スキップしてメイン コンテンツに移動

三島文学におけるニニギとジングウの関わりにつき。

三島文学におけるニニギとジングウの関わりについて,その
両者の,ニニギとジングウの異性同士の神々の天孫と八幡神の
つながる所に,甘酒より酵母を採ることと,お米を炊いて頂くことの
その両面性のつながるような気のして,抑圧の残酷に響く時も,
それの獅子と舞うような心地。また,女神のスピリチュアリティと,
咳込む男神の綿帽子に,無論,秋の木陰にもう舞い散ってしまう紅葉の
ダンスさえも,そのように,むろんの事。それは残酷な抑圧ではなし,
トビナガスネヒコ=大黒=タケミナカタ,ニニギ=神功=タケミカヅチの,
そういった,縄文と弥生の入れ替わりのあったとしても,果たしての
自分のジャーマンポテトとバゲット・サンドの対比を好き嫌いしてみたって,
濃いブラック・コーヒーはフランスパンには合うものだし,ビターなチョコも
リンゴのシードルなどの酸味も欲しくなるところ。まだ,酸味の必要な時期に
でも,いくらそれだって,にゅうめんにはカツオ出汁だしビネガーは入れない。
決して,そうめんにも,暑いからと言って,オイスター・ソースのつゆは,あまり
ススまないので,和食を冬に,中華を夏に食べるにあたって,季節自体は入れ替わる
ことは,ないのだから。時代性として,ポスト・天孫降臨などは起こりそうもない。

キッチンの照明を換えてもらった節,知り合いの電器屋さんから,父と同い年と伺って
驚いた折には『私も,入換え時で,車も,この間あと先あまり要らないのに替えました』
と聴いて,ああ,そうか。IH調理器も見てもらって,ガスに替える話をしていた矢先
前回のその話題を踏んで,よもやま話をして下さったのだなあ,紅葉の季節に実に風情の
あって,落ち葉も,そのように電器を換えて行くさまにも似て,季節と入れ替わり移る。
家の奥さんの,朝の出勤時に,目の前で接触事故をした折などは,正直ぼくの方の動揺は
あまりに動転して激しく,それで,奥さんは冷静だったらしい。昼にもなって,ようやく
電器屋さんに渡し余った珈琲缶などを啜って一息つく心地。その車で先週よりの,旅行を
予定していたあげく,天孫降臨の名所旧跡めぐり観光を考えていたものの中止になって,
なぜかぼくの方は,ホッとしている。不可思議なくらいホッとしている。それはたぶんの
小難に切り替わったように,無意識は安堵しているのだろう。ガスに替えるようにして,
祖父母からの引継ぎで遣わせて頂いていたIH調理も,なんだか熱い習慣の調理料理法に
一転して,真冬などはキッチンも明るく,天孫降臨も起こりそうにないぼくの心地よりも
そうして,インドアに暖かい炊事と,照明の温かい調理場で,良い料理週間の始まりそう
である,大難は小難に。僕は,ニニギ派?大黒派?きっと,言って貰わないと解らない,
普通に赤ちゃんになって産まれて,獅子のアザを右足に受けて,その足がつり始めたのは
必死にこむら返りか?など,痛みに開放傾向のもみほぐしなどを試みる昨今の,この記憶
は,言って貰わないと解らないので,『秋の日に,落ち葉の散る如くの,オオナムチは,
縄文形と弥生式との,そのはざまの,きっと,彼らは,米を育てるから。』ってゆう。

結局のところは,とどのつまるアマテラス論に移るのだろう。神功皇后の祀った天照は,
エビス神とも置き換えられること多し。天の橋立の,͡籠神社なども,元伊勢と言っては
猪鹿蝶のエビス神を祀っている御所。結局のところ,つまり,大黒神であった,エビスの
何かしらのアケビの熟れて割れるかのような,爛熟してゆく過程において,三島文学に
おけるニニギとジングウの関わりにつき。『神の子を人の子に』とゆうのは自由教育の
R.シュタイナーにおける発言だけれど,未開の地とゆうモノが,開拓民族によって見出す
このプロセスによって,爛熟してゆく人の子の弥生文化とゆうモノに関しては,金閣寺の
燃える必要があった,潮騒の波濤には青い空の,サド侯爵夫人によって,描かれる本性の
その,大黒エビス神の大人になる過程において,都会化してゆく日本の歴史の観点はそう
やって,破裂するヒューマニズムに以て『狂気について』の渡辺一夫さんのような大人の
意見を参考にして,『破裂する人間性は,人口の増加によって,破裂する人間性である』
と言ったような,もちろん引用でも何でもないのだけれど,そういった解釈で,神道にも
都市化する文明の遍歴を以て,歴史は神話を創成してきたのだ,と,そう思いたいのだ。
三島は,ここでジングウ=ニニギである,そうして,桂小五郎である。そういっては,
大黒=ナガスネヒコは,縄文の太宰である。太宰は,明治の坂本龍馬,そのひとだろう。
だから,龍虎相槌つでも良いけれど,例え獅子のモール(アザ)のある右足をみてぼくは
その変遷において,犬猿の仲でも良いけれど,太宰派か,三島文学ファンかは,明言する
ことは決してできない。それは,児か母か?夫の聴かれて,お父さんでしょ!そう言われ
『はい,』-「ママは何処?」そう問われて,『あすこだよ,』どうとも,つかないのに
よく似ている。アマテラスはニニギであり父母の精神だろう?弁慶の見詰める九郎義経の
親心にも酷似する。そうして鬼子母神のテーマは,そこに縄文の,またアベルの伝統の
そこの息子や娘の成長をながめる素朴な揚げドーナツの風景へと,何故お菓子を造るのか
は,きっと子育てのファンタジーそのもの,守護聖人の発想のもともと,ファンタジーの
そのもの。ようやく母神の元を離れることのできた子神の龍神殿は,白玉も滝壺も捨てて
三島文学におけるニニギとジングウの関わりにつき。本来の,人の子=石ころに,戻って
いることだろう?これは平和なのだ。


こちらは如何?

存在するってのは様式美よりも,門戸のない野原。

自我の領域より飛翔したいとゆうのは,ちと違う。青空は二層にも 分れて,上は真空,地上は温暖に溢れているのだから,もっとあったかく 野性の酵素に満たされているくらいの力強いパワフルな悟性を,もっと。 訓戒は破るためにある,それは依存だったとの由。カビは,潔癖が産むとは 功利に走る感性の,腫れ物に換わってゆく様を想えば,まさに,土着の農業に ミラクルな意地の強さを頂いて,キレイな大理石にはわかるまい,あの祟りの ように,タケミカヅチにはもう解放の予兆。萩原朔太郎の詩性には,孤独の。 上杉謙信には辛口の酒。平敦盛の首塚には,近藤勇の肖像をポケットに歩いた。 猫町横丁を逍遥しながら,妻帯せずもののふの塩辛よ,供養する美青年への悔恨を 結局の優勢,無勢に関わらず,人を助くる所に助られる者なり。と,もう予兆は, 確かに,土着の酵素に適えられて,やはり,ネギの収穫を手伝ってきて良かった。 そこで,得も言われぬパワーを頂いたことは,潔癖症より打ち克つ何よりもの,あの 祟り神とは,本当に(神話は誰にでも当て嵌るように出来ているのだから)リアルの 神がいるとしたら,いいや,リアリティとゆう意味の唯一無二の,現実性のあるなら, それは,祟りの比喩にこそ存在している。嫌ってはいけない,正直であるのに対し。 少しの笑顔で,不思議だなあ,と。理解できない野性的趣味にも,世界の歴史上,まず 野性のあってこそ,存在するのは”白亜”の様態なのだ。この野獣のかんばせをこそ。
ミケランジェロや,漱石山人などが,彫刻を制作する折りには,あるいは大英博物館など 訪れたのちには,親くのお宿などで,石膏の石板などをテイスティングならぬ,毒見した のでは,とゆう白昼夢をみる。創造知性の探索,または西洋文化なる知見を目的として, その無味なフレイバーはきっと夢のなかでも秘密を,ある世界の歴史においての,秘密を あらわしているように感じる。僕には体感的に,それが潔癖症を治す,唯一ほどの手段に 感じるのだ,イマジネーションの上では,そういった,酵素質の話しは差し置いても,の 白磁,青磁の陶器にも至る道程には,なぜかしら”白亜”の生誕の上で,土の鍛錬に結ぶ, そういった工程を,この町で通り過ぎる石膏彫刻の姿に,”デッサン・アート教室”の看板 には,『素晴らしい文化だなあ』町の中で,何か日に照らされて暖かい硬質な花の匂…

ゆきずりの恋を活きる共同体形成の宵明け珈琲。

自己責任の発想は,やっぱりちょっと違う。海外のひとからは ナンセンスと言われる,例えばコモン・センスには,合わないのかも 知れない『日本の”常識”=その噂話=逸脱した集合無意識など』は, 確実に,共同体形成や,防災意識,暮らしの成立,自由の体現などに 必須事項であるはず。ちょうど,ゆきずりの恋に,宵明けの珈琲を啜る みたいに。極端な疲れには,珈琲を呑んで寝る,この発想が,なかなか 疲労自体の裏にある,自己解除作用に結び付いて,ダイエットする精神。 腸活や,リンパケア,遺伝子のONなども,こういった作用に関連して, きっと痩せることが必要ではないかも知れないけれど,精神は痩せていた ほうがずっと良い。なんて,最近は,そうゆう精神肥大について,半ばの ダイエットを始められそうな次第である。大抵は,パートナーが寝ているとき 僕自身の目覚めてアートを楽しんでいる。僕が大いびきをかいて眠るときに 彼女は,その録音をコラージュなどして,ダンス・ミュージックなどに仕立て 起こしながら,朦朧の意識に意地悪など仕掛けてくる。今日は僕が起きてる番。 塩釜をコトコト煮詰めながら,灯油代も,その理由で気にならずに暖を取られる 心地は,冬景色の良い効果だ。半額で,豚ひれ肉のブロックが売り出してあって 醤油みりんで漬け込んでいたのを,じわじわ焼いていたら,簡単なチャーシューが 出来上がった。タイミングよく,父が”キタアカリができた”と届けてくれたので, お礼にすぐにタッパーに入れて,持ち帰ってもらう。実際は,なぜだか自然体で そんな一連の火の調理づきあいのできてるので,こんな精神のダイエット構想には もってこいの火の調理週間であるはず,水回りはキレイにして,しっかりと使おう。
ちょうど,フグの湯引き調理のあとに,床底に暖気のたまるみたいに,業の観念は どうしても内にも外にもただよっているものである。こんな,感情を知的に合わせる もみじおろしみたいに,はっきりと業を認識することは大事である。認識できず,あの ポイズンに当ってしまうこともあるだろう,瀕死の業中毒はよくあることなので,ただ 業が過ぎ去るのを待てば良い。ここで,自己責任にNO,を言うのは,業の付き合い方は ちょうどの,ゆきずりの恋愛ドラマをみるような,そんなあえての”自由の発想”で良い。 中毒になっているときは結構大変なモノ。精神…