スキップしてメイン コンテンツに移動

混沌的・根本的に。ロマネスクより転向。

ロマンスから,純粋な混沌だ。悪態・媚態的にそうゆう気分に,
なることもある。ロマネスクは芥川の知性によっては与えられ
理性の旗手たる永遠の漱石山人には,鉄の思考を教わるのだが,
しかしながら。混沌的・根本的にロマネスクより転向。なので,
ロマンスから,純粋な混沌だ悪態・媚態的にそうゆう気分に
なることもある。と言ったぐあい,よくあることなのだろうけど。
太宰のような『ロマンスより混沌に』生きる。このぐあい,では,
坂道をくだって,また違う急坂をものともせず上がればよい。この,
そんな感じで,太宰先生について行きますよ。

運筆,とゆう言葉をよく聴くのだけれど,それは先生の著作を読んで
一層のことよく感じることなのですけれども,果たして,筆を運ぶ,
先生は,いたってガムシャラに書いていたそう,だと,モノの本では
伝え聞いたので,太宰先生の,この運筆傾向については,一票・賛成。
ガムシャラに書くその感じ,気だるさを与えながら,筆は速いことを
理想におもってらしったのか,他の文学者のモノを読んでも,思わない
この,筆の速さ,完成までのとゆうより理想的速度の,いたってこの感じ,
よくでている気のする。例えば,資本主義制なるものが,いかに反感を
喰らうようになっても実に,速度優先で動く感じ,この感じは,利便性を
確保するために(実際問題,利便性の必要性はどこまで?)いつまでも,
すすんでいかなくてはならない,この感じ。僕自身は,安定のロマネスク,
芥川氏の薫陶より安定したその工芸の世界より脱け出す気は,さらさら,と
なかったようなので,それが,興味本位に外の世界へ出たくって,知性より
いっぽ外の速度型の優先順位をみるにつけて,なんと,

混沌的・根本的にロマネスクより転向。なので,
ロマンスから,純粋な混沌だ悪態・媚態的にそうゆう気分に
なることもある。と言ったぐあい,よくあることなのだろうけど。
太宰のような『ロマンスより混沌に』生きる。このぐあい,では,
坂道をくだって,また違う急坂をものともせず上がればよい。この,
そんな感じで,太宰先生について行きますよ。

こんなぐあいに,速度型の,カオスのように,ものおじしないその感じ。
いっぽうに地平線あれば他方には水平線のひろがる彼方,はてはさては
僕は,地平線の方へ,なぜかしら,知性のある側面のカオスをまた感じて
飛び込んでゆきたい水平線よりは戻って来て,上衣を絞れば,ああ,またか
この速度型の世界に,小鳥はばたき,虫はさえずり,カオスは日登り沈む。
森の木陰にやすらう気持ちは誰も同じで,さらには果物をもぎとって頂く。
この腹の空きぐあいにいたって,そうそう違わない。こうやって,水を分け合い
命の神秘に涙する,笑顔は哀しみの裏返し。そう,カオスだ。もうすぐ,月の
出る頃合いにはその不思議を知らなくっても,お月見団子を頬張った。何かを,
知っていたのではないのか?資本制以前の,自然の暮らしに視る,『彼らの』,
眼差しには。

こちらは如何?

三島文学におけるニニギとジングウの関わりにつき。

三島文学におけるニニギとジングウの関わりについて,その 両者の,ニニギとジングウの異性同士の神々の天孫と八幡神の つながる所に,甘酒より酵母を採ることと,お米を炊いて頂くことの その両面性のつながるような気のして,抑圧の残酷に響く時も, それの獅子と舞うような心地。また,女神のスピリチュアリティと, 咳込む男神の綿帽子に,無論,秋の木陰にもう舞い散ってしまう紅葉の ダンスさえも,そのように,むろんの事。それは残酷な抑圧ではなし, トビナガスネヒコ=大黒=タケミナカタ,ニニギ=神功=タケミカヅチの, そういった,縄文と弥生の入れ替わりのあったとしても,果たしての 自分のジャーマンポテトとバゲット・サンドの対比を好き嫌いしてみたって, 濃いブラック・コーヒーはフランスパンには合うものだし,ビターなチョコも リンゴのシードルなどの酸味も欲しくなるところ。まだ,酸味の必要な時期に でも,いくらそれだって,にゅうめんにはカツオ出汁だしビネガーは入れない。 決して,そうめんにも,暑いからと言って,オイスター・ソースのつゆは,あまり ススまないので,和食を冬に,中華を夏に食べるにあたって,季節自体は入れ替わる ことは,ないのだから。時代性として,ポスト・天孫降臨などは起こりそうもない。
キッチンの照明を換えてもらった節,知り合いの電器屋さんから,父と同い年と伺って 驚いた折には『私も,入換え時で,車も,この間あと先あまり要らないのに替えました』
と聴いて,ああ,そうか。IH調理器も見てもらって,ガスに替える話をしていた矢先 前回のその話題を踏んで,よもやま話をして下さったのだなあ,紅葉の季節に実に風情の あって,落ち葉も,そのように電器を換えて行くさまにも似て,季節と入れ替わり移る。 家の奥さんの,朝の出勤時に,目の前で接触事故をした折などは,正直ぼくの方の動揺は あまりに動転して激しく,それで,奥さんは冷静だったらしい。昼にもなって,ようやく 電器屋さんに渡し余った珈琲缶などを啜って一息つく心地。その車で先週よりの,旅行を 予定していたあげく,天孫降臨の名所旧跡めぐり観光を考えていたものの中止になって, なぜかぼくの方は,ホッとしている。不可思議なくらいホッとしている。それはたぶんの 小難に切り替わったように,無意識は安堵しているのだろう。ガスに替えるようにして, 祖父母か…

エーテル体質は,お炬燵の昼間意識

経済的な観念の上に,聴覚を用いるのか,さて,視覚は, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識によって,幻視の ように進む,エーテル的経済体質の,それは秋の日の 田園風景。かくのごとく,瞑想式にモノを考えるのならば 幻視を支える頭の各種感性は,まず水分補給をし,深呼吸, それよりの座敷に座ってモノを描く,そんな執筆習慣より。 視覚によって,経済を支えず。聴覚によっても,まだ頼らず。 手先指先に慣性を集中して,集中力によって慣性的に支える, それが,エーテル体質は,お炬燵の昼間意識の幻視経済体質。 大地の親和を図るのと同時に,何によって浪費するのかさえ, 気力=生命力=エーテル式にモノを把えて,消費を試みる, それが,エーテル式経済体質。瞑想的でもあるけれど,ようやく そういった,安心できる,精神的な自給自足の循環性に至った。
何か,糖代謝とか,セロトニンのような,そういった自給式の 安定した生活を可能にする,消化一般耐性の,農耕定住化なので, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識による,この例えば糖質制限など 肉食や,生食菜食との関連は,一般の三食常識による栄養補給に よっても解決される,ハイキングと,ふくらはぎマッサージと, 咳風邪の過程に,何とか自力で治した,トンカツや,アイスクリームを 臆さない,常識的な栄養補給の何と功を奏したことなのか,多分は。 そうして,一般常識としての経済は,消費者としての住民は一律とゆう 真逆に把えれば『生産者としての人間性は多種多様で掴めない。』って, 言っていることの常識性は,つねに循環していなかったのだけれど, 何故か,昨今台風の通り過ぎたあとでは,そんな国土親和性とゆう磁気的 変化とともに,再編成する転換変貌する,消費社会の姿を,垣間見る,その 訪れは,夢見るイマジネーションの世界を連想させて,それはほぼ瞑想的な 幻視経済体質の到来,いわんや生産者の対置されない経済の薄明僥倖なのだ。 くらげのように生きる必要が,災害時の自然一体化には,必要であるから。
なにがそんなに,エーテルとか,大地との親和性を感じ考えさせるのだろう?
そうして,経済性や精神性の一貫した循環を垣間見させてくれる,この幻視は
一体どうして,瞑想的に安定して一体訪れるのだろう?ひとつは,そんなに,
ふくらはぎのマッサージの効果のあったのだろうか?とゆうことと,そうゆう