度,暮らしを見詰めなおしてみよう。
モノづくりより,その。
デジタルの快音鳴り響く,
そうして,還ってゆくのだ”文学”へ。



こちらは如何?

三島文学におけるニニギとジングウの関わりにつき。

三島文学におけるニニギとジングウの関わりについて,その 両者の,ニニギとジングウの異性同士の神々の天孫と八幡神の つながる所に,甘酒より酵母を採ることと,お米を炊いて頂くことの その両面性のつながるような気のして,抑圧の残酷に響く時も, それの獅子と舞うような心地。また,女神のスピリチュアリティと, 咳込む男神の綿帽子に,無論,秋の木陰にもう舞い散ってしまう紅葉の ダンスさえも,そのように,むろんの事。それは残酷な抑圧ではなし, トビナガスネヒコ=大黒=タケミナカタ,ニニギ=神功=タケミカヅチの, そういった,縄文と弥生の入れ替わりのあったとしても,果たしての 自分のジャーマンポテトとバゲット・サンドの対比を好き嫌いしてみたって, 濃いブラック・コーヒーはフランスパンには合うものだし,ビターなチョコも リンゴのシードルなどの酸味も欲しくなるところ。まだ,酸味の必要な時期に でも,いくらそれだって,にゅうめんにはカツオ出汁だしビネガーは入れない。 決して,そうめんにも,暑いからと言って,オイスター・ソースのつゆは,あまり ススまないので,和食を冬に,中華を夏に食べるにあたって,季節自体は入れ替わる ことは,ないのだから。時代性として,ポスト・天孫降臨などは起こりそうもない。
キッチンの照明を換えてもらった節,知り合いの電器屋さんから,父と同い年と伺って 驚いた折には『私も,入換え時で,車も,この間あと先あまり要らないのに替えました』
と聴いて,ああ,そうか。IH調理器も見てもらって,ガスに替える話をしていた矢先 前回のその話題を踏んで,よもやま話をして下さったのだなあ,紅葉の季節に実に風情の あって,落ち葉も,そのように電器を換えて行くさまにも似て,季節と入れ替わり移る。 家の奥さんの,朝の出勤時に,目の前で接触事故をした折などは,正直ぼくの方の動揺は あまりに動転して激しく,それで,奥さんは冷静だったらしい。昼にもなって,ようやく 電器屋さんに渡し余った珈琲缶などを啜って一息つく心地。その車で先週よりの,旅行を 予定していたあげく,天孫降臨の名所旧跡めぐり観光を考えていたものの中止になって, なぜかぼくの方は,ホッとしている。不可思議なくらいホッとしている。それはたぶんの 小難に切り替わったように,無意識は安堵しているのだろう。ガスに替えるようにして, 祖父母か…

エーテル体質は,お炬燵の昼間意識

経済的な観念の上に,聴覚を用いるのか,さて,視覚は, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識によって,幻視の ように進む,エーテル的経済体質の,それは秋の日の 田園風景。かくのごとく,瞑想式にモノを考えるのならば 幻視を支える頭の各種感性は,まず水分補給をし,深呼吸, それよりの座敷に座ってモノを描く,そんな執筆習慣より。 視覚によって,経済を支えず。聴覚によっても,まだ頼らず。 手先指先に慣性を集中して,集中力によって慣性的に支える, それが,エーテル体質は,お炬燵の昼間意識の幻視経済体質。 大地の親和を図るのと同時に,何によって浪費するのかさえ, 気力=生命力=エーテル式にモノを把えて,消費を試みる, それが,エーテル式経済体質。瞑想的でもあるけれど,ようやく そういった,安心できる,精神的な自給自足の循環性に至った。
何か,糖代謝とか,セロトニンのような,そういった自給式の 安定した生活を可能にする,消化一般耐性の,農耕定住化なので, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識による,この例えば糖質制限など 肉食や,生食菜食との関連は,一般の三食常識による栄養補給に よっても解決される,ハイキングと,ふくらはぎマッサージと, 咳風邪の過程に,何とか自力で治した,トンカツや,アイスクリームを 臆さない,常識的な栄養補給の何と功を奏したことなのか,多分は。 そうして,一般常識としての経済は,消費者としての住民は一律とゆう 真逆に把えれば『生産者としての人間性は多種多様で掴めない。』って, 言っていることの常識性は,つねに循環していなかったのだけれど, 何故か,昨今台風の通り過ぎたあとでは,そんな国土親和性とゆう磁気的 変化とともに,再編成する転換変貌する,消費社会の姿を,垣間見る,その 訪れは,夢見るイマジネーションの世界を連想させて,それはほぼ瞑想的な 幻視経済体質の到来,いわんや生産者の対置されない経済の薄明僥倖なのだ。 くらげのように生きる必要が,災害時の自然一体化には,必要であるから。
なにがそんなに,エーテルとか,大地との親和性を感じ考えさせるのだろう?
そうして,経済性や精神性の一貫した循環を垣間見させてくれる,この幻視は
一体どうして,瞑想的に安定して一体訪れるのだろう?ひとつは,そんなに,
ふくらはぎのマッサージの効果のあったのだろうか?とゆうことと,そうゆう