スキップしてメイン コンテンツに移動

文士遺るは,赤影の蜂の亡骸。

言うは曰くに,勿論,赤影の亡骸を以て。ジェット噴射するスプレー
の,赤影の蜂と勝手におぼしく名付けては,あしなが蜂の巣を至る所,
勝手口の下駄箱付近や,物干しの蔭など,本当に至る所,けれども人の
通うところに秋の入口に立って,盛んに巣をこしらえ始める。もうすぐ,
ムカデの居なくなる頃と安心していた矢先のこの蜂の大軍である。なので
奥さんは『蜂は宇宙の賜物』と,蜜を造らない者たちに限っても,殺虫は
反対なのだけれど。かと言って,刺されて自分が死んでしまっては。もう,
こんな漫談のような対話を続けて購って貰ったジェット噴射するスプレー。
これがモノ凄い迫力で活躍するものだからビビってしまった。それはもう,
はたきでホコリを払うのとはまた違うのだけれど,悪い虫を追い払う,こんな
無邪気な冗談は止めていただきたい。ブシューっと噴射しては追い払うのだから。

そうやって,ベネディクト派のグレゴリオ聖歌などを引っ張り出してきては,また
スピリチュアリティに元の所へ戻っては,残酷性は,また少年性や,精神性のなかへ
克己して敢闘して還ってきた自分の居場所は,ジェット噴射する蜂の駆除スプレー。
最初はムカデのスプレーで弱々しく,シューとして対応していたものだ。往々にして,
毒素の強い害虫には同じような効き目があるのか,ムカデのスプレーには,ゴキブリは
あまり効果のなかったのに,蜂の群れに関してはポロポロとこぼれて行った。虫の息。
家を護る,とゆうのはこうゆうことなのだなぁ。何故かしら,遣ることもない日暮れに
一応の充実感とアクビを共にして,グレゴリオ聖歌を聴いていることも忘れては,
その,残酷性の還ってゆく,何かしらの古里,それは,スピリチュアリティ,少年性。
何か,花の開花してゆく兆しを見るようで,その瞬間には,きっと芳香もはばからぬ,
方向さえ見境いのなく,スパイシーな醇風は,漂い飛散してゆくのだろう。まるで,あの
夜更けに視る灯り。ぼわぁっと夢の中で訪れた芳香は,そうして,夜の頭脳に拡がって。

残酷性の還ってゆく場所。これは,秋の爛熟したイチジク。イチジク以上に,林檎の
あのコンポートに自然必然成ってゆく燦々と陽光の秀でる,スパイシーな芳香には,
爛熟するからこそ蜂の駆除も始まるし,それくらいのスパイスのあるから,だから。
残酷性は,スピリチュアリティと少年性に別れて,夢の旅路を還ってゆくのだ,記憶の
あのこの世に産まれてこようと思った,産褥の決意の場所へと,よく観れば,聖歌は
Salve Regina,聖母を祀る歌だと知った。この不可思議さ,少し酸っぱくなった位の
酵素を貰えば,必然的に豊穣の秋へと心は向かい,

居てもたっても居られないくらいの心は,夜の森へと弾ませて宴の奏でる変奏を聴く。
薪の燃えるその酸化の始まる丁度あかい炎の産まれる所に,すべてのスパイスのある
のだ。薪の,その炎の変奏は,至る所スズメバチ焼酎。珈琲焼酎。100kmの夜間行軍。

こちらは如何?

次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。

聖書物語と照らし合わせれば,ヘッセの聖母マリアの居て,
そこに,聖アンナは母として,シュヴァイツァーだったりする。 そうして,トーマス・マンの聖ヨゼフの中には,遠くアンナの母君と しての,ヘミングウェイ=St.Clausの姿の浮かんだりしたのだった。
ここで,ヘミングウェイには,白い狼のツルゲーネフや,遠くシュメールの
神であるとゆうアヌンナキ=ノストラダムスなどの影が追いかけられては,
その形姿に僕は,すでにゾッコンなのだった。さあ,ヘミングウェイ?と。
さあ,パイント瓶の形をしたペットボトルにバチルス菌と,きな粉烏龍珈琲を
淹れて呑む心地は,まるで,線虫などが国土を走る様子を,神は龍と呼ぶ?
その,次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。まるで,
アイスバーンになって,つるつるの路面を,舞う雪煙に,ああ,うつくしい。
なんて,とろんとした眼つきで,その穏やかな車内と,荒野のような雪原を
眺めて,あれは,ようやく私の不安症の龍神さんの抜けることで,ただの人に,
戻れることの夕餉。今日は,昨夜の味噌鍋で,チゲもつ煮込みをしたら良いものか?


あるいは,ポン酢を温めて酒を抜いておいたので,この間は酔っぱらってしまったけれど
この,お出汁とみりん酒お醤油を,コトコトしたモノに,米酢とレモン果汁を加えて造る
手造りポン酢によって,豚バラ肉と白菜のミルフィーユ鍋には,ウィンナーや白滝を載せて
いつものように,暖かく食べる。食べながら,またたく頂いてしまうその様子には,合掌。
大根おろしなども付けられたら良いのだけれど,それは,ほんとうにあったら良い時なので。
次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。国産もつの,あった時などは
思わず目を見張ってしまう癖には,やっぱり,お酒は呑まなくっても,みんなおつまみの
ような,酒の肴メニューは好きなんだな。と,やっぱり,今日は味噌煮込みで,白ゴマの
ペーストなど足して,玉ねぎとキャベツで組み合わせてしまおう,早く料理することの,
『楽しみだ,』こんな。次乗するスキニージーンズの,自浄自縛の経過に想う雪絨毯。
食事をする時間を,まずは楽しみにして,パイント瓶の調子などを伺っている,そんな夕べ。


結局のところ,国産の小腸とゆうのが見つかって,2店舗目で,3パックセットの
そういった購入を適えて,さては,1回の…

ヨモギ蒸しをして想う『地球』は大きなよどみの海あるからこその

善悪の区別はないのだった。むしろ,悪=灰汁=よどみとしての
あの大海に泳ぎ出て行かなければ,地球体験は叶わない,と。
ヨモギ蒸しをして想う『地球』は大きなよどみの海あるからこその,なので
女性性は大海の中を鷹揚に泰平として,泳ぎ切るイルカの群れのように,
右半身を携えれば,論理の左脳をフル活用してこその,直観だろうから。
何よりの,地球体験とは,この人間体質は惑星を失うことさえも,海の
支えによる,悪の縁の下の支えによりそうゆうよどみといったモノの本意を,
こそ,善悪の区別なしに体験する,その地球体験を,大海に宿す道徳知悉論。
ステンレスフィルターなどでドリップするときの集中してなければ,落ちぬ
その感じを想い出しながら,また,ふ,と。おもうのだった。それは,意識。
ヒステリーは、ヒューマニズムと哀切によって、結び付くと、そうは 思っていたのだけれど、食のパラダイム・シフトなる、珈琲豆乳の、あの 豆腐もできる、青くさい有機豆乳に換えて以来、やっぱりまた 甘い匂いの豆乳に戻すのはわかってはいるのだけれど、しかし、もって。 ガスの火調理はあり得るとは言え、ガス釜のように炊ける、グリル焼き容器に 何でもかでも、アクアパッツァや、グリル野菜や、サザエの壷焼き、 あの鉄製のようなトレイに、豚肉のスペアリブなども包み込んで、蓋して グリルに焼く調理器具には、火の力が宿っているので、コンロに鍋とは また違って、ガスオーブンに親いその煮炊きの仕方や、また締めのリゾットも そうやって、グリルのあとにしてしまう、例えば反射式灯油ストーブに、 暖房器具をシフトする感じと、とても近くて、あの感じ、あの女性性とゆう 感情の裏表を知っている、文学にはGo Humanの欠かせないのだった。
画像通貨など、勝手に呼んでいる、Web上に拡がる絵のすべては、 もう、それら自体、本来のエネルギー画幣として、蔓延する発光体で、 交換経済以前に、人間性を交歓しあっているのだから、僕は 世界中の酵素を、私の地球と画家の呼んだように、この自宅周辺域で デジタル写真に撮って、画幣化して、Web中に落とし込むのだった。 地球を、Saucer of Sky Dish=S.S.Dとして、Web中に落とし込む、のは 画像の姿態で、落とし込まれる、宇宙船地球号の酵素地球は、それらの 変換を、転換期に望んでいると想われるのだった。そうして、その 変換された記憶として…

ホタルイカの生干しと,梅肉の長芋たんざく。そんな,お茶請け欲す

まるで取り越し苦労による,パラダイムシフトを超えてより,
ホタルイカの生干しと,梅肉の長芋たんざく。そんな,お茶請け欲す
この季節の幽玄ほっかむり,この季節の幽玄ほっかむりを超えては,あの。
有終の美とは,自我の終焉にイコールなれども,その有限性には秘密の鍵が,
ある,としてそれは,愛着と執着の鍵なのだった。歴史はパラダイムシフトした
のだろうか?繰り返し,1%のテロの恐怖より,すすんで60%の貧困不安に,
まずしさは,階級別に計られるものではなし,それは,何を100%にするの,と
ただ,それだけのことなのだった,その100%は,有意義な余裕タイムで,そう。
愛着と執着のテーマをクリアし,その問題と対峙したうえに足し算に対して,ルート。
魅力とゆうのは,何にせよ次乗多乗しているくだりのあるもの,なので,その増産には
ルート,ルートを,どんどん,惚れ込んだ塗り重ねには,けずってやすいて磨いてネ,
と,よく言ったものだ。どんどん,ルートするべきなのだから,それは,全体より身体へ,
戻る必須事項の,例えばウーロンドリップによる珈琲などで,次乗多乗を,降りて行く。
身体に堅い不快感を感じるまで,わたしが私たりうる,そんな必須の世界の体験をする,
それは,とっても必要なことで,僕にとってはその体験は,三島文学とゆうより,その先の
太宰ヒューマニズムを通っては漱石山人のLONDON ONE IRONYへ。ただの,諧謔と皮肉へ
辿り着けば,もうその本望の姿は,いたって漱石山人のテロは見た目の皮肉めいた何かです,
あの視線で,あなたは終わってるなんて,釘を刺されて帰るとき,僕は何故か目覚めてる
のだった,ただそれだけなのだった。だから,皮肉とゆう身体性。
あとは、自分の身体性のそれ自身で解決してゆくものだ。そんな、 感慨が、ぶるぶると心理を揺さぶるのだった。放課後の教室で、 笛の練習を、やがて口笛にだけ換わり、そのまま孤独の種は、 優しさの愛の果実へ結んでゆく、そのさま。ファンタジックな 修道士精神志望の、コンタクトレンズが、スピリチュアルに、 境界線上に、あとは哲学者かの、メルヘンチックな担当ですすむ、 それゆえに多分の役割はあるだろう、あるだろうけれども、あの 結果の、職業は美味しいだけで人の集まるお店造りは、それ以上の システムがモノを言うとゆう、魅力惹起される、その種がモノ言う 酵母造りの、…