スキップしてメイン コンテンツに移動

堀辰雄氏の願いいわく,源泉の感情とゆう。

眩惑と憧れの,心のフィルターの無さより産まれる,その
ロマネスク。阿波踊りも,堀辰雄氏も僕にとってはスセリビメ。
原初の発案を物するヤガミの芥川先生とは打って換って,それは
酷い言い方かもしれないけれど,心のフィルターを除いては,あの
カオスとラスト・ダンスする陶酔のそれはやはり眩惑と憧れ,では
理想と共にあるロマネスクとは,一枚ぐらいフィルターを付けて,
やたらめったら泥酔までして昏睡にいたる文化的陶酔よりも,もっと
先にある,肝臓のほどけてゆく心地の,ロマネスクとは理想の堅牢さ。
酔ってしまう,いいやゑひもせずなので,もっと浴びるのは冷水泉で,
堅牢な理想に護られた空間を,堀辰雄氏の願いいわく,源泉の感情とゆう。
源泉は不純だ,って詩人は言った,確かにそうだ。不純だからこそ見詰め,
フィルターのあるからこそ湧き出る泉は飲用水になる。ロマネスクにとって
理想の堅牢さを求めるのは,願いによっては独り室の中で眺める積雪寒椿。
寒いから手袋を嵌め,靴下を履き,布団を被り,外を見やる。だから,
理想のロマネスクにとってのフィルターとは雪被りのようなもので,白雪は愛。
フィルターの付いた陶酔をロマネスクと呼び,あのカオスとダンスする季節は
その季節自体をあらわすのではなく,頭の中から呼びかける人間頭蓋の神秘。
ただ,つらつらと滴る雫。

都市においては町屋の意識は本当に理想的である。あるからこそ,ロマネスク。
文化性を護ろうとして,芸術は自然を模写するし,文化を守るために,彼らは
行進を続ける。耽美だ。言ってはいけないが,堀辰雄氏の文学は耽美でもある。
文化的に耽美である。1つ飛び跳ねて文化→芸術→耽美の境をひとっ跳びして,
都市的な町屋意識にまで飛躍する加減,非常にユーモラスで恬淡と無頓着。その,
そんな感じに見えて,再び太宰の視点を持つのに,ユーモラスではあるが”堀”は,
溝の深い崖っぷちの神を識っている。知己であるからこそ怖いし,ライバルとしては
敵わない。敵に見えて,敵に見えないから,ユーモラスで,無頓着な天衣無縫。
スセリ-堀氏と言ったからには太宰-大貴己は化学の結婚を申合せて疾く論調高き登壇し。

『芥川氏,芥川氏のストレート・ティーは美味かった。美味かったのだけれど,
 堀くんは,ロイヤル・ミルク・ティーを初めて造ってくれた。ちなみに私は,
 似たり寄ったりの,チャイ・ティーを物して振る舞ったけど。
 ”太宰君はチャイ,
 あんな桂皮シナモンの濃い立茶をして供してくれたのだから,一矢報いねば”。

そんな評判を経て,東照宮=信長公=義元公の三者の鼎談は始まるのだろう。
 
 芥川氏は凄い。演出家も出来てライバルも役者勝手の良い好敵手を演じてはくれる。
 堀くんも怨めいては春のツンとした花の香りのような,ずっと文化を護っている。
 太宰,私は,ただ務めを果たすばかりで御座います。肝臓先生のおっしゃるとおり。
 花の匂いに酔いまして,本日灯籠何点立っていたのか,篤と目を瞑ながら数えます。』


化学の結婚。余りにimaginaryな突端をして,本当にこの世界に立っているとは,
どうゆうことなのか,不思議に願いながら,堀辰雄氏の願いいわく,源泉の感情とゆう。
源泉は不純だ,って詩人は言った,確かにそうだ。不純だからこそ見詰め,
フィルターのあるからこそ湧き出る泉は飲用水になる。ロマネスクにとって
理想の堅牢さを求めるのは,願いによっては独り室の中で眺める積雪寒椿。
寒いから手袋を嵌め,靴下を履き,布団を被り,外を見やる。だから,
理想のロマネスクにとってのフィルターとは雪被りのようなもので,白雪は愛。
フィルターの付いた陶酔をロマネスクと呼び,あのカオスとダンスする季節は
その季節自体をあらわすのではなく,頭の中から呼びかける人間頭蓋の神秘。
ただ,つらつらと滴る雫。頭蓋から外を眺めるとは,文化を超えた肉薄のする,
そんな観察で,もう,一瞬淘汰される文化の礎を超えてしまえばロマネスクは太宰の
既視感に到りvisionary=記憶は記憶として放逐されそれはヴィジョンの上ではもはや
現象ではない。記憶は現象を造る記憶はrealityを連れてくるimaginary-visionary-reality
の三羽がらす。もうすぐ卵を抱えて出掛けるよ。薄緑と青と黄色いそれぞれの宝物。
つとにこの祈りを籠めて,堀辰雄氏の願いいわく,源泉の感情とゆう。の,論評を描き
スセリビメとの婚礼を終える太宰=大貴己のrealism-vision,version-imagine,songの
記憶には,既に祈りの心地に彼の神オオナムチは,平穏とゆうより,ライバル視して
花嫁を嗤わせる為,あの手この手で憶えた必勝法を堀さんの文学に投げかけているのだ。
チャイ・ティーの,あの旨さの解る頃にはもうお手上げなさろうと。
ロマネスクの理想的堅牢の微笑むのは,彼自身の鑑となって花嫁の無頓着さを映す時。



こちらは如何?

結局のところは攻撃性と受容れる心の対比に

雪のためにいつも帽子をかぶっている。朝は,久しぶりに 珈琲を淹れて,ゆっくりと氷を3個いれては,ブラックで ぐびっと呑んでしまった。結局のところは攻撃性と受容れる 心の対比に,なってみて答えは,きっとアイスコーヒーの。 ロマンティックに朝を迎えられるのかとは,思うほどに, 夜のあいだになにか見つけた気分で,起き出す一歩,二歩の あのとき,何と答えたらよかったろう?あの問い合わせは, ゆっくり休んでいますか?と訊かれて,そうして,ええ。 とっても大丈夫なので。そうやって,答えて,いつも2人の 関係は相手を思い遣る心地と返答に優しく大丈夫。と,言う その間柄には,なにもウォーリーすることはないのだった。 冷たい窓の寒風の音しかしない日は,ストーブを点けずに, 炬燵だけで,アイスコーヒーをたっぷり呑んで,罪と罰,の 朗読を聴きながら改めて良く活きるための自分の処世訓を, 描きだす頭の中で。
2杯目の珈琲を淹れて,豆乳と割って,静かに机に置いているので, そんなに,悩むことはなかったなど,今更想う事ではないのだけれど, 寒さ故の,不安や焦燥感の心配などは取り越し苦労とはゆうなれども むしろの事は寒さに冷えた身体を心配する自らの身体性であろうとは 避けて通られぬ悩みであるので,初老の男が,やがて身を滅ぼすのは きっと恋に故の事であろう,とゆう朗読を聴きながら,やはりその事。 出版の方へ向かう,手切れのお金の話題などを,彼の罪と罰に感じながらも やや,不詳な話しぶりではあるけれど,そういった寒さの想いはどこかしら 地球を想えば,寒さは至極である。けれども,経済の隆盛を担えば,その 薄着で笑う気持ちは,どこかの業に呑み込まれてしまう。なので,この スヴィドリガイロフとゆうおじさんに,自らの業を重ね合わせながら,やがて 寒さに嗤う私の気持ちを,やっぱりいつも,この罪と罰の裡に,神のテーマは 例えば,第三者的神の視点で罪と罰を眺めるのならば,なんだか,意味がありそうで 結局のところは攻撃性と受容れる心の対比に,業による罪と罰は,無意味ではないのか? 無意味でありそうで,無であることの意味を示すそのあたりの,無の現われるあたりが 神の視点を想起させる世界文学の,轟々と世界は吹雪いているのだけれど, なぜ産まれるとゆうこの事自体の,活きた蟹を食べたら,熱病に罹るとゆうジンクスなど を感じながら,生きるテーマといったモノがあるのならば,ひとつひとつの…

ヨモギ蒸しをして想う『地球』は大きなよどみの海あるからこその

善悪の区別はないのだった。むしろ,悪=灰汁=よどみとしての
あの大海に泳ぎ出て行かなければ,地球体験は叶わない,と。
ヨモギ蒸しをして想う『地球』は大きなよどみの海あるからこその,なので
女性性は大海の中を鷹揚に泰平として,泳ぎ切るイルカの群れのように,
右半身を携えれば,論理の左脳をフル活用してこその,直観だろうから。
何よりの,地球体験とは,この人間体質は惑星を失うことさえも,海の
支えによる,悪の縁の下の支えによりそうゆうよどみといったモノの本意を,
こそ,善悪の区別なしに体験する,その地球体験を,大海に宿す道徳知悉論。
ステンレスフィルターなどでドリップするときの集中してなければ,落ちぬ
その感じを想い出しながら,また,ふ,と。おもうのだった。それは,意識。
ヒステリーは、ヒューマニズムと哀切によって、結び付くと、そうは 思っていたのだけれど、食のパラダイム・シフトなる、珈琲豆乳の、あの 豆腐もできる、青くさい有機豆乳に換えて以来、やっぱりまた 甘い匂いの豆乳に戻すのはわかってはいるのだけれど、しかし、もって。 ガスの火調理はあり得るとは言え、ガス釜のように炊ける、グリル焼き容器に 何でもかでも、アクアパッツァや、グリル野菜や、サザエの壷焼き、 あの鉄製のようなトレイに、豚肉のスペアリブなども包み込んで、蓋して グリルに焼く調理器具には、火の力が宿っているので、コンロに鍋とは また違って、ガスオーブンに親いその煮炊きの仕方や、また締めのリゾットも そうやって、グリルのあとにしてしまう、例えば反射式灯油ストーブに、 暖房器具をシフトする感じと、とても近くて、あの感じ、あの女性性とゆう 感情の裏表を知っている、文学にはGo Humanの欠かせないのだった。
画像通貨など、勝手に呼んでいる、Web上に拡がる絵のすべては、 もう、それら自体、本来のエネルギー画幣として、蔓延する発光体で、 交換経済以前に、人間性を交歓しあっているのだから、僕は 世界中の酵素を、私の地球と画家の呼んだように、この自宅周辺域で デジタル写真に撮って、画幣化して、Web中に落とし込むのだった。 地球を、Saucer of Sky Dish=S.S.Dとして、Web中に落とし込む、のは 画像の姿態で、落とし込まれる、宇宙船地球号の酵素地球は、それらの 変換を、転換期に望んでいると想われるのだった。そうして、その 変換された記憶として…

次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。

聖書物語と照らし合わせれば,ヘッセの聖母マリアの居て,
そこに,聖アンナは母として,シュヴァイツァーだったりする。 そうして,トーマス・マンの聖ヨゼフの中には,遠くアンナの母君と しての,ヘミングウェイ=St.Clausの姿の浮かんだりしたのだった。
ここで,ヘミングウェイには,白い狼のツルゲーネフや,遠くシュメールの
神であるとゆうアヌンナキ=ノストラダムスなどの影が追いかけられては,
その形姿に僕は,すでにゾッコンなのだった。さあ,ヘミングウェイ?と。
さあ,パイント瓶の形をしたペットボトルにバチルス菌と,きな粉烏龍珈琲を
淹れて呑む心地は,まるで,線虫などが国土を走る様子を,神は龍と呼ぶ?
その,次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。まるで,
アイスバーンになって,つるつるの路面を,舞う雪煙に,ああ,うつくしい。
なんて,とろんとした眼つきで,その穏やかな車内と,荒野のような雪原を
眺めて,あれは,ようやく私の不安症の龍神さんの抜けることで,ただの人に,
戻れることの夕餉。今日は,昨夜の味噌鍋で,チゲもつ煮込みをしたら良いものか?


あるいは,ポン酢を温めて酒を抜いておいたので,この間は酔っぱらってしまったけれど
この,お出汁とみりん酒お醤油を,コトコトしたモノに,米酢とレモン果汁を加えて造る
手造りポン酢によって,豚バラ肉と白菜のミルフィーユ鍋には,ウィンナーや白滝を載せて
いつものように,暖かく食べる。食べながら,またたく頂いてしまうその様子には,合掌。
大根おろしなども付けられたら良いのだけれど,それは,ほんとうにあったら良い時なので。
次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。国産もつの,あった時などは
思わず目を見張ってしまう癖には,やっぱり,お酒は呑まなくっても,みんなおつまみの
ような,酒の肴メニューは好きなんだな。と,やっぱり,今日は味噌煮込みで,白ゴマの
ペーストなど足して,玉ねぎとキャベツで組み合わせてしまおう,早く料理することの,
『楽しみだ,』こんな。次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。
食事をする時間を,まずは楽しみにして,パイント瓶の調子などを伺っている,そんな夕べ。


結局のところ,国産の小腸とゆうのが見つかって,2店舗目で,3パックセットの
そういった購入を適えて,さては,1回の…