スキップしてメイン コンテンツに移動

情況浪漫エッセイ,

サヨナラ珈琲,こんな気持ちで,梅雨の再来のような,あの
涼やかで飴玉みたいに甘い,チラチラと虫の音の耀く湿原を,
扇風ファンのガヤガヤとした音色の裏で響く,あの涼やかで
飴玉みたいに甘い,チラチラと虫の音の耀く湿原を,追悼の。
このさなかではお盆前に感じる,ひやひやと美しい虫の音を,
そんなに殊更騒ぐほどでもない。けれど,サヨナラ珈琲,
こんな気持ちで,梅雨の再来のような,静かな弔いのムードは
幽冥の,一種の安らぎにも親い。ただ,安らぎに任せて,心臓も
ぎゅっと掴まれたようなそんな心地で,言葉をうしなう。この,
無抵抗な,あのヒステリクスにはヒステリクスで任せてしまうこの,
元来,ぼやあっとしているには変わりないのだから,任せてしまう。
サナトリウム文学の窓辺のような,哀切の芳香を漂わせる何らかの,
不思議,不可思議。夜は,眠りに就くもので,朝には目覚める,そんな
魂には。夜露を呑むコオロギの気持ちはワカルマイ。宇宙船が跳んで,
スペース・シップの鳴く,こんな草原の,夜の演奏会は観らるまい。

哀愁だ,虫の音は哀切な,宇宙も言葉もリズムさえもない,その哀切な,
ロゴス=心臓をうしなった世界では,はても無いようで,果てに居るから,
もうすぐ晴れやかな気持ちはするにしても,甘いフレイバード・ミルクティ。
ブラウンシュガー・シラップでも掛けて凍えた,両脚を暖めて,バンビ。
凍てつく現場では,そうしたファンシーな文化は起こるものなんだ。やっぱり
究極には,人間性の現場で生きる者にはファンタジック・メルヘンチックな,
何かの芳香的な薬味の必要になってくる。人間性<メルヘンなのだな。こう,
孤独や,嘆息と失語の中に見え隠れするのは,ロシア文学のようなメルヘン。
メルヘンと言っては,凍える事に疎そうに見えるけれども,人間性の夜に,
爆裂音楽のような,クラシカルな調べの起こるのは,そういったバイキングの
あるいは貴族的な海賊の以て産まれた癒しの調べなのだろう。ロシアの春,
とゆうものがあれば,それは,春地帯でも良いのだけれど,あるいは北欧の,
海の碧さを直視できる一瞬の晴合いでもいいでしょうが,それは,無我の瞬間。
漱石の無我の境地は晩年は常にそうだったのだろう,そうして,堀辰雄よりの,
創作めいた,芥川からの直系で,遠藤周作までの殉教詩譚に移ってゆくのだろう,
喜び?飽和?漫談閑談?こんな,富栄養に親い,国譲りのようなご歓談はここには,
もう,用はないのだろう。情況浪漫エッセイ,願わくば,お盆甘露時代詩。

本当に,何らかの富栄養化した,時代の露呈は終わろうとしている。これは,正答。
心臓は止まってしまったかのそんな調べをよく聞くのだ。鼓動のような,虫の音。
何だろう,ロマネスクではないのだったら,失語の果てに,何をみるのだろう?
すやすやと眠る,寝息のさざめき。これで一応は安心できる。無理をすると,胸の
辺りの締め付けられる。これは,きっと身もふたもなく無理をしてきたからだろう?
身体の苦難とゆうよりは,飲み会の席で話される,心の無理とゆうやつです。こんな
取り繕っても意味はない,無理をしても意味はない。これは,愚鈍とゆうより,あんな
ノンシュガーの,低脂肪の凍り過ぎないヌルめの何かで,ゆっくり融かしてゆく,その
ザラメ入りのかき氷のようなものです,私は愚鈍ならば,サービス精神もないはずなのだ
だから,こうして,サービス<心臓=ハート=ロゴスの帳尻を付けようと画策している,
あくまでも冷静に,したり顔で,河童のように,カワウソと地底の国でバチバチ飛ばしてる。
タイガの解けてゆくような,そんな瞬間は必要だろう,こころの凍土は消えてゆく,
なのでだから,そんなに追及してゆくこともない。結局のところはロマネスク<哀悼の
このさなかにあって,時代は,どんどん進行してゆく逆戻りに。お盆甘露時代詩。
願わくば,情況浪漫エッセイ,停車場まで送ってくれませんか?あるいは,この栗饅頭,
あの停車場にまで,届けてくれやせんか?きっと,疲れて帰って来てるはずなんです,
栗の顔した,熊みたいな奴ですから。

こちらは如何?

三島文学におけるニニギとジングウの関わりにつき。

三島文学におけるニニギとジングウの関わりについて,その 両者の,ニニギとジングウの異性同士の神々の天孫と八幡神の つながる所に,甘酒より酵母を採ることと,お米を炊いて頂くことの その両面性のつながるような気のして,抑圧の残酷に響く時も, それの獅子と舞うような心地。また,女神のスピリチュアリティと, 咳込む男神の綿帽子に,無論,秋の木陰にもう舞い散ってしまう紅葉の ダンスさえも,そのように,むろんの事。それは残酷な抑圧ではなし, トビナガスネヒコ=大黒=タケミナカタ,ニニギ=神功=タケミカヅチの, そういった,縄文と弥生の入れ替わりのあったとしても,果たしての 自分のジャーマンポテトとバゲット・サンドの対比を好き嫌いしてみたって, 濃いブラック・コーヒーはフランスパンには合うものだし,ビターなチョコも リンゴのシードルなどの酸味も欲しくなるところ。まだ,酸味の必要な時期に でも,いくらそれだって,にゅうめんにはカツオ出汁だしビネガーは入れない。 決して,そうめんにも,暑いからと言って,オイスター・ソースのつゆは,あまり ススまないので,和食を冬に,中華を夏に食べるにあたって,季節自体は入れ替わる ことは,ないのだから。時代性として,ポスト・天孫降臨などは起こりそうもない。
キッチンの照明を換えてもらった節,知り合いの電器屋さんから,父と同い年と伺って 驚いた折には『私も,入換え時で,車も,この間あと先あまり要らないのに替えました』
と聴いて,ああ,そうか。IH調理器も見てもらって,ガスに替える話をしていた矢先 前回のその話題を踏んで,よもやま話をして下さったのだなあ,紅葉の季節に実に風情の あって,落ち葉も,そのように電器を換えて行くさまにも似て,季節と入れ替わり移る。 家の奥さんの,朝の出勤時に,目の前で接触事故をした折などは,正直ぼくの方の動揺は あまりに動転して激しく,それで,奥さんは冷静だったらしい。昼にもなって,ようやく 電器屋さんに渡し余った珈琲缶などを啜って一息つく心地。その車で先週よりの,旅行を 予定していたあげく,天孫降臨の名所旧跡めぐり観光を考えていたものの中止になって, なぜかぼくの方は,ホッとしている。不可思議なくらいホッとしている。それはたぶんの 小難に切り替わったように,無意識は安堵しているのだろう。ガスに替えるようにして, 祖父母か…

エーテル体質は,お炬燵の昼間意識

経済的な観念の上に,聴覚を用いるのか,さて,視覚は, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識によって,幻視の ように進む,エーテル的経済体質の,それは秋の日の 田園風景。かくのごとく,瞑想式にモノを考えるのならば 幻視を支える頭の各種感性は,まず水分補給をし,深呼吸, それよりの座敷に座ってモノを描く,そんな執筆習慣より。 視覚によって,経済を支えず。聴覚によっても,まだ頼らず。 手先指先に慣性を集中して,集中力によって慣性的に支える, それが,エーテル体質は,お炬燵の昼間意識の幻視経済体質。 大地の親和を図るのと同時に,何によって浪費するのかさえ, 気力=生命力=エーテル式にモノを把えて,消費を試みる, それが,エーテル式経済体質。瞑想的でもあるけれど,ようやく そういった,安心できる,精神的な自給自足の循環性に至った。
何か,糖代謝とか,セロトニンのような,そういった自給式の 安定した生活を可能にする,消化一般耐性の,農耕定住化なので, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識による,この例えば糖質制限など 肉食や,生食菜食との関連は,一般の三食常識による栄養補給に よっても解決される,ハイキングと,ふくらはぎマッサージと, 咳風邪の過程に,何とか自力で治した,トンカツや,アイスクリームを 臆さない,常識的な栄養補給の何と功を奏したことなのか,多分は。 そうして,一般常識としての経済は,消費者としての住民は一律とゆう 真逆に把えれば『生産者としての人間性は多種多様で掴めない。』って, 言っていることの常識性は,つねに循環していなかったのだけれど, 何故か,昨今台風の通り過ぎたあとでは,そんな国土親和性とゆう磁気的 変化とともに,再編成する転換変貌する,消費社会の姿を,垣間見る,その 訪れは,夢見るイマジネーションの世界を連想させて,それはほぼ瞑想的な 幻視経済体質の到来,いわんや生産者の対置されない経済の薄明僥倖なのだ。 くらげのように生きる必要が,災害時の自然一体化には,必要であるから。
なにがそんなに,エーテルとか,大地との親和性を感じ考えさせるのだろう?
そうして,経済性や精神性の一貫した循環を垣間見させてくれる,この幻視は
一体どうして,瞑想的に安定して一体訪れるのだろう?ひとつは,そんなに,
ふくらはぎのマッサージの効果のあったのだろうか?とゆうことと,そうゆう