スキップしてメイン コンテンツに移動

ミルク・バタ飴と,考えないことと。

身体の中のバタ飴を,緑茶で解かしてゆく,それはまるで,
考えないことと,例えば,早朝寝起きにあたって,あの,
ひたすらに否定し続けてきた,大地母神のヒステリクスなる,
人間性の礎とも執られがちな,人間臭さのあれやこれやを,
一度,大まかにその,大地母神のヒステリクスに憑りつかれて。
それを,許して,瓦解してゆく,個人的な存在の光りと影。
個体には,存在の光りと,影の両面があるのか?イザナミの,
その大地母神の土の光りと,泉の影とのあいだに橋架けて,
さあ,本質的に人間臭さとは?この,問いに取り組もう。
ミルク・バタ飴と,考えないことと。ヒステリクスはその,
人間味の本質に,何かのカギを隠していて,そんな風貌に,
嫌気の差して,ヨーロピニアリズムは発展してきたのであるが,
やはり,アルベルト・シュヴァイツァーの闘ってきた『眠り病』は
南の島を当時席巻していた大病であったそうですが,そのような
大病めいたヒステリクスとも置き換えられて,その酵素体質は,
もう,現代には合わないらしい。イザナミの顔をして目覚めて,
次第に,陽の翳りに,聖母の面持ちをして,ミルク・バタ飴。

人間性の光りと,影。両立する自己同一性を求めて,遣って来たのは
雪月花響く夜辺の凍てつき。インド・カリーを頂いて還る夜などは,
自分が,業の泉と一体化して返るような,非常な自己同一性を感じる。
業の泉と一体化?そう。全てを呑み込むような濁流に在って,世間は
非情な繰り返しである,昼と夜を持って来ては還してゆく。このような
歴史の光りと影をないまぜに包み込んで,やっぱり,それでよかった,と
こう,思える時は来ないのだろう。凍てつく夜の,カンカンカン,と手すりの
耀いた音のするかと思いきや,ぱぁーっと月の灯りの閃いて,そうだな,
やっぱり,修道院の土壌に活きることは日本でもやっぱり文化めいては,
たったひとつのことを護るためにも必須の気のする,凍てつきの雪月花。
傷跡を内包するようなロマネスクも,もう要らない,そうは思えるのだけれど
ミルク・バタ飴と,考えないことと。身体の中のバタ飴を,緑茶で解かしてゆく,
それはまるで,一度,大まかにその,大地母神のヒステリクスに憑りつかれて。
イザナミの顔をして目覚めて,次第に,陽の翳りに,聖母の面持ちをして。
早く自己同一性の欲しいものだ,聖母の面持ちとは言え,傷跡のロマネスク。

もうすぐ,夜明け前で,虫の音もヒグラシのかなかなに換り,水の夜辺より,
土の光りに替わってゆく,ある静かさの中で,ハンマー投げを見ていると,
体型的には大きくても可愛らしい,そうして,みなど真ん中に投げる安心感。
投げられたハンマーは,リモコン・カーのラジコン・トラックみたいなものに,
がたごと揺られて戻されてゆく。こんな選手の裡にも,菜食主義者の方はある。
そんな,期待めいた可愛らしさを見付ける中で,ああ,自分に親いのだ。一層,
謎めいて,色めき立つ文化的な朝焼けにも嫉妬もしないで見詰める大地母神。
自己同一性?自然一体化,とは叫びつつも,やっぱり中心軸の欲しい,この頃。
朝の明ける前に,大地母神に憑かれる位は最大の進歩と捉えて,まずは聖者の
行進ままならず,聖母の発信たとえようもなく。こんな,清濁併呑する世界に,
もろ手を挙げて,万歳だ。たとえようもなくこんな,水の夜辺と土の光りの,
こんな繰り返しに,昨夜のおつまみなどを抱え込んで,白々と鳴き声のする,
スポーツの朝焼け。身体の中のバタ飴を,緑茶で解かしてゆく,それはまるで,
ミルク・バタ飴と,考えないことと合わせもっては繰り返してゆく夜明けとの,
人生のハンマー投げは,いつも可愛らしいものだ。ミルク・バタ飴と,考えないことと。




こちらは如何?

KARMA SPRINGとゆう、LONDON ONEの書類群。

腸がつまる、など。必然的な兆候を含む、現代のシンドロームには業の湯浴み、として。沢山の娯楽をエンターテイメントのように軽く、 楽しめるかとゆう、趣味の時間を1分2分。どうしようか? ほんとうに湯舟に浸かれる瞬間は、ご褒美だけれど、郵便物を 受け取るための深夜窓口も、寒くって伺う気にはならない。
疲れている?いいや、眠たいのはいちばんのご褒美で、またあの 思考を放棄する瞬間にこそ、曖昧で朦朧とした意識の、それは、 諦念する、問題も、なにもかもなくしてしまわれるのだから、 業の問題を考えるにしても、その問題をこそ、考える理由にこそ、 思考をなくしてしまえる瞬間に、解決されるとゆう、自己回帰。
スムーズに、ヨーグルトのプレーンを朝食に、必然的にも トーストの欲しくなるのは不可思議以上の不思議な事で、 思考し過ぎる事かあ、趣味と言えば趣味らしいモノだろうけれど 逆に、その時期を通りすぎれば、遺産として、KARMA SPRINGとゆう あの書類群の、ギフトだったのだな、ギフトだったのだ。 LONDON ONEとゆう、思考の山人による、最高の贈り物。
篤姫や、真田丸のあとには、足利学校のテーマなどみられる のでは、など、そんな、太陽悪魔や、オロチ伝説の、赤猪岩受難の、 岩戸伝説や、岩窟の聖母像と重ねて、ヒトの受難は、獣神化する道程を 経て、進む。確実な過程として、行程は、目的地の、アマテラスへ。 太陽の夜明けに繋がるのは、そんな、獣神の角と眼の筋の取られて ヒトよりも人らしい、そのグラウンドダウンしてゆく人間性の、 これは、地味に滋味栄養のある、豊富な、例えば、あの古い語の 富国強兵論なども、こうした、筋肉質な糖質制限や、あるいはまた 腸の詰まりは、富国強兵に、カルマ・クリーニングを一跳びして パクチーのコンソメスープなどを啜る朝に、やはりあの、 トーストを欲しくなる、都市街の朝食風景は、ループする。あんな ループする朝食を求めて、世界は廻り続けているとしたら、 このグラウンディング指向も、また、おんなじ様に、新年のお雑煮を、 頂けそうな、そんな年末のグツグツ、カマドは周るのである。

右側のチカラを抜いて、左肩をいきり上げる。

スーパーに出掛けるまでにも、右肩で考えて、そのトータルに見届ける事を優先していた。けれども、その優先度は右肩上がりには 決してならないものだった。トータルに全体主観によってみえる その眺望は限りなくミクロで、情報分析には役立つが、 現状認識には、あまり用をなさないのだ。 現実を見詰めるとは、想像によるものでなし、それは、 未来を無くし、その視点より時間を無くし、左肩上がりで、 あえて時間軸より、あるいはイマジネーションより、もっと 空間的に、リアリティは、期待も時間もない、悪びれたモノ。 スケジュールに関して、悪態をつくくらいの丁度いいのだ。 それは、左胸で考えること、そうして、論理的なリアリティは、 とっても毒づいて、リアリティに頑強に厳密な、 NO TIMEの様。
左胸で考える、それは腹で考える。すぐにはできなくとも、 とりあえず、両脚を伸ばして、アキレス腱を延ばす所より。 あぐらをかいて、息を吐いて、リズムを刻んで、背筋をのばす。 水出し風烏龍珈琲を呑みながら、右側のこめかみにかつては チカラを入れて考えていた、トータルな全体主観を、あえて クリスマスへの供え物にして捧げ、僕はいまもう、この 土の上に落ちた南天の実のように感じながら、土の酵素を身に 付けて、プーアール黒茶を啜るように、あんな感じで、むしろ サンタクロースのように1年の1度せかせか届けものに、 あくせくそれは、黒茶を発酵させる酵素は、毒づいて僕の 論理性リアリティとよく似ている。これは、烏龍珈琲のミラクルでも、 毒は薬にもなる、ホメオパシックな奇跡的酵素生成にも似て、 本当に、実際に効果的なモノとは、毒素を酵素に変質させる何か。