スキップしてメイン コンテンツに移動

ゆきずりの恋を活きる共同体形成の宵明け珈琲。

自己責任の発想は,やっぱりちょっと違う。海外のひとからは
ナンセンスと言われる,例えばコモン・センスには,合わないのかも
知れない『日本の”常識”=その噂話=逸脱した集合無意識など』は,
確実に,共同体形成や,防災意識,暮らしの成立,自由の体現などに
必須事項であるはず。ちょうど,ゆきずりの恋に,宵明けの珈琲を啜る
みたいに。極端な疲れには,珈琲を呑んで寝る,この発想が,なかなか
疲労自体の裏にある,自己解除作用に結び付いて,ダイエットする精神。
腸活や,リンパケア,遺伝子のONなども,こういった作用に関連して,
きっと痩せることが必要ではないかも知れないけれど,精神は痩せていた
ほうがずっと良い。なんて,最近は,そうゆう精神肥大について,半ばの
ダイエットを始められそうな次第である。大抵は,パートナーが寝ているとき
僕自身の目覚めてアートを楽しんでいる。僕が大いびきをかいて眠るときに
彼女は,その録音をコラージュなどして,ダンス・ミュージックなどに仕立て
起こしながら,朦朧の意識に意地悪など仕掛けてくる。今日は僕が起きてる番。
塩釜をコトコト煮詰めながら,灯油代も,その理由で気にならずに暖を取られる
心地は,冬景色の良い効果だ。半額で,豚ひれ肉のブロックが売り出してあって
醤油みりんで漬け込んでいたのを,じわじわ焼いていたら,簡単なチャーシューが
出来上がった。タイミングよく,父が”キタアカリができた”と届けてくれたので,
お礼にすぐにタッパーに入れて,持ち帰ってもらう。実際は,なぜだか自然体で
そんな一連の火の調理づきあいのできてるので,こんな精神のダイエット構想には
もってこいの火の調理週間であるはず,水回りはキレイにして,しっかりと使おう。

ちょうど,フグの湯引き調理のあとに,床底に暖気のたまるみたいに,業の観念は
どうしても内にも外にもただよっているものである。こんな,感情を知的に合わせる
もみじおろしみたいに,はっきりと業を認識することは大事である。認識できず,あの
ポイズンに当ってしまうこともあるだろう,瀕死の業中毒はよくあることなので,ただ
業が過ぎ去るのを待てば良い。ここで,自己責任にNO,を言うのは,業の付き合い方は
ちょうどの,ゆきずりの恋愛ドラマをみるような,そんなあえての”自由の発想”で良い。
中毒になっているときは結構大変なモノ。精神肥大=業中毒といったものは,集合的な
無意識に親い感性や,噂話をたのしめるようになるまで続いて行くのではなかろうか?
それが,共同体形成や,引き続いて”自由を体現”するようになるまでの,修業期間とでも
ゆうもので,チャーシューを焼いても,食べずに交換して頂くまえに渡してしまうような
そんな感じにもとっても親い。給仕することより,調理し供することのほうへシフトして
段々と,実効的視野でサーヴィスに昇ってゆく,そんな階段を登ってゆくのが,業飯店。
実際のところ,表現活動は,体的表現に結び付いていた方が強烈らしい。物質的ジャンル
の強みは,結局のところONになったスイッチは,食生活の変化や,食文化に好奇心を
そうして,結果,水へのこだわり,水質保全や,経済的にもドライブのエッジの良さなど
そんな業の観念とは真逆の安堵へと向かわす何かであるはず。物質は,非物質の方へ促す
効果的な影響を,実際,物質=幸せの安寧へと進んでゆく,非常に軽快なセーフティな
運転技術なので。テクニカルに行く非物質と,システムに活きる物質という比較。

奥さんの料理で,『ぶり大根の出汁で,炊き込みごはんを造った』と聴いていたので,
小腹の空いてキッチンに探りを入れてゴソゴソ。『蒸らしてあるから』と言っていたな。
あった,もうごはんは堅くなさそう。僕も夜食なので,おかしくなっていて,あれれ?
と思っていたのだけれど,すこしチャーシューを拝借とばかり,エスニックにごはんに
炊き込み焼豚飯みたいになっていたのでマヨネーズを掛けた。なぜだか,酩酊気分の
ウツラウツラお風呂上がりに眠たい胃心地には,執拗に旨くて。マヨネーズおそるべし。
全然関係のない話だけれど,生姜も効いていて,おかわりしたい。実際は,本音を言うと
チャーシューは,ジャガイモに代わって持っていかれたなど,すこしジダンダ気分でも,
僅かばかりの業の中毒にも気遣われずの落ち込んでいたので。マヨネーズおそるべし。の
裏側には,なので精神肥大もするでしょう,というアンチグルメな批評と,皮肉な現実の
不可思議に弄ばれる快楽のユーモアにも照らされてはいるのだった。また,不思議にも,
海水を煮込むコトコト塩釜からは,潮の匂いは,ほぼしなかった。むしろ上質の加湿器を
部屋に焚き込んでいるような,保湿や喉の潤いのすこぶる良いような感じで,塩釜よりも
そういった,冬の乾燥対策に,海水加湿器などあったら,どうでしょう?なんて,また,
おかわりをしよう,とゆうことばかり考えて,夜食の習慣は今に始まったことでもない。
けれども,ほんとうに,お昼には珈琲と干しイモの機会や,調理はするけど食べないなど
覚醒状態では,精神肥大を抑える何らかの衝動の”幸せな焦燥感のような”ストイシズムの
そんな克己めいた感性しかのぼらなくなっている。昨今の機運を受けて,サバイバルとは
社会生活の基底においても機能してきた,基本的な思想であったはずなので,そういった
”幸せな焦燥感のような”諦めの別世界への入り口の開いてきたような気のする。これが,
大人の階段。新世界が開通した門前でボンヤリと行燈生活をしていた時分の,われながら
”酵素とゆう,野性滋味”の使い道を間違っていたことに気づく初冬の佇まいなのだった。


こちらは如何?

KARMA SPRINGとゆう、LONDON ONEの書類群。

腸がつまる、など。必然的な兆候を含む、現代のシンドロームには業の湯浴み、として。沢山の娯楽をエンターテイメントのように軽く、 楽しめるかとゆう、趣味の時間を1分2分。どうしようか? ほんとうに湯舟に浸かれる瞬間は、ご褒美だけれど、郵便物を 受け取るための深夜窓口も、寒くって伺う気にはならない。
疲れている?いいや、眠たいのはいちばんのご褒美で、またあの 思考を放棄する瞬間にこそ、曖昧で朦朧とした意識の、それは、 諦念する、問題も、なにもかもなくしてしまわれるのだから、 業の問題を考えるにしても、その問題をこそ、考える理由にこそ、 思考をなくしてしまえる瞬間に、解決されるとゆう、自己回帰。
スムーズに、ヨーグルトのプレーンを朝食に、必然的にも トーストの欲しくなるのは不可思議以上の不思議な事で、 思考し過ぎる事かあ、趣味と言えば趣味らしいモノだろうけれど 逆に、その時期を通りすぎれば、遺産として、KARMA SPRINGとゆう あの書類群の、ギフトだったのだな、ギフトだったのだ。 LONDON ONEとゆう、思考の山人による、最高の贈り物。
篤姫や、真田丸のあとには、足利学校のテーマなどみられる のでは、など、そんな、太陽悪魔や、オロチ伝説の、赤猪岩受難の、 岩戸伝説や、岩窟の聖母像と重ねて、ヒトの受難は、獣神化する道程を 経て、進む。確実な過程として、行程は、目的地の、アマテラスへ。 太陽の夜明けに繋がるのは、そんな、獣神の角と眼の筋の取られて ヒトよりも人らしい、そのグラウンドダウンしてゆく人間性の、 これは、地味に滋味栄養のある、豊富な、例えば、あの古い語の 富国強兵論なども、こうした、筋肉質な糖質制限や、あるいはまた 腸の詰まりは、富国強兵に、カルマ・クリーニングを一跳びして パクチーのコンソメスープなどを啜る朝に、やはりあの、 トーストを欲しくなる、都市街の朝食風景は、ループする。あんな ループする朝食を求めて、世界は廻り続けているとしたら、 このグラウンディング指向も、また、おんなじ様に、新年のお雑煮を、 頂けそうな、そんな年末のグツグツ、カマドは周るのである。

右側のチカラを抜いて、左肩をいきり上げる。

スーパーに出掛けるまでにも、右肩で考えて、そのトータルに見届ける事を優先していた。けれども、その優先度は右肩上がりには 決してならないものだった。トータルに全体主観によってみえる その眺望は限りなくミクロで、情報分析には役立つが、 現状認識には、あまり用をなさないのだ。 現実を見詰めるとは、想像によるものでなし、それは、 未来を無くし、その視点より時間を無くし、左肩上がりで、 あえて時間軸より、あるいはイマジネーションより、もっと 空間的に、リアリティは、期待も時間もない、悪びれたモノ。 スケジュールに関して、悪態をつくくらいの丁度いいのだ。 それは、左胸で考えること、そうして、論理的なリアリティは、 とっても毒づいて、リアリティに頑強に厳密な、 NO TIMEの様。
左胸で考える、それは腹で考える。すぐにはできなくとも、 とりあえず、両脚を伸ばして、アキレス腱を延ばす所より。 あぐらをかいて、息を吐いて、リズムを刻んで、背筋をのばす。 水出し風烏龍珈琲を呑みながら、右側のこめかみにかつては チカラを入れて考えていた、トータルな全体主観を、あえて クリスマスへの供え物にして捧げ、僕はいまもう、この 土の上に落ちた南天の実のように感じながら、土の酵素を身に 付けて、プーアール黒茶を啜るように、あんな感じで、むしろ サンタクロースのように1年の1度せかせか届けものに、 あくせくそれは、黒茶を発酵させる酵素は、毒づいて僕の 論理性リアリティとよく似ている。これは、烏龍珈琲のミラクルでも、 毒は薬にもなる、ホメオパシックな奇跡的酵素生成にも似て、 本当に、実際に効果的なモノとは、毒素を酵素に変質させる何か。