スキップしてメイン コンテンツに移動

文士遺るは,赤影の蜂の亡骸。

言うは曰くに,勿論,赤影の亡骸を以て。ジェット噴射するスプレー
の,赤影の蜂と勝手におぼしく名付けては,あしなが蜂の巣を至る所,
勝手口の下駄箱付近や,物干しの蔭など,本当に至る所,けれども人の
通うところに秋の入口に立って,盛んに巣をこしらえ始める。もうすぐ,
ムカデの居なくなる頃と安心していた矢先のこの蜂の大軍である。なので
奥さんは『蜂は宇宙の賜物』と,蜜を造らない者たちに限っても,殺虫は
反対なのだけれど。かと言って,刺されて自分が死んでしまっては。もう,
こんな漫談のような対話を続けて購って貰ったジェット噴射するスプレー。
これがモノ凄い迫力で活躍するものだからビビってしまった。それはもう,
はたきでホコリを払うのとはまた違うのだけれど,悪い虫を追い払う,こんな
無邪気な冗談は止めていただきたい。ブシューっと噴射しては追い払うのだから。

そうやって,ベネディクト派のグレゴリオ聖歌などを引っ張り出してきては,また
スピリチュアリティに元の所へ戻っては,残酷性は,また少年性や,精神性のなかへ
克己して敢闘して還ってきた自分の居場所は,ジェット噴射する蜂の駆除スプレー。
最初はムカデのスプレーで弱々しく,シューとして対応していたものだ。往々にして,
毒素の強い害虫には同じような効き目があるのか,ムカデのスプレーには,ゴキブリは
あまり効果のなかったのに,蜂の群れに関してはポロポロとこぼれて行った。虫の息。
家を護る,とゆうのはこうゆうことなのだなぁ。何故かしら,遣ることもない日暮れに
一応の充実感とアクビを共にして,グレゴリオ聖歌を聴いていることも忘れては,
その,残酷性の還ってゆく,何かしらの古里,それは,スピリチュアリティ,少年性。
何か,花の開花してゆく兆しを見るようで,その瞬間には,きっと芳香もはばからぬ,
方向さえ見境いのなく,スパイシーな醇風は,漂い飛散してゆくのだろう。まるで,あの
夜更けに視る灯り。ぼわぁっと夢の中で訪れた芳香は,そうして,夜の頭脳に拡がって。

残酷性の還ってゆく場所。これは,秋の爛熟したイチジク。イチジク以上に,林檎の
あのコンポートに自然必然成ってゆく燦々と陽光の秀でる,スパイシーな芳香には,
爛熟するからこそ蜂の駆除も始まるし,それくらいのスパイスのあるから,だから。
残酷性は,スピリチュアリティと少年性に別れて,夢の旅路を還ってゆくのだ,記憶の
あのこの世に産まれてこようと思った,産褥の決意の場所へと,よく観れば,聖歌は
Salve Regina,聖母を祀る歌だと知った。この不可思議さ,少し酸っぱくなった位の
酵素を貰えば,必然的に豊穣の秋へと心は向かい,

居てもたっても居られないくらいの心は,夜の森へと弾ませて宴の奏でる変奏を聴く。
薪の燃えるその酸化の始まる丁度あかい炎の産まれる所に,すべてのスパイスのある
のだ。薪の,その炎の変奏は,至る所スズメバチ焼酎。珈琲焼酎。100kmの夜間行軍。

こちらは如何?

ピンチはチャンス,月下微塵なる,美しさの揺籃。

エネルギッシュに,身体の震顫してくる。さあ書かなけりゃ, 遺言をのこすような心地で,イチかバチかのセッションに移る。
童謡は本当に良いものだ。メロディーラインの裏には,必ず, ものすごいロックの詰まっている。ブルーズもグルーブ感も, 何故かしら,その童謡の中には詰まっている。歴史だ,歴史の 本質は,ただに歩けど見付からないものはないのだ,言わんばかり。 必ず,見付けだしてやる,古事記では鏑矢,アーサーのエクスカリバー。 ヤマタノオロチの天の叢雲。果ては,イザナギにとってのイザナミ。
文学性のなかでは,イザナミは僕にとって,大谷崎であって,または イザナギ=オオナムチの類は太宰なのだけれど,また,イナダ=ヤガミに 関して言えば,アマテラス=ヒミコも映って同一,四女神も芥川氏である。 最近,つとに発見した気になって大喜びしている,堀辰雄=スセリビメとゆう, 勿論の事。スサノオは漱石山人である。こうして,文学と日本の神々を対照。 この激昂する神話の文学史に一石を投じるように,自己観察に這入って一服。
客観的な視点は有無を言わさず,もう身も蓋もない皆無と言って良い。あまり, 意味をなさない。だからこそ,客観視の代わりに,その対角線上の神話性に。 そうして,その裏は,本当の自分探しの,情熱的な自即他で自己同一性でもある。 アイデンティファイされる,冷静さよりの情熱による神話よりの裏には自分探しの この先は頭の廻らない限界水域である。もう,だから,また,客観視して,冷静に。
この自分,本当の自我とゆうものは単に主観性ではなくって,客観視するEGOである。 だから,それを観察したい。情熱は多分にある。それは悲劇的な反骨精神による,その 情熱は,EGOの特性を良く現してはいる。そうして,その内部に繭のなかより垣間見る この幼虫は何者か?僕を例にしているのはいるのだけれど,決して天蚕にしてしまわない そうして,彼は?良く観るのである。彼は?
そうだ,彼は,(と,まずは神話性に移ると)冷静に客観視した神は,オオナムチside。 そうして,オオナムチは跳んでった。見事に,天蚕として,弾けた。なので,彼に感謝。 そうして,我に還るのだ。ここの”我”はGroundingした『私』とゆう「彼」で,ワケの 解らない事になりそうだけれど童謡とゆうものもこうゆう世界観に比して造られたのだ。 『歴…

翻る,ヒキガエル,がまがえる。

『アユ釣りをして,家に帰る,おじさん。最高だよね,』 車で川沿いを走る道すがらに奥さんの放つ一言は鋭い。 確かな循環する趣味とはそうゆうものだろうな。キセルを 咥えてパチンと叩き落す,ぬらりひょんのような北斎画を 思うに付けても,日がな竿を垂らして持ち帰る,夕食に, まだビールが欲しいので,塩焼きと片手にグラス。こんな, 落着き払った趣味,と言ってはあてつけがましいのだけれど, やっぱりそれは循環する趣味に違いないのだ。主夫=シェフ, ムードが一転,こうして,居続ける時間軸や,空間腺の,一変 変わり果てることを想像している訳でもないので,ぼくも没頭, ただ,趣味に没頭していれば最高の時間が過ごせる質なのだ。
食事の事に関しても食べないでいる事と,浮遊感と,夢見心地の そうゆうグラウンディングの問いを発すれば,極力は,不食。 有無を言わさず”無”に至る地点。そろそろ冷室茶房とゆう過ごし方 お茶を啜り,空調の効いた室内より,湯気の揚がった茶房にて過ごし 屋外よりは水風呂を浴びて,身体を一瞬冷やしてから室内に這入る。 とゆうそんな夏の幸せは過ぎて行った。すぐに,虫の音ウォッチャー。 網戸越しのバード・ウォッチングもしていて,屋外よりの秋風は今度, より一層に静かで,そうして。がまがえるに囁かれて目が覚める。お前, 働きに出て行け,お前。ずっと,こんな唸りの囁きを聴いていて,目を 開けると,静かで,より一層に誤魔化しながら,ヒキガエル,Woo!っと 鳴きやがった。
なので,集中力は秘密の趣味のカギ。カギを握るその集中力を,常に何時も
呼び戻せる,そんな”覚悟”,これは記憶とゆうもので,記憶する”覚悟”は,
とっても必要だ。がまがえるさんにはそうゆう鳴き声に教わった気のする。
だから次元変異,時相変位のごとく,そんな翻りを僕は求めている訳でない。
ただ趣味に没頭していたい。その結果の翻りなのだからそれは本望だ。とゆう,
趣味に没頭できる”集中力”,そうして,Consolation=ほころびを繕う,何らかの
執着や,意地とでもゆうような,”集中力”の発露を待っている。僕は追及すれば,
”集中力”とゆう執着や,意地。はたまた,サイコキネの起こりそうなほどの,執念。
こういった,鐘を突くLONDON塔のカギを持っているのだから,Ding-Dong鳴らす。
文学ファンなので,鏡に…

こうして,ここで一翼の砂になる

業のエネルギッシュな奔流と,ロマネスクをつなぐ何か, そんなものがあれば,試してみたい。つなぐ何かはきっと, 印度カリーを食べた帰りにお腹いっぱいの酵素質の快楽だったり, 例えば,快楽犯などと言って,猟奇的なイメージを抱くことのある ああゆう性癖は,きっとほんとに悪い”クセ”だったりしているけど, もっと真逆にポジティブな意味で,お腹一杯だから満たされている。 そうゆう,快楽の模範例となって,業とロマネスクをつなぎたい。 昨日から,業とロマネスクの関連如何より,限りなく聖性に親づく, その瞬間に,ひとはきっと俗人の祈りに這入るのだ,とゆう考えを 試してはみたけれど,それは,俗人として然るべきタイミングで 食事をしたり,そうしてお腹いっぱいで結ばれる”業”=ロマネスク。
イザナミ・アマテラス・イシス=大谷崎・芥川氏・太宰治の対照を,
しっかり,更には”ロマネスク・祈り・業”=大谷崎・芥川氏・太宰治の
深海のロマネスク・限界の祈り・俗塵の業と対比しては較べて置き換え,
さあ,聖性とは”業とロマネスク”をつないだ何かであったのだ,と。
そうして『聖なる祈りは,この現実で,俗塵の沈んでゆく深海において,
初めて俗世的な属性を手に入れる。こうしたお腹一杯の受胎とは,まるで
”業”の鎧を着たような。聖性とは”業とロマネスク”をつないだ何かであったのだ』
と,こうして,ここで一翼の砂になる。砂上の楼閣のように,拙く切なく,
崩れ去るのを待ちながら。”業とロマネスク”は,こんな砂まじりの雪みたいに
儚く,待っているのだ。一瞬の時間の砂城のように崩れ去るのを,待ちながら。
ひたすらに時間は,陽光を連れてきてはそのまま木洩れ日となり,そよ風にまた
連れ去られてゆく。

一杯のコーヒーをいれて,パインのフルーツを合わせて,夜の静かな中で頂いた。 こんな常夏の味覚意識のなかでも虫は鳴いて,そよ風はすこし冷たいので,だから。 猟奇的な意識とはすこしおさらば。追及する気もなければさらに研究する気も, あまりない,それは”残酷さ”とゆうのは,ポジティブの裏返りなだけで,夜の静けさ には,みな鎮まるものだから,怒りや哀しみの翻り,常夏の味覚意識のなかでも虫は鳴いて, そよ風はすこし冷たいので,だから。頭を洗って,歯を磨いて,そうしてお茶を啜って, おさらばのあいさつを,この”業”の鎧の脱ぎ捨てなが…