スキップしてメイン コンテンツに移動

堀辰雄氏の願いいわく,源泉の感情とゆう。

眩惑と憧れの,心のフィルターの無さより産まれる,その
ロマネスク。阿波踊りも,堀辰雄氏も僕にとってはスセリビメ。
原初の発案を物するヤガミの芥川先生とは打って換って,それは
酷い言い方かもしれないけれど,心のフィルターを除いては,あの
カオスとラスト・ダンスする陶酔のそれはやはり眩惑と憧れ,では
理想と共にあるロマネスクとは,一枚ぐらいフィルターを付けて,
やたらめったら泥酔までして昏睡にいたる文化的陶酔よりも,もっと
先にある,肝臓のほどけてゆく心地の,ロマネスクとは理想の堅牢さ。
酔ってしまう,いいやゑひもせずなので,もっと浴びるのは冷水泉で,
堅牢な理想に護られた空間を,堀辰雄氏の願いいわく,源泉の感情とゆう。
源泉は不純だ,って詩人は言った,確かにそうだ。不純だからこそ見詰め,
フィルターのあるからこそ湧き出る泉は飲用水になる。ロマネスクにとって
理想の堅牢さを求めるのは,願いによっては独り室の中で眺める積雪寒椿。
寒いから手袋を嵌め,靴下を履き,布団を被り,外を見やる。だから,
理想のロマネスクにとってのフィルターとは雪被りのようなもので,白雪は愛。
フィルターの付いた陶酔をロマネスクと呼び,あのカオスとダンスする季節は
その季節自体をあらわすのではなく,頭の中から呼びかける人間頭蓋の神秘。
ただ,つらつらと滴る雫。

都市においては町屋の意識は本当に理想的である。あるからこそ,ロマネスク。
文化性を護ろうとして,芸術は自然を模写するし,文化を守るために,彼らは
行進を続ける。耽美だ。言ってはいけないが,堀辰雄氏の文学は耽美でもある。
文化的に耽美である。1つ飛び跳ねて文化→芸術→耽美の境をひとっ跳びして,
都市的な町屋意識にまで飛躍する加減,非常にユーモラスで恬淡と無頓着。その,
そんな感じに見えて,再び太宰の視点を持つのに,ユーモラスではあるが”堀”は,
溝の深い崖っぷちの神を識っている。知己であるからこそ怖いし,ライバルとしては
敵わない。敵に見えて,敵に見えないから,ユーモラスで,無頓着な天衣無縫。
スセリ-堀氏と言ったからには太宰-大貴己は化学の結婚を申合せて疾く論調高き登壇し。

『芥川氏,芥川氏のストレート・ティーは美味かった。美味かったのだけれど,
 堀くんは,ロイヤル・ミルク・ティーを初めて造ってくれた。ちなみに私は,
 似たり寄ったりの,チャイ・ティーを物して振る舞ったけど。
 ”太宰君はチャイ,
 あんな桂皮シナモンの濃い立茶をして供してくれたのだから,一矢報いねば”。

そんな評判を経て,東照宮=信長公=義元公の三者の鼎談は始まるのだろう。
 
 芥川氏は凄い。演出家も出来てライバルも役者勝手の良い好敵手を演じてはくれる。
 堀くんも怨めいては春のツンとした花の香りのような,ずっと文化を護っている。
 太宰,私は,ただ務めを果たすばかりで御座います。肝臓先生のおっしゃるとおり。
 花の匂いに酔いまして,本日灯籠何点立っていたのか,篤と目を瞑ながら数えます。』


化学の結婚。余りにimaginaryな突端をして,本当にこの世界に立っているとは,
どうゆうことなのか,不思議に願いながら,堀辰雄氏の願いいわく,源泉の感情とゆう。
源泉は不純だ,って詩人は言った,確かにそうだ。不純だからこそ見詰め,
フィルターのあるからこそ湧き出る泉は飲用水になる。ロマネスクにとって
理想の堅牢さを求めるのは,願いによっては独り室の中で眺める積雪寒椿。
寒いから手袋を嵌め,靴下を履き,布団を被り,外を見やる。だから,
理想のロマネスクにとってのフィルターとは雪被りのようなもので,白雪は愛。
フィルターの付いた陶酔をロマネスクと呼び,あのカオスとダンスする季節は
その季節自体をあらわすのではなく,頭の中から呼びかける人間頭蓋の神秘。
ただ,つらつらと滴る雫。頭蓋から外を眺めるとは,文化を超えた肉薄のする,
そんな観察で,もう,一瞬淘汰される文化の礎を超えてしまえばロマネスクは太宰の
既視感に到りvisionary=記憶は記憶として放逐されそれはヴィジョンの上ではもはや
現象ではない。記憶は現象を造る記憶はrealityを連れてくるimaginary-visionary-reality
の三羽がらす。もうすぐ卵を抱えて出掛けるよ。薄緑と青と黄色いそれぞれの宝物。
つとにこの祈りを籠めて,堀辰雄氏の願いいわく,源泉の感情とゆう。の,論評を描き
スセリビメとの婚礼を終える太宰=大貴己のrealism-vision,version-imagine,songの
記憶には,既に祈りの心地に彼の神オオナムチは,平穏とゆうより,ライバル視して
花嫁を嗤わせる為,あの手この手で憶えた必勝法を堀さんの文学に投げかけているのだ。
チャイ・ティーの,あの旨さの解る頃にはもうお手上げなさろうと。
ロマネスクの理想的堅牢の微笑むのは,彼自身の鑑となって花嫁の無頓着さを映す時。



こちらは如何?

三島文学におけるニニギとジングウの関わりにつき。

三島文学におけるニニギとジングウの関わりについて,その 両者の,ニニギとジングウの異性同士の神々の天孫と八幡神の つながる所に,甘酒より酵母を採ることと,お米を炊いて頂くことの その両面性のつながるような気のして,抑圧の残酷に響く時も, それの獅子と舞うような心地。また,女神のスピリチュアリティと, 咳込む男神の綿帽子に,無論,秋の木陰にもう舞い散ってしまう紅葉の ダンスさえも,そのように,むろんの事。それは残酷な抑圧ではなし, トビナガスネヒコ=大黒=タケミナカタ,ニニギ=神功=タケミカヅチの, そういった,縄文と弥生の入れ替わりのあったとしても,果たしての 自分のジャーマンポテトとバゲット・サンドの対比を好き嫌いしてみたって, 濃いブラック・コーヒーはフランスパンには合うものだし,ビターなチョコも リンゴのシードルなどの酸味も欲しくなるところ。まだ,酸味の必要な時期に でも,いくらそれだって,にゅうめんにはカツオ出汁だしビネガーは入れない。 決して,そうめんにも,暑いからと言って,オイスター・ソースのつゆは,あまり ススまないので,和食を冬に,中華を夏に食べるにあたって,季節自体は入れ替わる ことは,ないのだから。時代性として,ポスト・天孫降臨などは起こりそうもない。
キッチンの照明を換えてもらった節,知り合いの電器屋さんから,父と同い年と伺って 驚いた折には『私も,入換え時で,車も,この間あと先あまり要らないのに替えました』
と聴いて,ああ,そうか。IH調理器も見てもらって,ガスに替える話をしていた矢先 前回のその話題を踏んで,よもやま話をして下さったのだなあ,紅葉の季節に実に風情の あって,落ち葉も,そのように電器を換えて行くさまにも似て,季節と入れ替わり移る。 家の奥さんの,朝の出勤時に,目の前で接触事故をした折などは,正直ぼくの方の動揺は あまりに動転して激しく,それで,奥さんは冷静だったらしい。昼にもなって,ようやく 電器屋さんに渡し余った珈琲缶などを啜って一息つく心地。その車で先週よりの,旅行を 予定していたあげく,天孫降臨の名所旧跡めぐり観光を考えていたものの中止になって, なぜかぼくの方は,ホッとしている。不可思議なくらいホッとしている。それはたぶんの 小難に切り替わったように,無意識は安堵しているのだろう。ガスに替えるようにして, 祖父母か…

桐の葉と,鳥獣戯画と,八束の剣と。

気づいたら,安吾の地粉のような練り方と,三島文学の諧謔に, 独特の美学とを合わせたような感じで,堀ロマネスクの蕩尽と, 川端ホムダワケの浄霊効果の上には,芥川氏の論理性の教育の, 漱石山人の桐の葉と,鳥獣戯画と,八束の剣と。大谷崎には, またもイザナミの刻印を授かって,さあ。太宰のその中立中和, 親和調和のみごとな無頓着さを,さあ。中心軸に添えられたら, 酢豚のような酸味には,パイン・フルーツのトロピカル郷土の 山岳料理などを嗜めて,たまのデカフェ珈琲にミルクを割ったり, そうやって,身体中をサラサラにしたいと望みながらも,郷土の 強烈な土着酵素のロマンチシズムを鑑みては,夜型の自分の昼は こうして,夜食の片付けや,湯沸かしや,買い物に鍵締めなどを する自分の夕刻に遣って来て。けれども,決して暗いのの好きじゃ ない訳ではないのだから。カフェオーレを傍に置きながら,この CD造りや,簡単なスケジュール調整などをモノづくりに照らしては 考える,何だかジャコピーナッツのような,そんなつまみの時間が 好きなのだった。モーレツに,そう。好きなのだった。
考えたり,それを過ぎて考えなくなったり。考えなくなったりもする, この時間は,とっても好きなのだ。素敵な本とは,どうゆうものだろう とは,イメージしてみるのに,絵のない絵本。とは,アンデルセンなどは ほんとうに絵のない絵本があったら,どれほどすばらしい本の出来上がるか? こうやって想像して,冒頭の月のシーンなどはそのヴィジョンだけで,もう 一介の,その一遇を照らす,すばらしい本を頭脳の書棚に掛けていてくれる。 詩学とゆうのは考えないところから始まり,意味の詩学があるのなら,それは 哲学・文学の境遇に身を置いているとゆう証左になっているので,考えなくなったり。 そうして,詩学の始まり,結局は月の登場する冒頭のシーンへと還ってゆく。 メルヘンが必要なのだとはゆうけれども,メルヘンである日常に追加するのは, コッテリした童話である必要はない,そんな意味深な調味料は眼をつぶしてしまうので, それこそ,気づかずにいる,本体の”メルヘンである日常”に,気づかせる,お酢のような そんな,目覚めの香辛料をこそ,普段の何気ない詩学としての香辛料こそ,やはり 頭脳の書棚には掛けておきたい。スパイスのある風景には,意味より香りの詩学。
ようやく…